本と旅とそれから 季節の狭間≪善峯寺≫

本と旅とそれから

季節の狭間≪善峯寺≫

善峯寺01

今年は、彼岸花を撮らずにその季節が過ぎてしまいました。彼岸花の季節ってまだ暑いし・・・っても、今回の京都行きも、一週間程度の違いに過ぎないのですけれど。でも、その間に、まるでページでもめくるかのように、ガラリと気候が変わって涼しくなる年もありますよね――今年は別にそんなこともなかったようだけど^^;。

で、彼岸花よりちょっと遅れて萩、さらにちょっと後に秋明菊、というのが目下のところの私の認識です。なので、今回の旅のタイミングは秋明菊によいのではないかしら、という期待があったのです。
そこで、秋明菊の名所として知られる善峯寺に出かけてみました。
昨年も同じ花を期待して足を運んでいますが(記事は►コチラ)、その時は早すぎていまひとつでした。今回もいちおう、出掛ける前にお寺のFacebookを見たところ、一重の秋明菊は見頃、八重は咲き始め、というようなことだったのですが・・・。


善峯寺02


そもそも、善峯寺の秋明菊が一番見事なのは本坊庭園だという話です。で、その本坊は現在老朽化にともない、改修工事中のため公開はされていないのでした^^;。
確かに一重はよく咲いていたといえますが、とはいえあんまり一重は多くないような・・・。

秋明菊は一重の方が八重より早く咲く、といったような基本的なことさえ、今回初めて知った私です。


善峯寺03


本坊の前を通って上がって行く石段(▲)。この傍らあたりに、おそらく八重がたくさん咲くのでしょう。私が訪れたときは三分咲き・・・ぐらいだったかしら、まだ蕾がたくさん見られました。
善峯寺ってホント難しいわ~!何だかだ言いつつ、このお寺へももう何度お邪魔したことやら。でも、目当ての花に感動できたことはこれまで――紫陽花の時(記事は►コチラ)一度だけ・・・。


善峯寺04


善峯寺発のバス便は一時間に一本。そのため、バスの時間が近づくと気が焦ってしまいます。
レンズ交換なんてしてる余裕なし。お寺の山門を出てからバス停までが遠くて・・・といいますか、高低差があるといいますか、九十九折れの急な坂道をせっせと下りて行かねばなりません。私のような軟弱モノは、その時間も多めに見ておかなければならないし(T_T)。

そういえば、昨年この頃に訪れた時、見事な花を見せてくれた萩は、もうすっかり咲き終えていました。あの豪華とさえ見えた萩の花の感動は今年は出遭えず――その同じ場所を歩き過ぎながら、「でも、私はここに素晴らしい萩の花が咲くことを知っている!」などと思っておりました。これもまた一期一会のひとつの形かな、などとも。


善峯寺05


そうそう、ひとつ、覚え書き的に。

秋明菊の一重と八重とでは、私は断然一重の方が好き。一重と八重では、八重の方が花びらが多いけれど、その形が細いんですよね。それが今回、一重の形で八重咲きという白い秋明菊(▲)を発見。
これは、形の美しさと華やかさのいいとこ取りというふうで、とても素敵でした!あと、ひと株だけだったのですが、白でもピンクでもない、淡い紫色のような花も見つけました。もう枯れ始めていたので写真はないのですが、あんな色の秋明菊は初めて見ました(違う花だったら笑っちゃいますが)。
綺麗な色でした。

善峯寺の秋明菊、いつか本坊の改修が成って再びお庭が公開される時に、再チャレンジしてみたいものです。
そんなわけで、「そらはな」もないのでした^^;やれやれ~。

京都・奈良旅INDEX 2014



ワンクリックで1円の募金。

「東北関東大震災」支援クリック募金イーココロ!クリック募金 



関連記事
tag: 善峯寺 2014年初秋・京都 
  1. 2014/10/08(水) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1775-657436cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する