本と旅とそれから 大岡越前2

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大岡越前2

大岡越前


唐突ですが、大岡越前。つい先日、NHK・BSプレミアムで第2シリーズが始まりました。
ワタクシ、これが大好きなのでした。第1シリーズももちろん全部見ましたことよ~。
かつて民放で放映されていた加藤剛さん主演の「大岡越前」シリーズを、主役に東山紀之さんをキャスティングしてリメイクした本シリーズ。といっても、最初の音楽の部分がそっくりなことをのぞけば、「そうじゃなくても時代劇ってそもそもこんな感じでしょ」という気もします。加藤剛さんのシリーズは、以前たまーに見ることがあったという程度なので、今回のシリーズを見ていて、「おぉ!この場面そっくり!」というような感覚はほとんど――いや、まったくありません。

加藤剛さんのシリーズもおそらくとてもよかっただろうと思うのですが、やっぱり、主役級の面々が今どきの俳優さんたちに代わると、リフレッシュされるというか、何かこう、鮮やかに蘇る感じです!

東山さんという俳優さんは、ホント時代劇が似合う方ですねー。
現代ドラマに出ておられるのもたまに目にしますが、時代劇の時の方がステキな気がする・・・。俳優さんによっては、二枚目も三枚目もステキって人も、特に昨今は多くおられますが、東山さんは二枚目の方がいいと思うなぁ。三枚目を演じておられても、いまひとつハマってない感じがするんですけど。

画質のよい写真がほとんど見つからなかったのが残念ですが、徳川吉宗役の平岳大さんも良い♪
といっても、「大岡越前」におけるあの将軍さまの役どころは、誰が演じてもいい感じになるものかも知れないと思ったり。別に平岳大さんの演技が光る!とかってわけではないのですが、どこかオチャメでシャイなところも感じられて、かなり忠相(=大岡越前)に惚れ込んでいるらしき様子がよいのですねぇ。・・・ってことはやっぱり平さんだからよいのかな。

忠相の妻・雪江役の国仲涼子さんも素敵。何より見ていて美しい、その着物姿。つい先日終わった「ペテロの葬列」でも主人公の妻役で、美しいことに変わりはありませんでしたが、着物姿だと一層美しい気が!

将軍様がオチャメに描かれている一方で、主役とその妻は、ある意味、型にはまった時代劇的人物像といえます。加藤剛さんの時もそうだったように思います。まさに絵に描いたような二枚目で、その点面白みに欠けると言えなくもないはずなのですが――これがなぜかよいのですねぇ。

時代劇って、昔からよく取り上げられる有名人物を型通りに描いたものと、最近の時代小説をベースにしたほとんど無名あるいは架空の人物を主人公にした現代感覚のものとがあると思いますが、その分け方だと、「大岡越前」はもちろん前者。意外な結末といったものはない・・・どころか、お裁きの詳細まで誰もが知っている物語なのですが、それをこの俳優さん(たち)が演じたらどんな絵になるのかな、ということが楽しみだし、それを見て何とも楽しい。

しばらくは時代劇で楽しめそう^^。

►NHK BS時代劇「大岡越前2」番組HPはコチラ




ワンクリックで1円の募金。

「東北関東大震災」支援クリック募金イーココロ!クリック募金 



関連記事
tag: TV 
  1. 2014/10/05(日) 22:00:00|
  2. 遊ぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1776-b5496f5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。