本と旅とそれから 「まほろ駅前狂騒曲」

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「まほろ駅前狂騒曲」

「まほろ駅前狂騒曲」01


私が原作を読んだ(感想文は►コチラ)時点では、もうすでに映画は出来上がっていたんですかね。
こんなにさっさとその映像バージョンを見ることになるとは思っていませんでしたよ。
その、「原作を読んでからその映画版を見るまでの時間が短い」ということが、うーん、もしかすると今回はちょっとマイナスに作用したかも。ついつい、「あ、ここは原作と違う」とか思ってしまうんですよね、あちこちで。

「多田便利軒」シリーズの3冊目である原作は、それまでで一番の長さだったのですが、それが2時間ほどの映画になるというと、当然ながらあっちこっちをトリミングすることになります。それがおそらくはかなりの難作業だっただろうなと思わせる脚本でした。


「まほろ駅前狂騒曲」02


映画がつまらなかったかといえば、そうでもなかったんだけど――でも、そうだなぁ、映画にするより、TVドラマの形で原作のストーリーをじっくり追いかけて欲しかったかも。もうちょっと細部を取り込んで欲しかったです。

多田と行天という主役二人のキャラクターはこのシリーズ(原作も映画も)の最大の魅力だと思いますが、それは今回の映画でも健在。
にしても、住環境に無頓着な男二人の所帯とはいえ、もうちょっと小ぎれいなところに住まんかねぇ。
原作者の三浦しをんさんがスモーカーだからでしょうけど、今どき珍しいほどタバコをふかすシーンの多い映画だし。(でも、はるちゃんの滞在中は、多田の頑張りで、便利軒、禁煙。)


「まほろ駅前狂騒曲」05


そして、今回光るのが、生物学的には行天の娘である、4歳のはるちゃん(▲)の存在。
スチル写真ではちょっと大人びて見えますが、動いているはるちゃんは、幼子の愛らしさいっぱい。
ふっくらしたほっぺたが可愛らしいぃ~(≧∇≦)ノ彡。
ひと月半だけの間とはいえ、母と離れ、初対面のおっさんたちと暮らすという苦境にけなげに立ち向かうはるちゃんのいじらしさに、多田くんならずとも「はるちゃんを見ろ!こんなに小さいのにこんなところ(←自分の住処なわけですが)で頑張っているんだゾ!」と、行天を叱りつけたくなります。


「まほろ駅前狂騒曲」04


高良健吾さんの星(▲)は今回も登場しますが、もう少し便利軒の二人との絡みが欲しかったところ。
特に、原作ではラストにちょこっと顔を出すのですが、その部分はバッサリカットされてしまっていて、ちょい残念でした。ストーリーそのものが、ラストはちょっと原作と違うんですよね。そこも・・・ちょっとなー。


「まほろ駅前狂騒曲」03


はるちゃんが便利軒に滞在していた日々を、もうちょっと見たかった。映画ではほんの少しだけ描かれているんだけれど、全然もの足りな~い。行天がぐーたらしたりヘマしたりしている一方ではるちゃんが懸命に頑張って多田を助け、多田が「4歳のはるちゃんの方が、行天よりよっぽど役に立つ」と思うあたりを、もっと見たかったなぁ。

ラストに向けてのストーリー展開は・・・あれ?原作はどうなってたっけ?最後に行天が入院するようなケガを負うというのは同じだったと思うけど・・・あのアヤシイ農業団体の代表がバスジャックされるバスに乗り合わせるっていうのは、原作にはなかった設定でしたよね(←原作を読んだのが最近だというのに、肝心な点の記憶が薄れているってどーなの!)?
由良公は原作では行天を〇ったり(←一応、ネタバレ回避の努力をしてます)しないですよ・・・ね?

・・・自らの記憶力のあまりの脆弱さに慄きつつも。
映画もいいけど、TV版を作って欲しいなぁ、多田便利軒。

►「まほろ駅前狂騒曲公式HPはコチラ

関連記事
tag: 三浦しをん まほろシリーズ 
  1. 2014/10/26(日) 22:00:00|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1785-5f11c749
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

え~、けっこう編集されてるのか!!(ただいま仕事拒否症状バクハツ中。現実逃避、現実逃避。。。)
2時間に収めるのは本当に大変なんだろうなあ。映像化するくらいだから原作をとっても愛してるであろう人たちが、勇気を奮って映画に構造を作り直したんだねえ。。。
今までみたくテレビ版でやってくれたらいいのにね。
由良公暴力事件(?)だなんてビックリじゃ。
  1. 2014/10/29(水) 09:24:27 |
  2. URL |
  3. しの #2nAugjbc
  4. [ 編集 ]

しのちゃん、

原作の「まほろ」の3冊目は結構ぶ厚かったもんね。
それに、ファンとしては、主役の二人と可愛い女の子の楽しい掛け合いを延々見ていたい気もあったので、それが短かったのがもの足りないって感じもした。

原作を読んでいたときは、由良公がもう少し大人びたイメージを思い描いていたのが、映画では結構子供だったので、ちょっと意外だったよ。でも、原作の年齢設定ではあんな感じでいいのかもね。

結論としては、「もっと見たかったのにたった2時間だったのが残念だった」というところかな^0^;
  1. 2014/10/29(水) 23:18:28 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。