本と旅とそれから 黄金色の庭≪蓮華寺≫

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

黄金色の庭≪蓮華寺≫

蓮華寺

瑠璃光院を出ると、雨がそこそこ降っていました。叡電の八瀬比叡山口の駅周辺の紅葉はとても美しく色づいていて、野趣をたたえた川は流れているし、クラシカルな雰囲気の橋はかかっているしでとても「撮りたい」気分だったのですが、やっぱり雨が~(T_T)。

ぐずぐずと悩みつつ、雨の中、上高野への道をてくてくと歩きました。眺める山のあちこちには霧がかかり、あー、だから写真家の多くが雨の日を好むのだなぁ、と思いながらもカメラは出さず^^;。
たどり着いたのは、こちらも「屋内からお庭を鑑賞」できる、蓮花寺。
えっと、ブログを始めてからだと、これまで秋の風景を二回(►コチラと►コチラ)、冬(►コチラ)を一回記事にしていて、毎回少しずつ異なったお庭の美しさを見せて頂いたことを書き留めています。
瑠璃光院もそうでしたが、同じ秋といっても、その入り口、ピーク、終り近くでは顔が違いますね・・・。
その意味では、2007年の秋は入り口近く、2010年は少しピークすぎ、そして今年はまさにピークど真ん中の蓮花寺のお庭を見られたと思います。

そして雨。
秋の色がいっそう鮮やかでした。

・・・のですが、ちょっと賑わっていました。
最初のうちはさほどでもなかったのですが、副ご住職の説明をうかがっているうちに拝観者がたまり、説明が終了する頃にはクラブツーリズムの団体様ご到着。その瞬間はとんでもない混雑となり、お庭から本堂へと続く渡り板へ降りるスリッパは全部なくなってしまい、そこで退散することにしました。

蓮華寺も最近は人気スポットになりましたねー。
静かに拝観するには、もう平日の朝一番しかなさそうです。
写真的には、何枚か額縁構図を撮れましたが、16mmまでの広角にするとどうしてもほかの方が入ってしまうため、それは断念。
最近は、「撮れなきゃ撮れないですっぱり諦める」をモットーとしております。そうでないと誰かに迷惑かけたり、自分の精神衛生上もよろしくなかったりしそうなので^^;。

ところで、蓮花寺では、書院から見る池泉観賞式庭園と、山門を入って庫裏に至るまでの参道わきの二か所で紅葉が見事です。が、見頃になるタイミングが違います。書院前のお庭の方が色づくのが遅い。
参道わきはイチョウが主役(もみじもたくさんありますが)で、早めです。なので、書院前がピークだった今回、参道わきはピーク過ぎで、イチョウはすごく散っていました。

イチョウってかなり散った風景の方が美しかったりもしますが、その辺は程度の問題でしょうか。
今回は少しだけ散りすぎだったかな。写真的には、マクロ撮りに熱心な方がモミジの近くを動かなかったため、私はほとんど撮れませんで――この時だけは内心軽く毒づいちゃいましたけど・・・。
でも、やっぱり諦めよく、「そのうちまたお邪魔しましょ」と思い直したのでした。

蓮華寺の書院前庭園は京都の紅葉の中では遅めだということを心にメモ^^。
そのお庭は、私には赤や黄色というよりも、黄金色というイメージです。
蓮華寺の黄金色の庭。よかったら「そらはな」でご覧下さい。

「そらはな」へ。
京都・奈良旅INDEX 2014




ワンクリックで1円の募金。

「東北関東大震災」支援クリック募金イーココロ!クリック募金 



関連記事
tag: 2014年秋・京都 
  1. 2014/12/11(木) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1794-0d858806
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

うん、2007年の写真はすごく黄金色な印象ですな。そして、冬景色の写真を見て思ったのだが、今日・明日は近畿平野部でも雪かもって天気予報だけど、少し雪景色になったりしてるかな?

スリッパが完売するほどの団体客か~。あの小さい空間に。
でも、そうとは思えないほど静かな写真じゃないっすか!
写真の進歩のみならず撮影精神面での進歩もすごい。控えめなLM君が毒づきたくなるとは。。。お寺にいるのに、自分の関心だけに執着してしまうなんてね。
うん、でも秋の見事な景色だ♪
  1. 2014/12/13(土) 21:36:31 |
  2. URL |
  3. しの #2nAugjbc
  4. [ 編集 ]

しのちゃん、

2010年はしのちゃんと一緒に行ったんだったよねえ、蓮花寺。
あの時と比べるとずい分人が増えたわ~。
「穴場として有名に」なったからなー^^;。

今年訪れたときは、副ご住職という方がお庭の説明をして下さったんだけど、「ここは寺であり、祈りの場所だ」という気持ちと、「でも、たくさん人に来てもらいたい。紅葉も見てちょ」という気持ちの葛藤があるらしく感じられたよ~^^;。

お寺の美しい庭は誰のためのものか。

仏様に捧げられるものか、観光客の目をひくためのものか。
観光拝観を認めている以上は、観光客にも配慮しなくてはならないしね。お寺にいても、頭の中ではあれこれ雑念の渦巻くワタシなのでした。

また見てね。
  1. 2014/12/13(土) 22:25:37 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

光雲寺だったっけ?ん?全く自信がないが、秋の特別拝観時にボランティア解説をなさっている檀家さんが、小さいながらも美しいお庭を解説しながら、お寺とその庭園は今の世の中何のため・誰のためのものかっちゅう哲学的悩みについても語っておられた。

しかし、「穴場と」なのに「有名」になってしまうんだよね、ネット時代。

ちょっとずつ記事に追いつく感じで読んで行く予定。どんな寒い日も気分は静かな秋の庭だなんて、ぜいたくだ~!
  1. 2014/12/21(日) 23:26:13 |
  2. URL |
  3. しの #2nAugjbc
  4. [ 編集 ]

しのちゃん、

えっっ!しのちゃん、この秋の光雲寺の特別公開行ったの?!
私も行ったんだけど、そこで、この秋最悪の経験をしたのよぅ!
お寺サイドには何も落ち度はなく、とんでもない外国人観光客と行き合わせてしまったための不幸だったんだけど。
いまだに、その話をブログに書こうかどうしようか迷っております。
だって、イヤなことは忘れてしまいたいって気もするじゃない?

それにしても、こんな駄文とぼんやり写真を見てくれて、ホントいつもありがとうね!
  1. 2014/12/22(月) 20:47:10 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。