本と旅とそれから 播磨灘物語1~4/司馬遼太郎

本と旅とそれから

播磨灘物語1~4/司馬遼太郎

かなり久しぶりの司馬遼作品。以前からタイトルだけは目にしていましたが、黒田官兵衛の物語だとは認識していませんでした。友人と話していてそうとわかったので、まあ今年は官兵衛イヤーでもありましたから、読んでみました。
「播磨灘物語」

播磨灘物語/司馬遼太郎(講談社文庫)

最近はユニークな作風の歴史・時代小説を読むことが多くなったので、久しぶりに司馬遼を読むと、その古風なというか、伝統的なというか、とにかくその従来型の歴史観のどっしりした雰囲気がかえって新鮮に思えます。

そして、司馬遼作品のすべて(といってももちろん、私が読んだことがあるものだけですが)に共通な、語り手司馬遼の存在の色濃さ。


ホントに司馬遼って、見て来たように語るんだから。もちろんあちこちに、「~は不明だが」といったような言葉はありますが、まるで歴史の神様かって視点。「ああ、この語り口が司馬遼ですねぇ」って感じ。でも、司馬遼が亡くなってからの年月がどんどんと長くなってくるにつれ、少しずつそれが、懐かしさと、古めかしさを感じさせるものになりつつあるのを感じます。そのうち、若い人たちが司馬遼の本を開いて、「司馬遼の文体って読みにくいよねー、古典ってそんなもんだけどサ」とか言うようになるんでしょうか。いや、その頃は「本を開いて」ってことにならないのかな・・・。

ま、それはともかく。

黒田官兵衛の物語、官兵衛の人生の、前半部分により多くのページをさいた作品でした。タイミング的にどうしても、NHK大河ドラマと比較しつつ読んでしまいます。大河も、ほぼ毎週見てたので。

官兵衛というと、やっぱり最初に頭に浮かぶのが、荒木村重に1年幽閉されるエピソード。
テレビでもかなり大変そうだったけど、小説の描写はさらに数段悲惨で、テレビ版はやっぱり、お茶の間の視聴者に配慮してたんだなー、と思います。少なくとも、テレビの官兵衛の牢屋は、結構スペースあったし、トイレ関連の話は出てきませんでしたもんね。
昔の日本家屋って、きっとご不浄回りはそれらしき臭いがしたんでしょうね。どれだけ綺麗に掃除したとしたって汲み取りだったわけだし・・・。

って、脱線。
いや、でも、綺麗にしていてもそうだったのでしょうから、牢屋の中なんて。到底、現代人の感覚で耐えられる衛生状態だったとは思えない。
そんな中で、窓の外に生えた藤の花を眺め、それを生きるよすがとして日々を耐えた官兵衛の、精神的なタフさには驚嘆します。

家臣たちが助けてくれると信じていたかも知れないし、自分が幽閉されていた有岡城の籠城が長くは持ちこたえられないだろうという軍師としての読みがあったのかも知れないけれど。でも、いつまで頑張れば助かる、という確約があったわけではないんだからねー・・・。人間、ゴールが見えれば頑張れても、いつまで続くかわからない試練にはなかなか耐えられないものですものねぇ。

TVでは、幽閉から助け出された後も、それなりにカッコいい岡田准一さんでしたが、小説で読む限り、事実は、官兵衛はかなり外見的にもボロボロになったみたいですね。足が悪くなっただけでなく、髪の毛もかなりの脱毛症になっちゃったようだし、やつれた感じになったらしいし。といっても、それもまた司馬遼の「見てきたような」描写なんだけど(根拠になる資料はあったんだろうな、もちろん)。

それにしてもやっぱり織田信長は超ブラック企業のワンマン社長だし、豊臣秀吉は老害甚だしい迷惑権力者だ。どうも私には、このご両人のマイナス面ばかりが見えるのでした。
信長は、短い人生を鮮やかに生ききった胸のすくような武将、秀吉は機知に溢れ、人に好かれる愛嬌を湛えた人物・・・と、彼らを好きな人たちは思っているでしょうし、司馬遼も、この二人をポジティブに描いているようなんですけど(家康のことは嫌いだったみたいだけど)。

それと比べれば、官兵衛の人物像には好感をおぼえます。
控えめ。人を殺すということがとにかくイヤ。淡泊で権力に執着しない――などなど。
・・・というような人物だったから天下人にはなり損ねたって気もするけれど^^;。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 司馬遼太郎 
  1. 2014/12/23(火) 22:00:01|
  2. 2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1800-7e9d5e68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する