本と旅とそれから 鷹峯の朝≪吟松寺≫

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鷹峯の朝≪吟松寺≫

吟松寺

いきなりお墓の写真をお見せして恐縮です。
が、これだけ見事な錦繍に囲まれれば、亡き人々といえども嬉しく思われるのでは、という気のする秋の色彩を見せる、吟松寺の墓地でした。
秋の京都旅行、三日目でようやく晴天の朝となりました。
この日はまず「しょうざん」に行くことに決めていましたが、「しょうざん」の開園は9時、その前にどこか近くで紅葉の綺麗なところは・・・と考えて、吟松寺を訪れることにしました。

吟松寺(ぎんしょうじ)というのは、これまた昨今、もみじの美しいお寺ということで、次第に名を知られるようになってきたお寺のようです。ただ、観光寺院でないらしく、ことさらもみじの季節は門を閉じておられるのか、その内へは入れません。まあ、もみじが見事なのは門前ということのようなので、それでも出かけてみることにしました。

鷹峯といえば、有名どころは光悦寺や源光庵。特に、2014年の秋は「そうだ、京都、行こう」が源光庵でしたから、鷹峯は人混みがちょい心配なエリアでした。
この時も、私が鷹峯源光庵前のバス停で降りたのは朝8時前で、どちらのお寺もまだ開門前でしたが、門前にはずい分人がおられました。外国の人もいたな~。

でも、光悦寺を過ぎると、観光客らしき人影はほとんどなくなります。そして雰囲気がいきなり山里っぽくなるのですねぇ。静かで、緑が多くて。道も細くなって・・・そして、いきなり急な下り坂になります。
いかにも、鷹峯はここが終点、ここが頂点、あとは下りですよという感じ。そういえば、9月に高雄の奥、山城中川を訪れたとき、「ここから歩いて鷹峯に行けるんだよ」と、地元の方にうかがったのでした。
京都って、ビルの立ち並ぶ都会と、静かな山里の距離が近いのがよいですねぇ。

急だった坂が緩やかになる辺りから、もみじが多くなってきます。静かな道をさらにゆるゆる下って行くと、いきなり燃えるようなもみじの空間が見えて、そこに吟松寺があります。
先客がひとり。男の方が、三脚を据えて熱心に写真を撮っておられました。でも、私がいる間は、その方と、地元のお散歩らしき方々以外、やって来る人はいませんでした。

静かで、朝陽は燦々と降ってくるし、とても綺麗な空間、綺麗な世界でした。
もみじ的には、かなり散っていたともいえますが、それはそれで綺麗でした。雨の後の早朝だったので、散紅葉もまだとても綺麗でしたし。
すぐ近くに、TOP写真の墓地が。お墓の写真・・・というと嫌がられるものですが、私が教えて頂いている写真教室の先生がよく、お墓を避けることはない、とおっしゃっていたのを思い出し、思いっきり撮ってみました。写真としての出来はともかく、お墓のもみじ、大変見事な色彩でしたよ。

清滝などもそうなのですが、人の多い有名観光地の少しだけ奥に、静かで美しい空間が広がっているというのが、これがいわば「穴場の醍醐味」みたいなものなのでしょうか。
蓮華寺のように、穴場もいつか穴場でなくなってしまうのでしょうが、もう少しの間は、静かなもみじを楽しめる場所であってくれればと思います。
鷹峯は全般的に、京都の中では紅葉が早いエリアですから、またそのうち、「早めの秋」に京都を訪れたときに、再訪してみたいと思います――って、そんなことばかり言ってますね^^;。

鷹峯は吟松寺の散紅葉の風景、よかったら「そらはな」でご覧下さい。

「そらはな」へ。
京都・奈良旅INDEX 2014




ワンクリックで1円の募金。

「東北関東大震災」支援クリック募金イーココロ!クリック募金 



関連記事
tag: 2014年秋・京都 
  1. 2015/01/12(月) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1806-a2816424
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

こんばんは~
見事な紅葉に散り紅葉ですね。
源光庵は何度か訪れたことがありますが
こちらは知りませんでした。
一度訪れて見たくなりました。
メモをしておかなくては・・・
  1. 2015/01/14(水) 21:26:07 |
  2. URL |
  3. 彩 #zFM5y6L2
  4. [ 編集 ]

彩さん、

昨秋は、源光庵はあの窓のある部屋は撮影禁止だったそうですね。
JR広告のせいで、きっとすごい混雑だったのでしょう。
私は最近まで鷹峯にあまり大した印象は持っていなかったのですが、今はちょっと好きになってきました。

吟松寺、今年私が訪れたときは、すでにピークを過ぎていたので、もうちょっと早く、そのうちまた行ってみたいです^^。
  1. 2015/01/15(木) 21:22:25 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

新年から(というか12月から)大きなミスをして、大パニック中で、コメントしそびれてしまってたよ。

燃えるような紅葉とお墓の構図はあまり見たことがないけど、ある意味正統派の日本の風景って感じがするね。

源光庵の混雑は想像しただけで痩せる思いだ(笑)。
  1. 2015/01/23(金) 22:45:27 |
  2. URL |
  3. しの #2nAugjbc
  4. [ 編集 ]

しのちゃん、

大きなミス?大パニック?
文字だけ見ても、小心者のワタシは胃が痛くなりそうだ・・・。
忙しい中、コメントありがとうね~。

お墓と〇〇。結構この〇〇に、桜(の木)が入ることがあるようなのだけど、写真(というか「絵」)になるお墓の場合、今回の私の写真にあるような卒塔婆じゃなくて、墓石のことが多いんだよね^^;。

JR東海の京都の宣伝は、功罪相半なとこあるかもねぇー。
  1. 2015/01/25(日) 22:07:23 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。