本と旅とそれから カレイドスコープの箱庭/海堂尊

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カレイドスコープの箱庭/海堂尊

相変わらず快調なスピードで刊行されていく海堂さんのぐっちー&白鳥シリーズ。もはや固有名詞(特に、中心人物以外の人名)は何が何やらわからなくなっております。
そんな読み手の惨状を察してか、本書は巻末にかなりのページを割いて、様々な人名その他固有名詞のグロッサリーが載せてあります。でも、人物の説明が短すぎて、あれじゃー全然ダメだわー。鳴海涼って誰だったっけ?所属機関と肩書きだけじゃ思い出せないよぅ。
「カレイドスコープの箱庭」
カレイドスコープの箱庭/海堂尊(宝島社)

今回は、面白かったけれど、話が小さくまとまっていたなという印象。まあ、これに先立つ「ケルベロスの肖像」が一大スペクタクルな展開だったので、引き比べてそんな気がするのかも知れませんけど。

それにしても、白鳥サン(その肩書きはあまりに長く、作中では白鳥本人すら自分の肩書をテキトーにごまかしているほどです)の名探偵ぶりは呆れるほどです。というか、白鳥サンに比べてぐっちーの無能ぶり(シツレイ)はちょっとひどすぎませんか。いくら本職は心療内科の医師なんだよといっても、彼の調査の結果次第で、有能で誠実な医師が職を失うことになりかねないんだから。しっかりしなさいよー。

本書は、ある日ぐっちーが高階病院長から例によって押し付けられた二つの仕事の顛末を描いております。ひとつはAiについての国際会議の開催。もうひとつは院内で発生した医療ミスかも知れない事件の解明。
後者については、ぐっちーがいい加減にやっつけた調査報告書を、白鳥サンが検証してあっという間にひっくり返すという展開です――ん?デジャ・ビュな気も。

まあ、さしたる感想もないのでした。それなりに面白かったし、懐かしいキャラにもまたちょっと会えて嬉しかったし。

海堂さんのナルシスト的文章は今作でも健在でした。
「ついに高階行院長が、北辺を守護する将軍を召喚する」・・・北海道で救急救命医をやってるDr.速水を、会議のパネリストに招く、というのがこの一文。
「東城大がかつて誇った医療の二大巨頭の、歴史的な初対面の挨拶は、実に感動的だった」・・・そのDr.速水と、Dr.桐生が、ともに会議に招かれて出会う場面。
まあ、海堂ワールドにどっぷり浸かって、登場人物たち(中でもDr.速水)に感情移入してもいると、ここで「をを!」と感動することになる・・・とは思うけど・・・でもちょっと笑っちゃうかも。

ああそれにしても、どんどん増えてゆく登場人物。今後も海堂さんの作品は、すべてこの同一の世界の中でのみ展開していくことは間違いなさそうですし。もはや細部は適当にごまかしつつ、主要登場人物たちにすがって読んでいくしかないんでしょうねー(T_T)。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 海堂尊 
  1. 2015/02/21(土) 22:00:00|
  2. 2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1815-3de5ec3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

北辺を守護、か~(^^)。独特だよねえ、表現が。ハヤブサはお供しなかったのかな。

そうとは知らずにこのシリーズのうちの(番外編の?)1つらしき、ナニワどうたらこうたらとかいうのを読んでたら、白鳥氏が出てきてビックリした。そういえばAiも出てきたなあ。

速水先生はかっこよかった。シリーズがそんなに充実してるんなら、ちゃんと読んでみるよ。
  1. 2015/04/03(金) 08:20:42 |
  2. URL |
  3. しの #2nAugjbc
  4. [ 編集 ]

しのちゃん、

海堂さんって、ナルシストというか、自分の創り出した登場人物に惚れ込んでしまってる感じだなー。

これ、「チーム・バチスタの栄光」から始まって延々続いてるシリーズで、面白いのとさほどじゃないのとあるけど、私は好きです。
「ナニワ・モンスター」は、橋下さんが時の人だった頃にちょうど出たんだったと思うけど、あれ以来、大阪の話はシリーズではご無沙汰してるね。
私は、「ブラックペアン1988」から始まる3冊が特に好きだし、オススメ。でも、この3冊をじっくり楽しむには、やっぱり白鳥&ぐっちーシリーズも読んどいた方がいいだろうなー。
  1. 2015/04/04(土) 21:08:42 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

おし、白鳥&ぐっちーから攻略するよ。
白鳥氏ってほんとに不思議なキャラだよねえ。それこそ、ポワロのデビッド・スーシェ(名前合ってる?)が現代風のスーツを着てる姿で、白鳥氏を妄想してしまうのだ。
  1. 2015/04/05(日) 11:51:49 |
  2. URL |
  3. しの #2nAugjbc
  4. [ 編集 ]

しのちゃん、

そうそう。なのに、映画では阿部寛さん、TVでは仲村トオルさんが演じているのだ。まあ、映画ではぐっちーを竹内結子さんが演っているから、原作のイメージはさして重視してないってことかしらね。
奥田英朗さんの描く、ヘンテコ精神科医の伊良部一郎(このシリーズも面白いよ~)と似たキャラだと思う。

冊数多いけど、ハマれば楽しめると思うよ^^。
  1. 2015/04/05(日) 22:48:52 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。