本と旅とそれから 流星の絆/東野圭吾

本と旅とそれから

流星の絆/東野圭吾

間違えてしまった・・・。
予約もなしに借りられた時点で間違いに気付きなさいよ、ワタシ――流星違い。
「流星ワゴン」を借りたつもりでした。ドラマを見てみようかと録画予約し、そのときに本書を借り、ドラマの方は初回の冒頭だけ見てその後をやめ(子供が家庭内暴力をふるうシーンで挫折)、まあ原作だけは読んでみようかと読み始めてしばらくしてようやく、間違った本を借りたことに気付きました。
・・・まあ、いいです、べつに。
「流星の絆」

流星の絆/東野圭吾(講談社文庫)

こちらもドラマ化されていたんですね。読み終えてから配役を見てみましたが――主役の三兄弟の長兄・功一が嵐の二宮クンか。ちょ・・・っと線が細すぎる気がしなくもありませんが、でもまあ、いっか。次兄・泰輔と妹・静奈の俳優さんたちは知らなかった(T_T)。

この小説も、明るいとは到底言えない物語でした。


幼い兄妹が、家を抜け出して流星を見に行った夜、その両親が殺される。警察の捜査にも犯人は見つからず、14年が経過する。そしてある日、泰輔は両親が殺された日、家から出て来るのを目撃した男に出遭う。両親の殺人事件の時効が迫る中、功一を参謀役に、三兄妹は男を警察に逮捕させようと動き始める・・・。

この兄妹、問題の男に行き合う前は生業として詐欺師をやってるんですね。このときも功一が詐欺プラン作り担当。そのノウハウが、殺人事件の犯人を追いつめるうえで役立ちはするのですが、詐欺師は犯罪者でもあるわけで、警察との接触はびくびくもの。親の事件の話をする一方で、自分たちの犯罪が疑われないよう、いつも緊張していなければならないのでした。

・・・詐欺師に良い詐欺師と悪いのとがいるかどうかはわかりませんけど、この兄妹は根っからの悪人ではないので、親の仇を討つについても、例えば自分たちで相手を騙すとか、もちろん殺すとか、そういう発想にはならない。時効になる前に警察に逮捕してもらおうとするのでした。だから、読み手としては兄妹を応援する気持ちが強くなります。
ただ、刑事も物語の重要な登場人物なので、それが兄妹と接触する場面は緊張です。私のような小心者はハラハラ場面が苦手なので、それがこの小説を読んでいて100%リラックスできない要因なんです。

まあいかにも東野圭吾作品っていう感じだった・・・かも。
具体的にどこが・・・とはいえないんだけど、なんかこう、雰囲気が(いい加減な感想だ~)?
「容疑者Xの献身」あたりと雰囲気が似ていたと思うのでした。

それにしても、本書の前半を読んでいた頃、数日間、胃腸の具合が少し悪かったんですけど、そんな体調の間は、この本を読もうと開いても、ちーっとも進みませんでした。「かるかや」の方は体調不良の時でもそれなりに読めたんですけど。思うに、作品の少々陰鬱な雰囲気が、不調気味の胃に重たかったのかな、と。

面白くはあったけれど、楽しくはなかった、というところでしょうか。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 東野圭吾 
  1. 2015/02/21(土) 22:00:02|
  2. 2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1822-dc9536fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する