本と旅とそれから 植物図鑑/有川浩

本と旅とそれから

植物図鑑/有川浩

ベタなラブストーリーでした^^;。
そこに、あれこれの野草が絡めてあるんですが。
主人公の二人は27歳ぐらいの設定なんですが、「阪急電車」(感想文は►コチラ)に出てきたもっと若いカップルみたいな雰囲気があったなぁ。ちょっと甘々すぎると思いましたねぇ・・・。
「植物図鑑」

植物図鑑/有川浩(幻冬舎文庫)

いつものことですが、リンク張りついでに「阪急電車」の自分で書いた感想文を読み返してみると、本書を読んでの感想とかなりかぶります。
有川さんの恋愛小説って、「図書館戦争」シリーズもそうなんだけれど、読んでいてこちらが照れてしまうくらいデレデレに甘いんです。そこにどっぷりつかってうっとりできる読み手には100%ステキな物語なのでしょうし、私のような読み手には「ちょっと甘すぎ!まあ、いいけど――でもやっぱ甘すぎ!」で、70%ぐらいステキな物語となります。


有川さんのお好きらしい若いカップル像が今回も描かれます。
頼りになる男の子(年齢的には男の「子」というには行きすぎているんだけど、イメージそんなふうなんですよね・・・)、未熟だけれど純粋な女の子。女の子は自分の未熟さを自覚して引け目を感じたり拗ねたりするんですが、後になってわかるように、男の子の方はそんな彼女が可愛くて仕方ない、そんな思いをずーっと抑えていたんだよ、と。
「えー、そうだったの?全然そんな素振りは見せなかったじゃない!」「そりゃそうだろう、~~だったんだから!」てなラブラブトークが展開する・・・。
はいはいはいはい、わかったわかったわかりましたーー!

この辺が少女マンガなんだなぁ。もうそれを読む年齢を脱してしまった私には甘すぎる。
たぶんこれが本書(そしてその他の有川作品の多く)の魅力のひとつなんでしょうけど・・・。

で、もうひとつの魅力が、主人公の男の子・樹(いつき)によって紹介される、身の回りにさり気なく生えているあれこれの草を巡る事々。
「雑草という名の草はない」という昭和天皇の言葉が何度も引用されます。
道端に生えている草なんて、イヌネコのおしっこがかかってるかも知れないし、食べたら汚いでしょう!と、はじめのうちは思っていた主人公の女の子・さやかですが、樹のことが好きになるにつれ、野草についての興味も知識も増してゆく。

以前、俳優の岡本信人さんがやはり野草を食べるのが好きとかで、TV番組で道端の草をあれこれ紹介していたんですが、その番組では、洗いもせずに道端の草を摘んでそのまま食べてたんですよね。あれを見たときは私もまさに「イヌがおしっこかけてるかも、でしょー!」と思いましたが。
まあ、洗えばいいですけど。樹が言うように、洗いさえすれば、農薬がかかってるよりはいいかも。

埼玉県在住の私の家のエリアなどでは、まず間違いなく、樹ならば、美味しく食べられる野草をたくさん発見することでしょう。
特に今の季節は。ツクシを山ほど摘んで帰り、「ハカマを取るのが大変なんだからね」と、母に文句を言われた前世紀の思い出が蘇ります。街中のちょっとした空地にも、野草はあれこれ生えていると樹は言うけれど、やっぱり、野草というとどこかノスタルジーを感じさせる風景の中にあるような。レンゲ草とかもね。春に京都や奈良に出かけてレンゲ草がたくさん咲いているのを見ると、もうそれだけで何とも言えない気分になります。

どこぞの国は貧しくて食べるものも満足にないため、その国の人々は公園で草を摘んで食べている、などと聞きますが、飽食と言われる日本社会においては、むしろそれは新たな豊かさを感じさせる行為というわけです。様々なことが、ある程度一方向に進むと、やがてもと来た方へ戻ってゆくのですね。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 有川浩 
  1. 2015/03/16(月) 22:00:01|
  2. 2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1826-470e74b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

甘すぎて途中で何度か本と閉じてしまいませんか?

テーマはいつも面白いんですけど。。
  1. 2015/03/19(木) 12:20:46 |
  2. URL |
  3. gvilla #-
  4. [ 編集 ]

あはは。
「空飛ぶ広報室」とか「フリーター、家を買う」とか「県庁おもてなし課」とかは割とふつうに楽しめたかな。
「植物図鑑」や「阪急電車」、それに図書館戦争シリーズあたりはかなり私には甘かった~^^;。それでも楽しめたけど。まあ、後者は、開き直って甘々ラブストーリーがメインテーマだったんじゃないかな?
  1. 2015/03/20(金) 21:27:36 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

フリーター&県庁はそうでした~!
図書館シリーズの後半は買い続けましたが、もう一度開くにはちょっと勇気がいります(笑)。
でも最近のニュースを見ていると、近い将来「検閲」の世界に入っていくのか!?と怖くなったりしますね^^;
  1. 2015/03/21(土) 11:37:07 |
  2. URL |
  3. gvilla #-
  4. [ 編集 ]

gvillaちゃん、

図書館戦争シリーズって、別冊に入るともはや装丁もハートマークとかじゃなかったっけ。

「検閲」も気味悪いし、「言論(または表現)の自由」も怖いよ。ヘイトスピーチとか~。
  1. 2015/03/22(日) 21:13:35 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

別冊はまるでコバルト文庫です(笑)

ちょっと気を抜いてる間にどんどん攻撃的なことが増えていて怖いですよね。。。平和に文化を楽しむ国であってほしいんですけど、、、。
  1. 2015/03/24(火) 17:42:39 |
  2. URL |
  3. gvilla #-
  4. [ 編集 ]

gvillaちゃん、

あれこれ考えていると、「人間、いくら進歩したってダメなんじゃないの、進化しなきゃねー・・・」みたいな、悲観的な考え方に陥りそうになるわ~。
  1. 2015/03/25(水) 22:06:12 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

上手い、、、
儚い気持ちにはなりますけど、、、。
  1. 2015/03/31(火) 02:29:45 |
  2. URL |
  3. gvilla #-
  4. [ 編集 ]

gvillaちゃん、

進歩は努力でできそうだけど、進化は自分じゃどーにもなりませんからねー。
どーなる、人類、みたいな。むはは。
  1. 2015/04/04(土) 20:42:52 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する