本と旅とそれから 待賢門院桜満開≪法金剛院≫

本と旅とそれから

待賢門院桜満開≪法金剛院≫

法金剛院01

2015年3月31日(火) 二日目③

その後、地下鉄とJRを乗り継いで、花園の法金剛院へ。
このお寺ももう何度お邪魔したか――いつ訪れても何かの花を楽しめるというお寺ですが、桜の季節は今回が初めてでした。これまでは、いつ行ってもあんまり人がいなかったのですが、「さすがに桜の季節は混み合うだろうな」と思っていました。待賢門院桜と呼ばれる一本桜が有名なので。
着いてみると、その待賢門院桜は満開でした。一重の紅シダレなんですね。素晴らしい姿でした。形も堂々と風格があって・・・。これまでこのお寺を訪れたときはいつも葉桜状態で、大して存在感も感じなかったけれど、ほかの花木にも増して、桜というのは、咲くとまったく違う存在になりますねえ。

法金剛院といえば待賢門院桜なんですが、これまでは「その有名な桜ってどこにあるんだろう」なんて思ってました。今回満開の姿を目にして、「そういえばこの木はずっとここにあったけど、こんなに大きかったっけ?」って感じ。青空を背景に、本当に華やかで、輝くような桜木でした。さすが平安美人の名前がつくだけのことはあります。

やはり、これまでの法金剛院で一番人を見たなというくらいには人がいましたが、まあ勧修寺同様、これぐらいなら混んでいるとは言わないかな、というところでした。平日でしたしね。
桜の足元まで入れて人のいない写真を撮ることはちょっと難しかったし、あんまり近寄って撮るのもほかの人の迷惑になりそうでなかなかできませんでしたが、でも、撮影もそれなりに楽しめました。

お庭の池の周りをぐるりと歩いてみました。
待賢門院桜は入口近くに立っているのですが、それだけをじーっと鑑賞して帰ってしまう人も多かったようで、池を巡る道は静かでした。
椿がシーズンの終盤を向かえていて、あちこちで落ちていました。中でも(▼)は、落ちている花がLLサイズで、ぼってりしている様子が何だか魅力的。椿型クッションか、中華まんかって感じ。


法金剛院02


ここは、いつお邪魔しても、お庭の手入れの方がおられます。
このときも何人も作業中でしたが、中のひとりの方が、「黒椿も撮って下さいな。珍しいんですよ」と声をかけて下さいました。


法金剛院03
黒椿


生憎、もうあまり花が残っておらず綺麗に開いているのがなかなか見つけられなかったのですが、手入れの方が熱心に「あ、これ、これ咲いてます!」と探して下さり、木に近寄ることも許可して下さったので(苔は踏まないように気をつけましたけど)、せっかくなので撮らせて頂き、せっかくなのでUPしておきます。ちょっと有名みたいです、この黒椿。わざわざ探しておられる拝観者もあったので。
でも、珍しいけど、綺麗かといえば・・・びみょー。

ま、そんな感じでぶらぶらお庭をひと周り。
まだちょっと早めの時間でしたが、この日は夜に出かける予定でしたので、昼間はこれにて終了。

「そらはな」で桜の写真など、ご覧下さい。

「そらはな」の写真もどうぞ。
京都旅INDEX 2015



関連記事
tag: 2015年桜・京都 
  1. 2015/04/16(木) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1841-6e1bd44f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

おおおおお~、黒椿!
なんて素敵な。

豪華絢爛の桜のことよりも先に黒椿に反応してしまった。が、確かに、花の姿なのかどうかでこうも印象が一変するのは桜ならではだねえ。
日本に桜があってよかったと素直に思える素敵な写真だね!
  1. 2015/04/20(月) 18:44:03 |
  2. URL |
  3. しの #2nAugjbc
  4. [ 編集 ]

しのちゃん、

しのちゃん、椿が好きだものね。
ホントなら、もっと椿が綺麗なシーズンに撮りたかったけど~。

いつも褒めてくれてありがとうよぅ(T_T)。
桜ってホント、いろいろ不思議な花だねえ。
植物としての特性も趣深いものがあると思うけど、長年にわたって、日本人が勝手にあれこれ不思議を付加してきているからね。
ポトマック河畔の桜とは、やっぱり何か違うような・・・。
  1. 2015/04/20(月) 22:08:54 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する