本と旅とそれから 「桜だより」と「しだれ桜」

本と旅とそれから

「桜だより」と「しだれ桜」

桜だより


桜の和菓子を買おう、と、二條若狭屋に向かって歩いていたところ、一保堂の前を通りかかり、あの、じんわり味わい深いお茶が無性に頂きたくなり、立ち寄りました。
相変わらず素晴らしかった、一保堂・嘉木で頂いた玉露・麟鳳(りんぽう)。
ご指導頂いて自分で淹れるというスタイル…まあ、お茶屋さんの茶房では時々ありますね。

以前、妙心寺・大法院でお茶を頂いたとき、お茶を運んで来て下さった大法院のお坊様が、フランス人観光客の方々と、ベラベラのフランス語で語らっておられて感服しましたが、この一保堂の茶寮でも、店員さんがフランス語で接客しておられるのを見て、ひたすら感心させられました。まあ、大法院のお坊さまほどではなかったものの…。
京都って、フランス人比率高いような気がするなぁ。

嘉木でお茶を頂くと、必ずお菓子が付いてきます。
このときも、桜モチーフの「こなし」のお菓子が付いてきました。確か、亀廣永のお菓子と聞いたような…違うかも。
シンプルな形でしたが、美味しいお茶と一緒に頂くと、じんわり美味しかった♪

…実はこの、写真を撮ることもなく頂いた、銘もわからないお菓子が、この日食べた三つの桜の和菓子の中で一番美味しかった!
いえ、ほかの二つが美味しくなかったなどというのではまったくなく、一日――正確には半日です――に三つも甘い和菓子を食べたってことがそもそも間違いなのですよ、ワタシ。最初のひとつが一番美味しかったのは、当然といえば当然なのでした^^;。

話を戻すと、一保堂から二條若狭屋に歩き、和菓子を購入。もうね、買うと決めて歩いているので、買わねば収まらないのです。


しだれ桜
しだれ桜


大好きな、このお店の「しだれ桜」。二條若狭屋のお菓子についてはこれまでにも何度かブログに書いています(►コチラや►コチラ)。
で、さすがに「いっこ」というわけにはいかないので、二つ求めたのですが、この二つ目選びは楽しかった♪
結局は、見た目重視で「桜だより」にしたんですけど。


桜だより
桜だより


これ、「紅葉狩り」と同様、表面に羊羹型抜きの桜の花や葉がいくつも貼り付けてあって、とにかく可愛らしい造形。もしかするとこちらのお店は、すべての季節にこのパターンで作られた上生菓子があるのかしら?なんか、また追いかけたくなってしまいそうで厄介な予感…(-"-;。
「桜だより」、中身はたしか(←メモっておかなかったのですでに忘却)栗餡。


しだれ桜


「しだれ桜」はすでに何度もお馴染みの、もっちりした折り畳み式花びらに白餡。ただ――気のせいでしょうか、いつもよりちょっと花びらが固かったような…。

どちらにしても、半日で甘い和菓子を三つは多すぎ。どれもステキなお菓子だというのに、最後のひとつなどは無理やり食べた感じになってしまいましたもの(T_T)。やっぱり二つにとどめ、二つ目を食べるのは翌朝、ぐらいの時間をおかなくてはねえ。もったいないじゃありませんか。

そうそう、二條若狭屋のお店では、購入するお菓子を決めると、包んで下さるのを待っている間、お店の片隅の小テーブルに案内され、そこでお茶とお菓子を出して下さるんですよ。コチラの記事に写真を載せた、栗の形のお菓子なんですが、ま~、たった二個しか買わないお客にお茶とお菓子を出して下さるなんてご丁寧に…って、そうか!てことは、この日は半日のうちに和菓子三個じゃなくて、四個だったんだわ。驚異的。
ありがたいとはいうものの、今後は対策を講じる必要があるかも~…。

►二條若狭屋寺町店HPはコチラ
京都旅INDEX 2016


関連記事
tag: 2016年春・京都 
  1. 2016/04/27(水) 22:00:00|
  2. 食べる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1885-99ddc50c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

ああ、おいしそうです。
淡い色合いもとろけそうなボケも素敵です。
(お菓子と写真の賛辞が混じってますが、、)

laziMikiさんの手にかかると風景だけでなくお菓子までもがこうなるんですね。
ピントの合わせ方、勉強になります!

二條若狭屋さん、いつか行ってみたいなとlazyMikiさんの記事を見てると思います。
そして一保堂さんも。自分で煎れると全然おいしく煎れられなかったんです、、玉露。。涙
  1. 2016/05/22(日) 15:47:38 |
  2. URL |
  3. lundi #dkQVFjxY
  4. [ 編集 ]

lundiさん、

あら~、褒めて頂けて嬉しいというか、恐縮です(≧∇≦)。

写真は、ホテルのせっま~い部屋で、薄暗~い照明の下で撮っているので、もう、どうしよーもなーい、って感じなのです。
菓子皿もないので、さすがにちょっとと思って、鳩居堂で懐紙を買って載せてみたのですが、懐紙の模様とか、全然見えてない^^;。
このときは三脚を持っていたので、撮るだけは何とか撮れました。

lundiさんはきっとお茶を入れるのはとてもお上手なのだろうと思うのです。一保堂って、丸の内にありますよね。京都の老舗って、最近あちこちが東京にも進出してますね。狭いのが多いけど…。
  1. 2016/05/23(月) 21:52:39 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する