本と旅とそれから 桜散歩≪哲学の道、大豊神社、円山公園、清水寺≫

本と旅とそれから

桜散歩≪哲学の道、大豊神社、円山公園、清水寺≫

桜散歩


ど~も、ブログ書いてても、いまひとつ力の入らない今日この頃。
まあとりあえず、先日の花見旅の覚え書きを終了させておこうっと。

最終日は、朝のうちうす曇り、その後青空も見えてきた、という、旅の期間中一番お天気に恵まれた一日でした。でも、あっと驚くほど暑い日になりましたし、土曜日ということで、人も多かった…。
なかなか開花の進まなかった桜の花も、ようやくこの日あたり、哲学の道に「見頃」表示がつきました。出かけてみると、ホントにいい具合に咲いていて^^。北の方から下がって行きました。
…が、旅の最終日の朝、荷物をまとめるのに手間どり、予定よりも1時間もスタートが遅くなってしまいました。となると、晴天+見頃+土曜日の哲学の道、やっぱりそれなりに人の姿が。日本語じゃない言葉があっちからもこっちからも耳に入ってきます。英語と中国語、それにフランス語ぐらいはそうとわかるけれど、あとは「どこ語?」って感じの音がたくさん。たぶんスペイン語、たぶんロシア語、たぶん――あとはまったく推測すらつかず。
疎水わきの細い散歩道に、歩く人の迷惑顔(含むワタシ)にまったく気をとめず、三脚を低く据えてうずくまったまま動かぬ金髪の外国のお姉さん^^;。


大豊神社


途中、哲学の道からそれて大豊神社へ。たぶん、お邪魔したのはこれが初めてかしら?
あちこちで、「こまねずみ」がいるという話を聞いていて、ちょっとお会いしておきたかったのです。あー、なるほど、このような(▲)ネズミさまだったのですね。

ここは哲学の道からはずれているので、訪れる人もあまり多くはありません。大きな枝垂れ桜が一本、お宮を守るように立っていました。

その後は、円山公園(例によって、奥の方)から清水寺まで、写真を撮ったり、買いたいと思っている小物を探したりしながら歩きました。探し物の方は、清水焼を扱うお店を何軒覗いても見つからず(T_T)。まあよいけど。
清水寺の参道は、道行く人がそこここで「あっつ~い!」と叫んでました。私はそもそも暑がりなので、ジャケットを脱いで半袖で歩いてました――4月になったばかりだというのに。
それにしても、参道はとんでもない人混みで、まともに歩けないほどでした!あの辺りはもう混みすぎだと思うんだけれど…。


清水寺


なぜか私が訪れるときは、京都はとても暑いような気がします^^;。
もう少し早めに気温が上がっていてくれたら、桜的には嬉しかったんだけどな。
まあ、そんな具合が、私にとっての今年の京都の桜でした。

最後にちょこっとまた、 「そらはな」をどうぞ。

►「そらはな」はコチラ
京都旅INDEX 2016



関連記事
tag: 2016年春・京都 
  1. 2016/04/30(土) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1888-60dc9b62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する