本と旅とそれから 禁断の魔術/東野圭吾

本と旅とそれから

禁断の魔術/東野圭吾

ガリレオシリーズの最新作、と、書店で見かけて図書館で借り、読み始めてすぐに「これは読んだことがある」と気づいたのですが――本作は、既出の中編集「禁断の魔術」(感想文は►コチラです)の中の「猛射つ」という一編を、長編に書き直した作品なのですね。中編集も、文庫版の長編も、タイトルは同じです。
禁断の魔術


禁断の魔術/東野圭吾(文春文庫)

にしても、物理的にどのくらい長くなったんだろう。
というのも、私としては、同じ作品を再読したみたいな感覚なんですよね。中編集を読んだのが3年前なので、記憶があやしくなっているというのはもちろんなんですが――物語の要素としては、特に新しく加えられたものが…あったのかしら?

中編集に収められた「猛射つ」は、非常に面白い一編だったと記憶しています。何より、年の離れた若い教え子のために、全力で事件に挑む湯川先生の姿が魅力的でした。ネット情報で見る限り、これはまだドラマ化されていないみたいなのですが、いかにもテレビドラマではなく、映画版の原作になりそうな…。

ただ、「猛射つ」を読んでいるので、ラストがどうなるかはわかっているし、そこへ至るまでの物語も(おそらくは)まったく変わっていない。3年経って細部の記憶が薄れているので、再読的感覚で読んでもそれなりに楽しめますが、主人公の古芝青年が可愛そうなので、読んでいてちょっと気が重くて。ラストを知らなければ、何かハッピーエンドが待っているかも、と期待も抱けるでしょうが、ラストを知っているからなー。

ちょっと、ダブったな、という気がしないでもなかったです^^;。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 東野圭吾 
  1. 2016/06/10(金) 22:00:00|
  2. 2016
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1893-8162d32f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する