本と旅とそれから 桐島、部活やめるってよ/朝井リョウ

本と旅とそれから

桐島、部活やめるってよ/朝井リョウ

先日読んで大変面白かった「チア男子!!」(感想文は►コチラ)の朝井リョウさんのデビュー作。映画化されて、結構話題になった――ような。だからタイトルを聞き覚えていたのだと思いますが。思いっきり口語調の、それが印象的なタイトルでした。
桐島、部活やめるってよ

桐島、部活やめるってよ/朝井リョウ(集英社文庫)

とある高校のバレー部キャプテン・桐島が部活をやめる。
この桐島なる高校生は、物語には名前しか登場しないというのが「考えたわね」と思わせる設定。物語は7章から成っていますが、そのそれぞれに、彼と同じ学校に通う高校生の心の内が一人称で語られます。

朝井さんがこれを書かれたとき、彼はまだ大学生だったそうなので、ほぼリアルタイムというか、ほぼ現役高校生の立場で物語を綴っておられたということなのですね。

・・・しかし~。
小説として読むのは結構面白かったけれど、共感というか、「うんうん、高校生の頃は私もこんなことを感じたものだワ!」というような思いはほとんどわかなかった・・・。
自分が年をとって、高校生だった頃がはるか昔になってしまった、というのが理由――ではないように思うのです。

「桐島、」に描かれる高校では、高校生社会における人間のランク付けが、何よりも外見で決まってしまう。女子なら「可愛い」、男子なら「カッコいい」が、「上」の存在であるための必須条件なのですね。
そして、「上」に属することができた生徒たちは、「上」の中だけでサークルを作り、「下」を無視したり見下したり。
でも、「上」の生徒たちも、中にはふと、そんな価値観に疑問を抱いたり、もっとはっきり嫌悪感を覚えたりする子もいて、それでも、そんな境遇から抜け出す勇気を持てない――。

外見が大きくモノを言う、というのは高校生だけの社会にとどまりませんが、それがほとんど唯一の人間判断基準というのは――ちょっと極端な物語世界のような気が。

うーむ。よくわからない。高校生・・・というか、若者(あるいは人間の大多数が?)とは、そんなにも単純なものなのかしら。そんなことないわよね、と思う一方で、案外、根本的なところはそんなものなのかも、という気がしたり。

ただ、前田涼也という「映画部」の男の子の話だけは、ちょっと違っていて、ほっとさせられた感じ。彼はクラスでもパッとせず、影も薄くて、どちらかというと「下」に属する高校生なのですが、映画が大好きで、映画部の仲間たちと映画を作り始めると、ほかのすべてを忘れてそれに熱中してしまいます。あらゆるネガティブな事柄が消えうせ、世界は光り輝く。そんな彼や彼の仲間を、一部の「上」の生徒たちはバカにするけれど、一方でまぶしく思う生徒たちもいる――打ち込めるものを持たず、学校での自分の立ち位置を意識してばかりいる自分に納得てきない子にとって、他人の目でなく、「自分」を強く持っている涼也たちは羨望の的のようなものなのでした。

この感覚は、年代を超えて普遍だな、と思います。すべてを忘れて打ち込めるものを持っている人は幸せ。思いっきり打ち込めれば打ち込めるだけ幸せ。
なりふり構わずアイドルの追っかけをしている中年女性が、羨ましく思えることがありますもん。あれって、ふと立ち止まって自分を客観的な目で見たりしちゃうとダメなんでしょうね。

それってたぶん、現実逃避願望と同じものなんだと思いますが。

話題作を読んだ、という満足感はあるものの、そこまで、という感じでした。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 朝井リョウ 
  1. 2016/11/09(水) 22:00:00|
  2. 2016
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1910-f2ef395b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

映画化された作品がテレビで放送されたのを観たなあ。映画自体も話題作だったけど、劇場公開からずいぶん経ってから観たので、いまとても人気の俳優さんたちがたくさん出ていて、それにも驚いたっけ。
外見で序列が決まることは私の行ってた学校にはなかったと思うけど、当時の同級生が「俺はメジャーリーグじゃなかったし」とか言うことがあるので、びっくりするよ。関西では、パッと見よりも面白い子が人気者になるから(今もそうらしい)、余計にわからないなあ、この物語の舞台の雰囲気。
スクールカーストなんて言葉が発明されたくらいだから、昔といろいろ違うのかな。
  1. 2016/11/25(金) 00:09:53 |
  2. URL |
  3. しの #2nAugjbc
  4. [ 編集 ]

しのちゃん、

あ、聞いたことあるわ~、関西では「おもろい」という形容詞がつく子が一番人気者なんだって。
おもろい子で、そのうえ外見もよかったりすると最高?

映画――そうか。若手の俳優さんがたくさん出ていそうだもんね、高校生の話だから。
私は、昨今の若手俳優さんの名前がまるでわからないんだけれど、顔はちょとぐらいならわかるかも…。だから、話をするとき名前じゃなくて、出演してるCMとかで俳優さんのことを呼ぶので、話がぜんぜん進まないんだよね。とほほ。
  1. 2016/11/26(土) 10:05:04 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する