本と旅とそれから 書店ガール4、5/碧野圭

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書店ガール4、5/碧野圭

先日から読んでいる、書店ガールシリーズ。お仕事エンターテイメント、というのだったか、書店で働く女性たちやその周辺の人々を描いた物語ですが、とても楽しめます。
書店ガール

書店ガール4、5/碧野圭
(PHP文芸文庫)


このシリーズ、1巻目の特に前半は、書店員という主人公たちの職業よりも、OLのどろどろした社内恋愛ストーリーという雰囲気がありましたが、それがひと通りおさまってからは、書籍の紙の匂いがしてきそうな、愛すべき本屋さんの話になりました。本屋さんが大好きな人には、ストーリーは二の次で楽しめます。

4巻目からは、主人公がガラっと変わります。
3巻目までは脇役だった書店員たちが、今度は主役。アルバイト店員をしながら就活に励む若者や、駅ナカの小さな店舗を任されて奮闘する新米店長が、悩んだり感動したりする様子が、テンポよく描かれています。

駅ナカの小さな店舗。そんなごく限られたスペースにも、店長さんはアイディアを凝らすのですねえ。
・・・といってまず思い浮かぶのは、新宿地下の、ユニクロの入口のところにある本屋さんだなー。いつも横目で見るぐらいで、今までにあそこで買ったことがあるのは、「ダ・ヴィンチ」の三浦しをん特集号だけなような。

本屋さんの物語を読みながら、ふと気づくと、書店で本(特に、単行本)を買うという行為を、最近はめったにしていない。実用書ばっかり・・・。小説はまず図書館で借りてしまいますもん。今よりずっとお財布が痩せていた頃、今とは比べ物にならないくらい本を買っていたなぁ。本棚からあふれた本が、床に積み上がっていた頃が何だか懐かしい。

物語を追いながら、そんなことを考えてもいました。
シリーズはまだ続きそうなので楽しみです。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 
  1. 2016/11/09(水) 22:00:03|
  2. 2016
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1913-24a35346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

それこそ本屋の店頭で見かけたよ、このシリーズ。本屋で働くって、どんな感じなのかなあ。店員さんの読書感想の札はつい参考にしてしまう。
単行本、勢いで「ペンギンハイウェイ」を買ったのが最後かなあ。まだこれからも電子書籍には手を出しそうにないわあ。片付けも断捨離もできないんだから、紙の本を買うのをやめるべきなんだろうけどねー。
  1. 2016/11/25(金) 00:39:42 |
  2. URL |
  3. しの #2nAugjbc
  4. [ 編集 ]

しのちゃん、

この本って、本屋さんの店作りの苦労とか工夫の話がたくさん出てくるので、読んで以来、本屋さんに行くときょろきょろ見てしまう。
書店で働くのって結構あこがれ。でも、好きなことを仕事にするっていうのも難しいらしいからねー。単なる店番ぐらいならいいんだけどさ(それじゃつまんないかね)。

「ペンギンハイウェイ」、森見さんらしからぬ感動ストーリーじゃなかった?
最近、単行本って買ってないなー。
  1. 2016/11/26(土) 10:21:18 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。