本と旅とそれから 一路/浅田次郎

本と旅とそれから

一路/浅田次郎

見なかったけれど、ちょっと前にNHKで放映されていた時代劇の原作。見なかったとはいうものの、ちょこっとちらっと見かけたところでは、テレビの方は真面目な時代ドラマみたいだったんだけど…。ホントにワンシーンぐらいしか見てないから、しかとは言えませんが。
一路

一路(上)(下)/浅田次郎(中公文庫)

ところが、読み出してみると、どこかトボケています。
浅田さんでいうと、「プリズン・ホテル」とか「王妃の館」みたいな、なんだか「はぁ?」って感じの物語の展開で――。

江戸末期の、関西の某小藩(正確には「藩」ではなく旗本領らしいのですが)が、参勤交代で国元から江戸へ出て来る、その道中の話。主人公は、若干19歳ながら、父の不慮の死により突然、道中御供頭を務めることになった侍・小野寺一路。御供頭とはつまり、参勤交代の行列すべてを差配する責任者のことです。

彼の父ももちろんその職にあったのですが、家が火事になって焼死してしまいます。そして、息子・一路に職務の引継ぎはまだ何もなされていませんでした。おかげで一路は右も左もわからず、それどころか、それまでずっと江戸屋敷で育ったため、故郷に帰ることすら今度が初めてという始末。
加えて、お家には、御殿様を退けて自分が当主になろうと画策する御後見役一味の陰謀が渦巻いていて――さて、一路は無事に行列を江戸に到着させられるのか。
というお話。

主人公は至極真面目な人物。いろいろと悩み、ひたすら努力する若者です。
どこかトボケている人物の筆頭が、御殿様。江戸でも国元でもバカ殿の評判が定着していますが、一路はお傍に仕えつつ道中していくうちに、御殿様が決してバカなどではないことに気づきます。
御殿様のこの、「どうみてもアホな振る舞い」ぶりがギャグっぽくて。これが裏をよく見ると、深い考えあってのこと、とわかっていくのですが。

そのほかにも、行列に参加する御先手(行列の先頭を歩く)侍といい、それに続く槍持ち奴といい、ついでに御殿様のお手馬までも、何だかトボケた人馬たち。
その一方で、ものすごくシリアスな人物もいます。殿様への陰謀の首謀者、御後見役の家来。やはり行列の参加するうち、御殿様の本当の姿に気付き、御後見役から心が離れていくのですが、御後見役への恩から逃れられず悩み苦しむのです。

シリアスそのものと、どこかバカっぽい登場人物たちが混在する参勤道中は、面白いようなしんみりするような、何だかいまひとつどう受け止めたらよいかわからないようなお話。
面白かったけれど、妙に軽い感じのする、ちょっと落ち着かないような物語でした。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 浅田次郎 
  1. 2017/05/24(水) 22:00:04|
  2. 2017
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1954-9a0570a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する