本と旅とそれから 祈りの幕が下りる時/東野圭吾

本と旅とそれから

祈りの幕が下りる時/東野圭吾

加賀刑事のシリーズの最新刊――といっても、単行本が刊行されたのはもう4年前のことのようです。
特に最近のこのシリーズは、ミステリーとしての内容も加賀刑事個人の物語も面白いので、とても楽しめます。あっという間に読み終えました。
ネタバレありますので、ご注意を。
祈りの幕が下りる時

祈りの幕が下りる時/東野圭吾(講談社文庫)

ミステリーとしてはこれは、「砂の器」ですね。
そのことは、段々わかってきます。私にも何となく筋が見えたので、大抵の人には見えるのだろうと思います。

で、「砂の器」同様、哀れを覚えます。
消し去りたいと思い、消し去れたと思っていた過去から現れて、「懐かしい」と笑顔で近寄って来る人。その人には何の罪もないと重々わかっていても、過去から逃れるためにそれを殺してしまう犯人。
・・・殺される方には、懐かしいという、むしろ温かい気持ちがあるだけなのに、そう声をかけられた人にはそれが殺意を覚えるほどの迷惑だとは。

ところで、今回の読書感想文を書くにあたって、加賀刑事シリーズのそれまでの自分の感想文にさっと目を通したのですが、すでに、「本書を読んで『砂の器』を思い出した」と書いている巻がありました。発想貧しいかも^^;。

加賀刑事って、優秀な刑事だし、剣道の達人だし人柄もよいし、外見はまさに阿部寛さんみたいで、つまりは2枚目な主人公ですが、身にまとっている雰囲気がどこか暗いのですよね。それがイヤなものだとは別に思わないけれど。いつも、読み終えてあまりスカッという気分にはなりません。ちょっと悲しい感じ。

もうひとつ、この小説の要素となっているのが、父親の娘に対する愛情、献身。
母親が、ありえないほど自己中心的な人間で、夫と娘を置き去りにして家を出てしまいます。しかも、一方的に離婚届を出してしまっているのです――そんなこと、本当は違法らしいのですが。さらに、夫の預金を全部持ち逃げしているし、さらにさらに、夫の実印を勝手に持ち出して、勝手に多額の借金をしてしまう。おかげで、残された父娘は、夜逃げせざるをえず、質の悪い借金取りに追い詰められた父親は自殺を考えるまでになる・・・。

母親がひどい分、父親の娘への献身が熱い。そして娘も、過酷な環境の中にあっても、その父親の愛情を深く心に刻む。そんな父娘の絆が、やがて悲劇を迎えてしまうのが何とも悲しい。母親が出奔して以降は、父娘はもう、悲劇へと向かう自分たちの運命に抗いようがなくて――可哀そう(T_T)。

運命ってねえ…。何をどうしようと、人間は自分の運命から抜け出すことができないのでしょうか。そういうことって、考え出すとちょっと気鬱になりそうです。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 東野圭吾 加賀恭一郎シリーズ 
  1. 2017/10/24(火) 22:00:00|
  2. 2017
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/1986-46197c89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「祈りの幕が下りる時」東野圭吾

第48回吉川英治文学賞受賞作品! 1000万人が感動した加賀シリーズ10作目にして、加賀恭一郎の最後の謎が解き明かされる。 悲劇なんかじゃない これがわたしの人生。極限まで追いつめられた時、人は何を思うのか。 夢見た舞台を実現させた女性演出家。彼女を訪ねた幼なじみが、数日後、遺体となって発見された。 数々の人生が絡み合う謎に、捜査は混迷を極めるが…。 今回も仁義と人情に溢れた...
  1. 2017/12/05(火) 11:05:01 |
  2. 粋な提案

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する