本と旅とそれから 御子柴くんの甘味と捜査/若竹七海

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

御子柴くんの甘味と捜査/若竹七海

これもラノベといってもよさそうな軽い(別に悪い意味ではなく)小説です。
主人公をはじめとする登場人物たちのキャラが、非現実的に軽いし。警察関係者がほとんどなのに。

ただ、短編集の形式なので、いくつか描かれる犯罪の内容は、決してライトではなく凶悪だったり残酷だったりで、そこのところのミスマッチが、面白いとも、居心地の悪さのようなものを感じさせるとも言えます。
「御子柴くんの甘味と捜査」

御子柴くんの甘味と捜査/若竹七海(中公文庫)

もともと東京出身なのに長野県警に所属する主人公の御子柴くんが、本当にそんな役職があるのかどうか疑問ですが、県警と警視庁との連絡役を命ぜられて東京に赴任して来る、そこで遭遇する事件のお話です。

で、タイトルにもあるように、物語の小道具としてあっちこっちに登場してくるのが、お菓子。警視庁での上役にも、長野県警での元上役にも、どうしたわけだか甘い者にまるで目のない人間がそろっていて、「連絡役」の御子柴君は、まるで当然のように職務の一環として、東京と長野の銘菓を調達することを命ぜられてしまうのですね。

ただ、取り上げられるお菓子がどれも、素朴な雰囲気のするものなのが、何となくよい感じ。これが京都とかだと、老舗菓子舗のナントカいう由来の長いお菓子になりそうなところですが、長野県だと、もちろん良い意味で、お手軽で飾らないお菓子ばかり。くるみ餅とかね。酒饅頭とか。それでいて、何だかそれがとっても美味しそうで、つい、どこかで長野県物産展やってないかな、と探したくなる感じなのです。

事件についての謎解きは、まあライトといえばライトでしょうか。御子柴くんの長野県警時代の元上司というヒトが影の探偵役のような役回りで、御子柴くんが電話でちょこっと「現状報告」などすると、その人がささっと自分の推理を語ってくれて、結局それが事件の解決につながる、というパターン。

まあこれも、長野の雰囲気を感じつつ、気楽に楽しめる1冊。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 若竹七海 
  1. 2018/09/01(土) 22:00:00|
  2. 2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/2034-f1604e2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。