本と旅とそれから 名前探しの放課後/辻村深月

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

名前探しの放課後/辻村深月

いつも設定が独創的な辻村作品。
今回は、主人公・「いつか」(というのが名前)が、「自分は3カ月未来からタイムスリップして過去に戻ってきたのだ」と自覚するところから物語スタート。

(ネタバレは抑えたつもりなのですが、それでもやはりポロポロとバレた感想文になってしまいましたので、ご注意を。)
「名前探しの放課後」

名前探しの放課後(上)(下)/辻村深月(講談社文庫)

その点についてはSFみたいですが、全体を通じては、青春小説とミステリがミックスされた雰囲気でした。

3カ月先を知っている「いつか」の記憶にはっきりと残っているのが、「同じ学校の同じ学年の生徒が誰か自殺する」ということ。それがクリスマス・イブに起きるということ以外、死ぬのが誰なのか、どこでどのように自殺するかは思い出せない。そこで彼は、親友の秀人、タイムスリップやSFに詳しそうなクラスメート・「あすな」、頭がよくてリーダー格の天木と共に、その誰かをつきとめ、自殺を食い止めるべく動き始めます。さらに、秀人のガールフレンドで、「いつか」たちとは別のお嬢様学校に通う椿も仲間に加わります。

というのが基本設定。

やがて、ふとしたことから、河野というちょっと変わり者の男子生徒がいじめを受けており、自らの死についてあれこれ書き記していることがわかります。自殺するというのは河野だろうと推察した「いつか」たちは、彼に近づき、あれこれと行動を起こすのですが――。

ミステリとしては、ちょっとアクロイド的なものがあります。つまり、終盤で根本的に話がひっくり返されます。
これ以上書くと(これでもすでに、とも言えますが)ネタバレになるので、あらすじはここまで。

ただ、普通に読んでいても、「自殺するのは本当に河野なのか?」という疑問は常につきまといます。最後に別の誰か――当然、ほかの主要登場人物――が死んでしまうってことになるのでは、と、疑いながら、その可能性を探りつつ読む、というか。

ただ、その「自殺を食い止める」という話とはまた別に、「いつか」や「あすな」それぞれの物語、そして友情(の、ように見えるもの)の物語も展開し、正直なところ私などは、辻村さんってこんなに素直な展開の青春物語も書かれるのか、と意外な思いで読んでいました。
これも、最後まで読んでから思い返すと、どこまでが「本当の」話だったのだろうかと首をかしげたくもなるのですけど。

でも、友情(の、ように見えるものというか、恋心のようでもあるので)の物語であることは、どんでん返しがあっても変わりはしません。なので、これの前に読んだ「子どもたちは夜に遊ぶ」(感想文は►コチラ)よりはずっと爽やかな読後感が持てると思います。

でも、辻村作品はどうやらそういうのが多そうなのですが、最後に来ていきなり複雑な真実の暴露があって、物語のリズムが崩れるようなのがちょっともったいない気がします。もう少しずつ、とはいかないものでしょうか。
それに、明かされる「真実」がかなり複雑で、いくら頭のよい高校生の仕業とはいえ、これだけのシナリオを組み立て、役者を揃え、わざとらしく見られないようにその役を演じきることができるものかと――まあフィクションだからあまり意味のないことなのですが――ちょっとその辺りがウソっぽく思えてしまいました。

そして最後にこれまた「なんだ、そういうことか!」ということが。
「ぼくのメジャースプーン」(感想文は►コチラ)の主人公(「ぼくの」では名前が出てこなかったと思うのです)と、彼の大切な「ふみちゃん」が登場する――というか、最初から登場していたことが明らかにされるのです。
いや~、ふみちゃん、立ち直っていたんだ~。よかったよかった^^。

さらに、「凍りのくじら」(感想文は►コチラ)の主人公もチラリと顔を見せたり。伊坂さんの作品もそうでしたが、著作の多くがちょっとずつつながっている、同じ作品世界が共有されているのですね。

その意味では、少なくとも本書を読む前に「ぼくのメジャースプーン」を読んでおかないと、最終盤の「びっくり」が目減りしてしまいます。

ケチはつけたものの、終盤は、途中で読むのを止めることが難しい一気の展開でした。辻村作品は、大体はハッピーエンドな終わり方をしてくれるはず、との期待はあっても、それを見届けずにはいられない。
感動的なラストだったと、いってよいと思います。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 辻村深月 
  1. 2018/09/07(金) 22:00:00|
  2. 2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/2037-5f1b06b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

LM君の「ぼくの~」の感想を読んで、「盲目的な恋と友情」を読んでみた。ミステリー要素もありつつ、一連の出来事が2人の登場人物の目線から語られる構成で、ただいま再度読んでるとこ。百田尚樹の「モンスター」とちょっと比較したりして、読み応えありでした。
本作と「盲目的~」のどっちから読もうか悩んだんだけど、本作も読んでみるよ!
  1. 2018/09/28(金) 08:21:18 |
  2. URL |
  3. しの #2nAugjbc
  4. [ 編集 ]

しのちゃん、

百田さんの「モンスター」って、図書館で手に取ってみることは何度かあったんだけど、「こわいのか?」と思ってまだ読んだことなかったです。そのうち読んでみるね。

辻村作品は今もひとつ手元に借りてきているのだけど、期限までに読めるかちとギモン。ちょびちょび片付けていきます。
  1. 2018/09/30(日) 13:35:49 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。