本と旅とそれから 御子柴くんと遠距離バディ/若竹七海

本と旅とそれから

御子柴くんと遠距離バディ/若竹七海

先日読んだ「御子柴くんの甘味と捜査」(感想文は►コチラ)の続編。
どこがどうというのでもないけれど、何となく読んでいて心地良かったので続編も借りてみました。
御子柴君と遠距離バディ
御子柴くんと遠距離バディ/若竹七海(中公文庫)

長野県警から警視庁に出向してきて、長野と東京の連絡係みたいな仕事に就いていた御子柴くん。なんと本書では、冒頭に災難に見舞われ長野県警に帰ることになります。災難というのは、東京の所轄署の警察官に襲われて大怪我を負う、というもの。それもとんだ逆恨みで。

命は取り止めたものの、当初はリハビリの必要もあり、肩書としてはちょっと立派なものをもらいながらもヒマを持て余す境遇に身をおくことになった御子柴くんが、せっせと自分から仕事を探すうちにあれこれと事件に遭遇する、という1冊です。で、タイトルの「遠距離バディ」というのは、彼が警視庁出向中にペアを組んでいた竹花くんというこれも若手の警視庁の警察官。こちらは東京であれこれ事件に遭遇するのですが、何となくそれが毎回、長野の御子柴くんにつながるんですね。まあフィクションならではの偶然といいますか。

お気楽なトーンで語られる割には、犯罪そのものは、人が何人も死んだりして深刻です。御子柴くん自身が巻き込まれた冒頭の事件だって、あわや御子柴くんが殺されて一巻の終わりになるところだったくらい。

前巻では、長野県警のおエラいさんや、警視庁の先輩刑事の土産物調達みたいなことばかりさせられて、犯罪捜査の方は、かつての長野時代の先輩刑事の推理力に頼る一方という感じだった御子柴くんですが、今回は何だか、切れ者の探偵みたいになっちゃって。以前の彼の役回りを演じるのが今回の竹花くんって感じです。

御子柴くんがいなくなって初めて、東京の人々は彼が実はデキる男だったことに気付いた、みたいな。

でも、ラストを読むと、あ、次の巻もあるな、次は御子柴くん、また東京に戻って(?)くるなとわかります。次も読むなー。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 若竹七海 
  1. 2019/03/04(月) 22:00:00|
  2. 2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/2044-52415089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する