本と旅とそれから 家族シアター/辻村深月

本と旅とそれから

家族シアター/辻村深月

「家族」をテーマにした短編集、7編が収められています。
兄弟姉妹、親子、1編だけ、じいちゃんと孫娘。
家族だけには限らず、人間関係を描いた物語は多いけれど、本書を読むと、辻村さんにはよいご家族がおられるのだろうな――などと思ったりしますが、自分の身に本当に起きたことしか描かないなんてプロの作家じゃないでしょうから、関係ないのかな。
逆に、冷たい家族関係を描いた作家の家族が冷たいというわけじゃないしね。
家族シアター
家族シアター/辻村深月(講談社文庫)

すべての話がほんのり暖かい。
最初はぎくしゃくしていたり、真ん中あたりもほろ苦かったりしますが、最後はどれもほんわりした感覚を残してくれます。

まあ思えば、家族って毎日の存在だから、誰もが「大草原の小さな家」みたいな家族愛に溢れかえった毎日を送っているわけではないでしょう。鬱陶しく思ったりひがんだり、時にはバカにしたり憎らしいと思ったりするのも当たり前かと。

ただ、辻村さんの描く本書の家族たちは、根底に、家族に対する無条件の愛情を抱いています。どこがどうだから好きなんだ、というのとは違う、とにかく理由はさておき「いや、この子はワタシの○○(息子とか妹とか孫とか)だから!」というわけで、大切なんだ、と。

あぁぁ。
なのに昨今の、自分の子供を虐待する親が多いというのはどうしたこと。
やっぱり、物語と現実は全然違うのでしょうか――って、違うに決まってるか。
辻村作品にも、親に虐待された過去を持つ青年の登場する話もありますしね。

最後の一編、「タマシイム(タイム、じゃありませんよ)・マシンの永遠」は、辻村さんお得意のドラえもんの道具がらみのお話。今年のドラえもんの長編映画って、原作が辻村さんなのですね!残念ながら最近はドラえもんとは縁がほとんどありませんが(あ、でも割と最近、ドラえもんの好物のどら焼きはこのお店のもの、という所でどら焼き食べました)、でも、ドラえもんを熱心に読んだ頃の楽しい思い出はよみがえります。

子供が生まれると家族がプラス方向に変わる。それはちょっとした魔法みたいですよね。ただ、それがある一方で、それがあればこそ、子供が得られない家族はマイナス方向に動いてしまいがちなのかも。

そんな家族に、「孫と誕生会」に登場するじいちゃんみたいなおじいさんがいたら、助かるんだろうなー。
webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 辻村深月 
  1. 2019/05/15(水) 22:00:00|
  2. 2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/2062-6241d9c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する