本と旅とそれから パリの思い出②

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パリの思い出②


ジヴェルニーのモネの家プリンターを、スキャナ付きの複合機に買換えました。おかげでこうして1990年に撮った写真をお見せできます(さすがに少々色あせてますが・・・)

この時の旅のことは、自分用にちょっとした紀行文を書いてあるので、今でもかなり細かいところまで再現できます。でも当時は、16年後に自分がそれをもとにブログなんてものを書くとは思いもよりませんした・・・。

さて。
私はクロード・モネの絵が大好きです。今も大好きですが、かつては今よりもっと熱烈なモネ・ファンでした。そしてこの1990年のパリ行きでは、モネの住んだ家、そして名高い数々の「睡蓮」を描いた庭を訪れることが、大きな目的のひとつでした。

そこに着くまではね~。結構苦労があったんですけどぉ・・・細かいところは全部はしょっちゃいますと(実は、細かいところまで一度全部書いたんですが、間違って全部消してしまったんですー・・・)、途中行き会ったスウェーデン人観光客の皆様のお陰で、何とかかんとか到着したんです、モネの家

冒頭の写真が、その建物です。ちなみに、モネの家だからといって、内部がモネの作品でいっぱいなわけではまったくありません。モネは日本絵画が好きで収集していたので、その浮世絵や版画のコレクションが飾られています。正直言うと、それは別に見ても見なくても、という程度だったような・・・。

やっぱりここは庭です。有名な、ジャルダン・ジャポネ(綴り調べなくてすみません)。
モネの絵をご存知の方ならすぐに思い浮かぶ、睡蓮の池。そこにかかる太鼓橋。水面に映る柳の枝。その幽玄ともいえるような独特の世界・・・。

とはいうものの。暑かったんですよー。7月12日だし。
庭はもう、緑の氾濫。モネの死後荒れ放題だった庭を近年観光用に手入れをしたらしいのですが、それでももう、緑滴る、花咲き乱れる、ついでに真夏の光も溢れ・・・とにかく何ともワイルド。
観光客も結構多かったです。途中、パリ・ビジョンの大型バスが着いたりしてましたから。何枚ものモネの絵のモチーフになった太鼓橋も、やー、人の重みで落ちるんじゃ・・・。             (中央奥→)

日本人的感覚からすると、あの太鼓橋の作りはヤワです。どんな小さな神社の太鼓橋でも、あれよりははるかに頑丈にできています。色は緑。

でも、やっぱり感動するんですよね。モネはここで、イーゼルを立てて何枚も何枚も水面に浮かぶ睡蓮を描いたんだな、朝に夕に、一体どんな思いで揺れる水面を見つめていたんだろうな、なんて考えると・・・。しかもモネは晩年目を悪くして、段々ものが正常に見えなくなっていきます。晩年の太鼓橋の絵なんて、とんでもない色で描かれていて、「ああ、もうやめて。」という気がするほど。そんなになってまで、同じ太鼓橋の絵を描き続けたモネは、そうすることで何を求めていたのでしょうか・・・。

脱水症状一歩手前、ぐらいの煮えた頭で、そんなことを思いました。
関連記事
tag: 
  1. 2006/05/13(土) 20:57:00|
  2. Paris
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/208-a0e6e379
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

すご~い!あの絵の場所だ!
モネの絵は確かオランジェリーでしたよね?!10年前Parisに行った時身に行きました。そのあと、ダリに行く予定だったのにいっしょに行った友達3人はソファーに座り込み、動いてくれませんでした。動きたくない~と言われ、カチン!と怒った私は一人で、モンマルトルの丘にある彼の美術館へ行きました。

帰りに絵描きに捕まり、気分もよかったからまあ、ええかって思って請求された値段は300F.素直な私は払いました。。。泣きそうでした。今だったら絶対に、描かせない&払わないですけどね。いい勉強になりました。若かりしき、はじめての海外、勉強、勉強ですわ。

話がそれたけど、いいですね~昔の写真がスキャンできて。
いいな~私もほしいなあ。

そうだ、デジカメですが、カシオは暗い所が苦手です。フラッシュをたかずに取った場合、どうしても暗くなる。そういう意味では、ちょっと考えた方がいいでしょうね。
  1. 2006/05/13(土) 22:38:00 |
  2. URL |
  3. eikita711 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

eikitaさん、
あはは、私もきっとオランジュリーではeikitaさんを怒らせてしまいそうです。私も前に行った時、あの円形の部屋で長時間居座ってしまったので・・・。
モンマルトルにはいっぱいいますよねー、怪しげな絵描きさん。初めての海外の思い出深い失敗、ですね。私は初めての時は(モネの時は3回目でした)、飛行機に疲れてへろへろでしたよー。

スキャナ、便利です。ただ、デジカメ前時代って、そもそも写真を枚数撮ってないので、ネタ写真が少ないんですけどね、私の場合。次は色あせを直せるソフトが欲しいなぁ。
って、デジカメが先だった・・・。まだ決められないんですぅ。モン・サン・ミッシェルみたいな風景写真を撮る時には、広角に優れたPanasonicがいいか、て気もしてきちゃって・・・。カシオにも弱点有り、かぁ・・・。迷うなぁ。
  1. 2006/05/14(日) 09:13:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。