本と旅とそれから 紅葉の名所は桜の名所≪赤山禅院≫

本と旅とそれから

紅葉の名所は桜の名所≪赤山禅院≫

赤山禅院01


2018年秋の京都の旅、2日目、さらに続きます。
この秋、一番「もみじが綺麗だったな、写真撮影も楽しかったな」と思ったのはここ赤山禅院でした。

京都の東北・つまり鬼門の鎮守で、延暦寺の塔頭なのだそうです。鬼門――「陰陽道で、鬼が出入りするといって万事に忌み嫌う方角(広辞苑)」ですって。
でも、その鬼門除けとされる猿(▲の画像で屋根の上にちょっと見えます)が「かつて夜な夜な悪さをしたため、逃げ出さないよう金網の中に入れられている(赤山禅院HP)」というのが、何となく不思議ですが。

赤山禅院02


赤山禅院は、ずい分前になりますが、すぐ近くの修学院離宮を訪れた際、その帰りにちょっとだけ訪れたことがあります。そのときも秋でした。が、あまり時間をとれなかったのと、修学院離宮の素晴らしい紅葉のインパクトが強すぎて、当時について覚えていることといったら、「大きな数珠があった(▲)けど、それがプラスチックケースに入っていたのが興醒めだった」というのと、「参道わきでサンマの干物を売っていた」ことぐらい・・・^^;。

この日は、何やらお寺の行事があったようで、きらびやかな法衣をまとった「大僧正!」という雰囲気の方の姿が何名も。そしてその方々をお乗せするピッカピカの大型車がたくさんやって来ていて、(だからかどうかはわかりませんが)参道わきに物売りさんはいませんでした。


赤山禅院03


同じ京都でも紅葉のタイミングはいろいろで、私が訪れたとき、たとえば和束の正法寺や三明院ではもうかなり散っていたし、栖賢寺はまだ早い感じでした。それが、ここ赤山禅院ではドンピシャ!
この日はお天気もよかったので、見事な紅葉が堪能できました。


赤山禅院04


もみじだけではなくて。スマホの記事だったかなぁ~、「赤山禅院で桜が咲いている」と知って、興味がわきました。行ってみれば、桜の木は1本だけだったのですが、満開――ということだったのかな、たぶん。
その日の朝にTVで報じたとかで、カメラを持った人がずい分おられましたが、まあ、このくらいなら。あまり外国人観光客の姿はなかったような。


赤山禅院05


季節外れの桜というのはときどき見かけます。可憐ではありますが、春の桜の華麗さには到底及ばず、まあ、あれは別ものと思って見るべきなのでしょうね。
真っ赤な背景の桜なんて、春にはあり得ない。赤はやっぱり秋の色。


赤山禅院06


最近、モニタールーペというものを使うようになりました――この道具の名称、すぐに忘れるので今回もまずググったのですが^^;。液晶画面って、明るいところだと見えないでしょ。この道具は、そんなときに使う小型箱メガネみたいなものです。
以前、新宿御苑で台湾からの撮影旅行のグループに遭遇したら、皆さんそれを使っていたので、マネしてみました。晴れた日には便利でっす。

赤山禅院での写真を、ジグソーパズルにして頂きました(コチラです)。



「そらはな」はコチラ
京都・奈良旅INDEX 2018



関連記事
tag: 2018年秋・京都 
  1. 2019/10/12(土) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/2082-15cfd145
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

燃えるような紅葉だね!見事!
その緋色を背景に咲く桜?うーん、不思議な組み合わせ。
サーバーに接続できなくてそらはなを今閲覧できないんだけど、あとでそらはなも覗きに行くね。綺麗だろうなあ。楽しみ😊
  1. 2019/10/17(木) 10:41:03 |
  2. URL |
  3. しの #-
  4. [ 編集 ]

しのちゃん、

最近、ちっとも写真を撮りに出かけられていないんだけど、ヘタなりに撮影を楽しんでます。
よかったら「そらはな」も見てね^^。
最近は、オーバーツーリズムとかいうらしくて、大抵のところは人が(特に外国人)が多くて幻滅だけど、それだけにちょっと空いている所に来合わせると嬉しいな。
  1. 2019/10/18(金) 21:50:37 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する