本と旅とそれから 北の狩人/大沢在昌

本と旅とそれから

北の狩人/大沢在昌

久しぶりの大沢在昌さん。楽しめました。
この作品も新宿が舞台ということで、新宿鮫シリーズと同じ世界観、いや世界感。
というか、何か、匂いのようなものが同じ~。それが何となく心地よい。
北の狩人

北の狩人(上)(下)/大沢在昌(幻冬舎文庫)

ただ、主人公は新宿界隈の人ではなく、秋田県から状況してきて、しょっちゅう秋田弁の出る若者。この人が、実は警察官なのですが、ただの警察官ではなく、ハナも効き、ケンカすれば強い、そして確固たる道徳観、価値観を持ってます。今どき珍しいと思いますが、新宿に来るのはこれが初めて――らしい。
なので、新宿、中でも歌舞伎町界隈の猥雑さというかあまりの人混みに最初は戸惑うようなのですが、何しろ彼には大切な目的があります。それは、同じ警察官だった彼の父親が東京で殺された、その真相を突き止めること。

場所がら、新宿を縄張りにする暴力団関係者がいろいろと、地元新宿警察署の刑事約1名が登場。新宿鮫でもそうですが、正統派ヒーローの刑事だけでなく、その敵役の暴力団メンバーの中に、つい肩入れしたくなるようなカッコいいキャラがいるのです。
本書でいえば宮本。何年も前に潰された小規模な組の幹部で、今は大きな組の若頭。この人が渋いカッコよさ。

大沢さんの理想とするヒーロー像が、この刑事(今回は、秋田からやって来た若い刑事の方ですが)と暴力団のキャラに象徴されているのでしょう。まあ、いかにも、な人物像です。強くて、能力もあるのに爪を隠す鷹で、優しくて、紳士で、義理堅くて――といったような。

この「○○の狩人」というのはシリーズになっているようで、次作も予約したのですが、シリーズの共通キャラクターは今回の秋田から来た「北の」狩人ではなく、新宿署の刑事さんらしいのですね。この人は逆にアンチヒーローというか、新宿鮫じゃなくて刑事コロンボという感じ。応援したり感情移入したりというタイプではないのですが、どんなふうに展開していくでしょう。

いずれにしても、大沢作品は本当にエンターテイメント性が強くて、読んでいて楽しい。暴力団満載で、かなりハードなシーンもある物語なんですが、やっぱり楽しいんですね。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 大沢在昌 
  1. 2019/09/21(土) 22:00:00|
  2. 2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/2087-2bb27e5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する