本と旅とそれから 砂の狩人/大沢在昌

本と旅とそれから

砂の狩人/大沢在昌

「北の狩人」に続くシリーズ2作目。
面白かった。「北」よりハードボイルド度が少々高い感じだったでしょうか。
砂の狩人

砂の狩人(上)(下)/大沢在昌(幻冬舎文庫)

ストイックな主人公は元敏腕刑事。犯人を射殺してしまい警察をクビになり、田舎(といっても千葉ですが)に引きこもっていたのですが、ある事件を解決するために、警察庁の高官に要請されて現場復帰する、というところから物語がスタートします。

シリーズの場所は新宿。共通登場人物として、新宿署のマル暴刑事・佐江。刑事コロンボを中年太りにしたみたいなキャラのようです。といっても、根性のある人物で、主人公からも暴力団の面々からも一目置かれています。

ストーリーはかなり込み入っています。一番単純に言えば。暴力団組長の子供ばかりが殺されるという連続殺人事件が起きて、その犯人を探す、というもの。ですがその過程で、新宿における日本の暴力団と中国人勢力の抗争とか、警察上層部と犯人の関連の疑いとか、そのほかいろいろな要素が表われてきて、話はどんどん長くなっていきます。

今回、暴力団サイドで主人公と「ある程度の」信頼関係を結ぶ人物は原という名で、芳正会という組の組長・工藤のボディガードです。組長を親父と呼んで心酔しており、その組長の娘が連続殺人の犠牲者のひとりとなったことで彼も犯人探しに加わります。この工藤という組長もちょくちょく登場しますが、大沢さんの暴力団キャラに時々見られる、犯罪者ながら懐の深い、手下に慕われるタイプの人物です。この二人が登場することで物語の魅力が増していることは間違いないと思います。

それにてしても、新宿鮫シリーズでもそうでしたし、TVの「相棒」や、多くの警察ドラマに出てくる設定なんですけど、警察という組織って、現実にもあんなにひどいのかしら。組織の防衛が何よりも大切で、犯罪者と取引してでも、人の命が奪われるのを見て見ぬふりをしてでもそれを守ろうという人が何人もいるなんて。
それともこれってフィクションの中だけのことなのかしら――わかることはなさそうですが。

多少パターン化した部分もあるように思いますが、それは例えば池井戸作品についても言えることで、そうとわかって読んでいても楽しめてしまいます。
シリーズ次作も楽しみ♪

webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 大沢在昌 
  1. 2019/09/27(金) 22:00:00|
  2. 2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/2089-16bb909a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

大沢在昌まで愛読してるとは、守備範囲が広いね!
新宿鮫シリーズも含めてうちの本棚にどっさり配備されてるけど、まだ読んだことがないー。LM君が面白いと思うのならば、そのうち読んでみようかな。
  1. 2019/10/17(木) 08:22:41 |
  2. URL |
  3. しの #-
  4. [ 編集 ]

しのちゃん、

私、大沢作品かなり好き~^^。
ハードボイルドといえばそうかも知れないんだけど、ハード過ぎないというか、読みやすくて楽しみやすい感じ。
新宿鮫シリーズは、そのうちじっくり読み直してみたいと思ってます。
  1. 2019/10/18(金) 21:41:42 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

そうなのかー、楽しめる感じなのかー。
あれだけの人気作だし、そうなんだろうな。
新宿鮫と納豆、食わず嫌いできたけど、いつか試してみようと思いました。
  1. 2019/10/25(金) 06:54:42 |
  2. URL |
  3. しの #-
  4. [ 編集 ]

しのちゃん、

まあ、暴力シーンなど、ちょっとはあるんだけどね。
私の場合、例えば、北方謙三さんの「水滸伝」など、読みだしてすぐ放り出しちゃったんだよね。描写がきつすぎてダメで。
あれは男性向けなんだろうか…。
その点、大沢作品は読みやすい感じでした。
納豆の方が、人によってはムツカシイかも(^^ゞ
  1. 2019/10/26(土) 21:12:08 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する