本と旅とそれから 桜の丘≪三室山≫

本と旅とそれから

桜の丘≪三室山≫

三室山01


昨年・2019年春の花見旅の記録のつづきです。

2日目の行き先は奈良県。数年前から「三室山の桜の景色を見てみたい」と思っていたのが昨年かないました。

それにしても、奈良県に行くとなると、急に地理がわからなくなります。今回は、事前に奈良県のブロガーさんにお尋ねしたら、似て非なる駅の名前を取り違えていたことが判明したりして(あぶなかったわ…ばななさん、ありがとー)。
大阪経由で行ったのですが、京都から大阪まで特急なんか乗っちゃって。そんな必要なかったのかな。いまだに、京都から奈良県行くのになんで大阪を通らなきゃいけなかったのかまったくわからん。むぅ。


三室山02


ともあれ、最寄りバス停までは無事到着。
そこからは、何とな~く、スマホマップ見ながらそれらしき方角へ歩いて行ったのでした。
竜田川に出ると、もうね、うららかな春の、パステルカラーの景色が広がっていて、それはいい感じ。
それでまた、人がいないったら。ほとんどいない。嬉しいけど、わからない。なぜ…。
人がいないのをよいことに、「をを、うつくしー」とか、大声で独り言言いながら歩いてました。


三室山03


三室山というのは、いわゆる「歌枕」というものかと思っていましたが、ググってみると、三室山というより竜田(川)が歌枕なんですね。そして、桜というよりもみじなんでしょうか(▲)。

それにしても、何だか可愛らしい山でした。お椀を伏せたような、というのでしょうか。ごはんをお玉で丸く形にして、一面に桜でんぶをまぶしたような。見るからに何だか甘そうな(≧∇≦)ノ彡。


三室山04


遠目に眺める景色も綺麗でステキ。さらに、山に登っても、桜がたっくさん咲いていて美しい。
「山」というほど高いものではなく、まあ「丘」ってところ。幼稚園の団体さんが遊びに来ていたり、高齢のご夫婦が散歩されていたりと、山にはそこそこ花を愛でる人がいましたが、それでも静かだったと言ってよいかと。


三室山05
山から振り返るとこんな景色


まさに満開。後から思えば、この日に満開の最後をむかえ、翌日の雨でかなり散ってしまった桜は、京都・奈良の名所でかなりあったのではないでしょうか。

三室山に登ってしばし、それから竜田川辺の公園から山を眺めてしばし。
サイクリングのグループが写真を撮っていました。仲間を連れて来たらしき人が得意げに「いい景色だろー!」と話しているのがよい感じでした。

「そらはな」の写真もどうぞ♪

「そらはな」はコチラ
京都・奈良旅INDEX 2019

関連記事
tag: 2019春京都・奈良 
  1. 2020/05/14(木) 22:00:00|
  2. 旅する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/2099-c824de57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する