本と旅とそれから ジェーン・オースティン、素敵なのに・・・

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジェーン・オースティン、素敵なのに・・・


つい今しがた、Amazonで「プライドと偏見(高慢と偏見)」のDVDを予約してきました。6月下旬に発売だそうです。

いいですよぉ、これ。
まあ、このテの英国風恋物語が好きかどうかにもよるのですが・・・。数年前にBBC制作のTVドラマ版がBSで放映されています。全3回だったのですが、マヌケな私は最終回を録画し損ねて泣いたものです。

機知に富む主人公エリザベスと、ハンサムで大富豪、でもちょっと素直じゃないMr.ダーシーが、紆余曲折の末ハッピーエンドに至るまでの、他愛のないラブ・ストーリーなのですが・・・。でもって、原作者は18から19世紀にかけてのイギリスの小説家ジェーン・オースティンーーですから、原作は古典です。
大昔、大学の英文学科なんぞにいた頃は、授業でこれ読まされました。私はそこで出会うまで、残念ながらオースティンを知らなかったのですが、周囲の、特に女の子たちの中にはファンがたくさんいて、卒論のテーマにした知人が何人もいました。

切手にもなってるMr.ダーシー
何しろ、まだロクに英語なんてできない頃に19世紀の小説を原書で読め、と言われたもので、最初は抵抗がありましたが、ズルして読んだ翻訳本でハマりました。
まさに、「愛すべき」作品!

本当は、そういうラブ・ストーリーとしての筋立てよりも、機知とか巧みな性格描写とか優れた会話、などが「文学」としての高い評価につながっているらしいのですが、幸い研究者でもないし。

でも、数ヶ月ぶりにAmazonのサイトに行って、「おぉ、進化してる」と思いました。かゆい所に手が届く・・・て感じのサービスぶりですねぇ。おかげで、予定外の本まで買ってしまいました。Darcy's Storyというのですが、「プライドと偏見(Pride and Prejudice)」をMr.ダーシーの視点から書いた物語なのだとか・・・。英語本とはいえ、普段のケチぶりはどうしたっ。

(←エマ)
一方で、買おうと思って買えなかったものも。
もう生産中止になっているとかで、新品中古で、元値の3倍ぐらいになってました。
同じくオースティン原作のこの作品、グウィネス・パルトロウの初主演映画なんですが、彼女がもうとにかく初々しくてチャーミング!見た時は私など、「とうとうオードリー・ヘップバーンを超える女優が出たっ!」とまで思ったくらいですが・・・。これから、3倍の値段を払うかどうするかをじっくり考えることにします。

もうひとつ買えなかったのが、こちら。邦題「いつか晴れた日に」;原作はオースティンのSense and Sensibility
こちらはまだ原作を読んだことはなくて、映画の方も、実はほとんど印象に残っていないのですが・・・。なぜかプログラムは買っていて、エマ・トンプソン、ケイト・ウィンスレット(「タイタニック」より前です)、ヒュー・グラントなどのかなり有名な俳優さんが出ています。プログラムを眺めているうちに買う気になったのですが、これも生産中止。手には入りますが、こちらも元の値段より高くなっていて・・・ケチはすぐに踏み切れないっ。

でも、Mr.ダーシーって、原作ではとても美形だということになっているのですが、映像ではちょっと整ってる程度の俳優さんなんですよね、BBCドラマでも映画でも。英国風ハンサムとハリウッド系ハンサムはちょっと違うのかしら。現実的なのかな?
(敬称略)
関連記事
tag: 
  1. 2006/06/07(水) 21:47:00|
  2. 2006
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/223-ed3b077b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

うわ~ビデオ出るんですか!
やった!借りにいこう。これ、見に行きたかったけど、結局違う映画を見ました。何を見たか覚えてないけど、借りにくぞ!

いい情報ありがとうございました。
私が次見に行く映画は、「佐賀のがばいばあちゃん」です。
珍しく前売りを買いました。

  1. 2006/06/08(木) 13:04:00 |
  2. URL |
  3. eikita711 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

私も一度みてみたいですね。
いつも思うのですがlazyMiki さんの作品の紹介のされかたは
とってもセンスがあってその作品と同じように輝いて見えます。
lazyMiki さんがそのときに感じた思いがキラキラ光って見えるんですよ!
久し振りにラブストーリーも見たいと思いましたよ~v
  1. 2006/06/08(木) 21:05:00 |
  2. URL |
  3. mattya-genmaitya #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

eikitaさん、
6月23日発売予定、だそうです♪
ホントに私はこの物語好きですよ。人間が可愛らしいんですよねぇ・・・。

がばいばあちゃん、今度図書館にリクエストに行くべく(なぜか、シリーズの2冊目と3冊目だけしか図書館にないんです)、図書データをチェックしました。映画、見られたら、是非感想をアップして下さいね。楽しみにしてます?
  1. 2006/06/08(木) 23:52:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

mattyaさん、
うわーん、嬉しいコメントありがとう~?
昔は、都心に住んでいたこともあって結構見境なくあれもこれも見に行っていましたが、最近はちょっと映画館が遠くなったので(近くにあるのは小さいんです)、以前よりはじっくり考えて見に行くようになりました。
プログラムを買うかどうかはさらに悩む(よーするにケチだろう、ということでもありますが)・・・。
好きな映画に出会えると嬉しいよね!mattyaさんの映画感想にも私、かなり影響されてますよー。
  1. 2006/06/08(木) 23:56:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おっとー!どれも大好きだわ。
特に「いつか晴れた日に」?
以前(カナリ昔)映画のたすきでも5本の1本に選んだくらいよ~。

グウィネス・パルトロウは実は私ちょっと苦手なんだけれど
作品は結構すきなの。特にこのエマは本当にチャーミングだよね!
  1. 2006/06/10(土) 23:04:00 |
  2. URL |
  3. berrychocolat2 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

berryさん、
「いつか晴れた日に」、ストーリーは忘れ、印象も残ってないくせに、DVDが買いたい私です。・・・のに、生産中止だなんて・・・ぶちぶち。
「エマ」も。ほんとに、あの作品のグウィネスはチャーミングでした。
ちょっとヘコんでしゅんとした時の表情なんかが、幼い子供のようで、可愛らしかった・・・。
  1. 2006/06/10(土) 23:43:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。