本と旅とそれから コーヒーブレイク with books(6月)

本と旅とそれから

コーヒーブレイク with books(6月)



ここ2、3日、ペーパーフィルターをきらしたせいでコーヒーが飲めず(買い物に行く度になぜか買い忘れるし・・・)、ひじょーに物足りない思いをしていましたが、今日ようやく回復。

で、新しいと聞くスタバのココナツ・マカロン試してみましたが・・・やっぱり私には甘すぎるんです~。よく考えたら、私あんまりココナツ好きじゃないし。第一、他の方も言われているように、これってなぜマカロン?お菓子に詳しくないので「むしろ○○のようだ」と言えないところがもどかしいですが、少なくともマカロンじゃぁないでしょ?周りに並んでる碁石のようなのは、マーブル・チョコ。こっちはちょっと大きくておしゃれな香りのーー普通のマーブル・チョコですね。


まずは最近読んだ本。

ヒートアイランド
ギャングスター・レッスン
サウダージ  いずれも 垣根 涼介 / 文藝春秋


いつもブログで仲良くして頂いてるmattya-genmaityaさんの記事で見つけて図書館から借りてきた本。3冊続きモノです。図書館の注記にあったところによると(てことは、本のオビか何かに書いてあったのでしょう)、「ハード・ピカレスク」なるジャンルに属するようです。・・・そですね。そんな感じ。
1冊目の最初は、登場人物の大半がとても若い(20歳そこそこ)ので、青春小説かと思いましたが、やがてアブナイ大人が多数登場してきて、2冊目、3冊目と、話は急角度で下降・・・「おっお願い、もうこれ以上サゲないでっ(まあいろんな意味で・・・)」とつぶやいた「サウダージ」ですが、最後はタイトルの意味する「郷愁」がしんみり悲しく響いて終わります。
ストーリーに力があるのでぐんぐん読めちゃいます。私、あまりハードボイルドって読んだことなくて、これまで「新宿鮫」シリーズ(これはサイコー!)と「不夜城」及びその続編ぐらい(これも凄い。歌舞伎町を見る目が変わる・・・)しか経験ありませんが、あの「読みたいヤツだけ読め」みたいな雰囲気にさえ慣れれば、結構いけます。

▼昨日図書館で借りてきたBOOKs

お次は、これから読む本。
(「佐賀のがばいばあちゃん」、やっぱりすでに図書館に入ってました。意外にも、予約待ちは1人ですむようなので、近いうちに読めるゾ!)

「芸術新潮」のこの号は、やっと借りられてとっても嬉しいのですが、こちらはそのうちまたパリネタの時に。宮部みゆきさんのことも、いずれ別の機会に。大物作家をいっぺんに何人も取り上げようとしても、到底私の手には余りますから・・・。

で、輪違屋糸里(上)(下)
先日書いた角屋のことが頭に残っていたせいか、書棚に見つけてすぐ手が出ました。角屋の記事の後で他の方のブログを拝見していて、輪違屋も見学できるらしいことを知り、「次は絶対輪違屋だ~!」とフィスティングしていたところでしたから。

浅田次郎さんて、好きなんですよねー。まだ読んだ本の数はあまり多くはないのですが、何しろ蒼穹の昴〈上〉〈下〉(講談社)の感動が超弩級でしたから。何年か前に、ペルーの日本大使館でゲリラによる人質立てこもり事件というのがありました。確か何十日もの間、多くの人質が大使館内に閉じ込められた事件でしたが、その時、人質にされた人々の間で最も多く読まれたのがこの本だとか。なんか、わかる。「負けないで!」というメッセージが迫って来るんです。貧しくても。どんなに望みがなさそうでも。「負けちゃいけない」というより、「負けないで」って感じがします。
ラストのシーンなんて、もうまさに映像を見るように鮮やかに思い描くことができます。作者の筆力なのでしょう。上手い俳優陣を得て、これを映画化できたらなぁ。「大河」という言葉がこれほどふさわしい作品も、そうはないと思うけれど・・・。ただ、主人公が宦官なのでねー。しかも、自分で自分を宦官に「してしまう」シーンが結構重要な要素なので・・・これをどうクリアするかですよね、映像にするとしたら。

最後に、英語の本。
▼ハウル                     ▼ゲド
今、「ハウルの動く城」の「続編」なるシロモノにヘバってます。あと残り70ページそこそこなんですけど。面白くないんだもの・・・。でも、本買っちゃったし。ここまで来て途中でやめるの口惜しいし。「ハウル」は面白かったんですよ。ジブリのアニメとはか~なり違ったお気楽なストーリーですが、それはそれなりに楽しかったんです。
だから続編もと思ったのが間違いだったー!ハウルと共通の登場人物が出て来るの、半分以上読んだ後です。こちらはアラビアンナイトもどきの舞台設定で・・・主人公が魅力的じゃないっ。ぶーぶー。

「ゲド戦記」はーーハウルもゲドも、はっきり言って児童書ですが、電車の中で読んでも、英語ならそうとバレずにすみます(でも、カッコつけてるみたいに見えるんじゃないかと気にする、やっぱり私は小心者)。
日本語訳を中学生の時に読みましたが、あの時は3冊しかありませんでした。今は、5冊ぐらいあるんじゃないかな?持ってるのは4冊だけですが。1冊目にすごく好きなシーンがあるのですが、英語版では1冊目のそのシーンまで読んで、その後ほったらかしてあります。ジブリのアニメでは、聞くところでは3冊目のストーリーがメインだそうですがーー映画公開までに読めるかっ?!ムリそうです~。
関連記事
tag: 
  1. 2006/06/11(日) 22:06:00|
  2. 2006
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/226-515150e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

こんにちは、Mikiさん。先日はわたしのブログにコメントいただいて、とてもうれしかったです!
Mikiさんのブログ、共感することも多く、またこれからもちょくちょく遊びにきます。
スタバのココナツ・マカロン、確かに写真で見てもあんまりマカロンちっくには見えないかも。マカロンってもっとツルンとしてるもんですよね。
なんか確かめたくなったかも。
明日にでもスタバによって、注文してしまいそうなわたしです(笑)。
  1. 2006/06/12(月) 14:41:00 |
  2. URL |
  3. rose_soleil #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

宮部みゆきさんの「誰か」、私も最近読みました。
宮部みゆきさんの小説はどれも「人の温かさ」を感じます。
浅田次郎さんは、エッセイも面白いですよ。
小説とは全然イメージが違います。
  1. 2006/06/12(月) 18:26:00 |
  2. URL |
  3. hleaves #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こんばんは~!TBありがとうございます~vv垣根さんの本は一気に読ませる力がありますね。世界観をきちんと持っているのがわかります。

英語版で読めるなんていいなあと思いますよ~。カッコつけてるなんてとんでもない!すごく羨ましいですねv映画でもそうですが翻訳ではちょっと捕らえ方が違うってこともありますよね?そういう無理やりな部分がなくなるのかな~と。
私は日本語版も読んだことがないのでゲド戦記は上映前までに読んでおきたいなと思ってます。
あの~この作品では誰も死なないですよね?(トラウマかも…笑)
  1. 2006/06/12(月) 22:15:00 |
  2. URL |
  3. mattya-genmaitya #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆ rose_soleilさん、
来て下さって本当にありがとうございます!(mattyaさんのお陰で知り合えた方なんですよ、mattyaさんも、ありがとう~!!)
これを機会に、是非仲良くして下さい。いろいろなことについて、のんびり~と、lazyモードでお喋りできたら幸せです。
そう、このココナツ・マカロン、ネーミングがヘンですよね。マカロンて、もっとツルピカですよね。真ん中にクリームはさまってないし。
でもって、すっごく甘くて・・・これ。
  1. 2006/06/13(火) 00:40:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆hleavesさん、
あ、最近読まれたんですか?それは奇遇。
私、宮部さんの作品て、ちょっと好き嫌いがあるんですよ。最近の作品はかなり好きなのが多いですが。
浅田さんの作品も、ずい分読まれているんですね!私も、もっといろいろ読みたいです!エッセイかぁ~。読んでみたいです。そもそも私は、「蒼穹の昴」と「プリズンホテル」の作者が同じということからして「うっそー」という感想です・・・。
  1. 2006/06/13(火) 00:45:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆mattyaさん、
楽しめる本を紹介して下さってありがとうございました!
(でもさー、「サウダージ」の表紙はちょっとでしたよね~。)
ゲドは(今日、前売り買っちゃった~)、少なくとも1巻目だけは、感動作だとおススメできます。2、3巻目は、覚えてない・・・また読まねば。
実は、ハリポタも私は英語なんですよ。だから、「プリンス」も、かなり前に読んだの。うちの図書館、英語の本も結構あるんです。英語だと、ほとんど待たずに借りられるという利点があります。
あ~、ネタばらししたい。悪魔と呼んでっ。
  1. 2006/06/13(火) 00:52:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

Mikiさん、こんばんは!
わたしも神社仏閣、結構好きです~(^^)心がスーッと落ち着いて、新鮮な風を感じることが出来ますよね。

ところで、わたしもMikiさんのブログ、リンクしてもいいですか?
  1. 2006/06/13(火) 19:40:00 |
  2. URL |
  3. rose_soleil #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆ rose_soleilさん、
リンク、もちろんですよぉ。こちらからお願いしたいところでした。

まあっ、 rose_soleilさんも神さま仏さま好きですか!
ほんと、あの板敷きの空間、ふぅ~っと体の中の張り詰めた(ってほど緊張に満ちた日々を送っているわけでもないけど・・・)空気が抜けていきますよね。健康面からも神社仏閣はよいですねっ。
  1. 2006/06/13(火) 19:54:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

このマーブルチョコのカラー大好きです!
私の好きな色だわ。惚れ惚れ・・・

今京都ですわ(すんません!)歩きまくって疲れました。先斗町で食べることは不可能なので、三条にあるスタバでせめて川床気分!と思ったら4時からでした・・・私が行ったのは2時半。ばかやろー!

気を取り直して、生地やさんで1時間以上楽しみました。欲しいのが沢山あってお金がいくらあっても足りません。なんか生地集めになっているわ。

話がそれましたが、電車に乗っている間、遠藤周作の海と毒薬を読みました。なんだかどんより暗くなりました・・・・
明るい本が読みたい・・・・

がばいばあちゃんとっても笑えてなけますよー早く手に入りそうでよかったですね。次は後回しにしていた功名が辻でもよもうか、それともさゆりをよもうか・・英語だから後回ししすぎて数年がたちました。いくらなんでも伸ばしすぎですね(笑)

でもMIKIさんのブログをみてハウルに挑戦してみようかな_
  1. 2006/06/13(火) 20:58:00 |
  2. URL |
  3. eikita711 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆eikitaさん、
なにぃ、京都からコメントしてるとぅ(氷のような声をご想像されたし)?
とっても嬉しいけど、ネタマシイんだってばぁ~~っ!!

そう、マーブルチョコの色とサイズはいいですよね。何となく、私のスキンともマッチする色合いな気がする・・・。

「海と毒薬」は、どよ~んですよね。思いっきり沈みますよね。ハウルはお気楽で明るいですよ。

「功名が辻」は、これまで読んだ司馬遼太郎さんの作品の中では、唯一「嫌い」な作品なんですよぉ~。夫唱婦随があまりにも強く出ていて、時代背景を考えれば無理もないことなんだろうけど、なんか疲れるの・・・。

「さゆり」は、一応英語で読みました。あれを、アメリカ人の男性が書いたと思うとほんとに感心してしまいます。まあ、もとネタはアメリカに移り住んだ元日本人芸者さんのものらしいですが・・・。

じゃあ、eikitaさんのブログで「とぉ~っても楽しい京都の話」を読ませて頂くのを、楽しみにしてます(拗ねまくり)。
  1. 2006/06/13(火) 22:23:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

すっごく可愛い撮り方ですねー。こんばんは!
そして、マカロン!早速、試されたのですね!
でっしょー!これは、「マカロンって言わせてお願い」
って感じですよね。
ところでlazyMikiさんはコーヒーはブラック派ですか?
私は断然ブラック派なので、結構、甘いもの(生クリーム系は無理
だけど)は強いですよー。もともと甘いマカロンだけど、やっぱり
フルーツ系が美味しい気がするなぁ。
lazyMikiさんのブログは、私の「好きツボ」をかなり刺激しますね。
以前のものも全部、拝見させてもらいましたよー。
またコメントさせてくださいね。
  1. 2006/06/14(水) 23:21:00 |
  2. URL |
  3. c_hiyomi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆hiyomiさん、
カッコいいレイアウトが思いつけず、まーるく並べて、「とりあえずアップにしとけばいっか」な写真撮っちゃいました。
そうそう、まさに「マカロンって言わせてお願い」ですよね(笑)!

コーヒーは、牛乳ちょっと入れる派です。ブラックの時もあります。
砂糖は絶対拒否です(ダイエットとは関係なく・・・)。
そっかー。hiyomiさんは甘いもの強いんですね。外国行く時はそれ、特に良い気がしますね。私なんぞ、ウィーンのホテル・ザッハーに行った時ですら、「一番甘くないケーキがいい・・・」とかいって、ザッハ・トルテはパスしちゃったくらいです。

コメント、いつでも頂けたら感謝です。コーヒータイムのついでにでも、寄って下さったら嬉しいな♪
  1. 2006/06/14(水) 23:54:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する