本と旅とそれから 感動の江戸東京たてもの園(午後の壱)

本と旅とそれから

感動の江戸東京たてもの園(午後の壱)


午前中はよく歩きました!といっても、距離的にはさほどのことはなかったかな。でも、建物のあっちの隅こっちの隅、二階に上がれば裏にも回る・・・やっぱ、万歩計付けてきたらよかったかも。

で、お昼はここ、▲高橋是清邸(明治35)にて。
かつての大蔵大臣のお屋敷でっす。
1階の居間と仏間が休憩所になっていて、頼めばお蕎麦や甘いものも食べられます。
結構暑い日で・・・ビール飲んでしまいました。美味しかった~。

それにしても、2・2・6事件(昭和11年)で暗殺された当時の蔵相高橋是清の家で、のんびりビール飲んで、デジカメの映像見つつ、「あーこれピンボケー。」とかやってるのって、考えてみるとちょっと不思議・・・。
暗殺は、まさにこの家の二階(▼)であったこと。当時、是清の家族も家にいましたが、押入って来た軍人たちに、二階に上がってはいけない、と止められました。それでも、二階で是清が暗殺される物音が聞こえ、その忌まわしい思い出のため、事件の後、遺族が家を手放してしまったのだそうです。

間抜けなことに、肝心の「暗殺のあった部屋」を確認するのを忘れました・・・趣味悪いかしら?や、でも、「その時歴史が動いた」部屋ですから・・・次回チェックしよう。

この家の中を見て歩きながら、ちょっとだけ祖母の家を思い出しました。もちろん、こんな立派な邸宅とは比ぶべくもないごく普通の平屋の家でしたが・・・でも、この床や柱の暗めの色合いの木とか、和洋折衷の雰囲気とか・・・。祖母の家はもう建替えられてしまいましたが、キコキコとレバーで水を汲み上げる井戸や、木登りできるぐらい大きな柿の木が何本もある広い庭がありました。小さいときはよく泊まりに行ったものです。今でもたまーに、夢で行きます。

エネルギー補給もすんだので、「千と千尋」ワールド目指してとっとこ歩きます。
途中、大正時代のお金持ちの実業家の家や伊達家(宇和島の方の)江戸屋敷の門などをじっくり見て(写真がヘタだったのでここはパス)、さあ、小さな橋を渡って下町エリアへ!橋のたもとに立つのは、皇居正門石橋飾電燈(→)。
ちょっと、アレクサンドル3世橋?違うか・・・。
橋を渡るとまず、
▲万世橋交番(明治後期)
なんか、ちんまりと可愛いです。その斜向いに、

「何これ、ムーミン屋敷?」て形ですが(ちなみに、うちの「ちょっとお出かけ」距離には、ムーミン谷公園というのもあり、ムーミン屋敷もちゃんとあります。)、これは、上野消防署望楼上部というものだそうで、つまりは火の見櫓の上の部分ということですね。
(←ちゃんとバイリンガルの説明書きもあります)

もう下町エリアはすぐそこ・・・なんですが、ここでちょっとだけ時代後戻り。

▼天明家(てんみょうけ)(江戸後期)

このたてもの園のは武蔵野郷土館という博物館を前身としていますが、この旧郷土館時代にすでに移築・保存されていた農家の建物が、エリア違いのここに立っています。

ここでも七夕イベントとして、短冊書きをやっていました。勧められましたが・・・もう1週間前だったら、ワールドカップ祈願でも書きたかったところですけど、今となっては・・・トホホ。
(とかいって、字に自信がなかったんでーす。)

でも、笹竹ってとっても涼しげ。短冊の色が水色なのもいい感じ。日本人だぞーい、って感じに浸ります。


せっかくここまで長々読んで下さったのに、ごめんなさい、「千と千尋」のモデルとなった建物たちは、この後です!
続くエリアに昭和初期の下町の建物が再現されています。また、次回・・・。
関連記事
tag: 
  1. 2006/06/27(火) 20:20:00|
  2. 全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/235-2793b179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

行きたいなあ、ほんまに行きたいなあ、あの~失礼なんですけど、天明家の写真のおじさん、一瞬、ちょんまげおじさんに見えました。。。

うわ!緑発見!茶そばだわ。美味しいですよね。たべたいなあ、たべたいなあ。サッポロビールも大好き!昼から一杯ひっかけるなんて、よっぽど歩いたのですね。ぷは~うめ~って感じですね。

暗殺の部屋、気になります。なんか怖いけど、行って見たいなあ。京都には血天井とかそのまま残っていますものね。綺麗な景色と裏腹に、血天井を見ると、歴史も重さを感じます。

そうですね~笹。あ~お月様が呼んでいる・・・・(←しつこい私)
  1. 2006/06/29(木) 17:44:00 |
  2. URL |
  3. eikita711 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆eikitaさん、
ははは。あのおじさん、ボランティアの人だけど、偶然あの位置に立っていたので、笹竹の根元のところのちょっと無粋なスタンドが隠れてよかったのよん。

まったくねー、昼間っから一杯やってしまいました。Tさんはあんまり強くない割にビール好きだし、私はもともとかなり好きだしさっ。まさに、ぷは~うめ~、でしたよ(笑)!

次回は、暗殺の部屋チェックを忘れずに!です。血天井というと、「えっ、どこどこっ?」と真剣に探してしまうのと同じ心理でしょうねー。

しつこさでは私もなかなかどーして、負けまへんでー(ヘン?大体、これ大阪弁?)。
  1. 2006/06/29(木) 23:45:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する