本と旅とそれから この世の終末

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

この世の終末


終末のフール
伊坂 幸太郎 / 集英社


何とも、悲しくも心温まる中編集。
特にラストが・・・泣かせる~。

「あと3年で、小惑星が地球に激突して世界は滅びる」という状況下での人々の生き方を描いています。それにしても、どうして伊坂さんの描き出す人間たちって、みんなこうも飄々と生きているんでしょ。どろどろ、とかぐちゃぐちゃ、とは縁がなさそう・・・ていうか、「いろんな葛藤があるんだろうけど、それを感じさせない」のかな。

あとわずかな時間で世界が滅びる、という設定の小説って多分いろいろあるのでしょうが、私が今すぐに思い出せるのは、小学生の時に読んだ 空気がなくなる日(岩倉 政治 二俣 英五郎 / ポプラ社)という児童書と、高校の時読んだひとめあなたに…(新井 素子 / 角川書店)ぐらいかなぁ。

児童書の方は、戦前(だか戦中だか)とある田舎の村で、「某月某日、世の中から5分間だけ空気が消えうせる」というウワサが流れたことから起きる騒動を、子供たちに焦点を当てて描いたお話・・・だったはず。何せ縄文時代ぐらい昔に読んだっきりの本ですので。
でも、児童書だけあってこれは至ってお気楽な物語で、悲壮感は皆無、むしろ子供たちの間には、「みんなで死ねば怖くない」という気運が生まれてみんな楽しげ、てな話でした。

新井素子さんの方は、これはかなり悲壮だったような。これも昔の読書ですのでちょっとアヤしい記憶ですが・・・。
降って湧いたような世界の終末を前にして、主人公の少女が心ならずも別れた恋人のもとへたどり着こうと苦闘する、その道中に目にする様々な人間模様・・・でした。人間の醜い部分、狂った部分がかなり描かれていた印象です。

「終末のフール」にも、狂気に走る人々の様子があちこちで触れられていますが、にもかかわらず、やっぱり、夕立が上がって虹を見る、みたいな晴れやかさ、爽やかさが全編に漂っているんですよね。伊坂さんって、人間を愛してるんだな、て気がします。

あと3年でこの世の終わりが来るとしたら・・・やっぱり世界は恐慌状態に陥るような気がするし、人間の醜さ、狂気が、歯止めを無くして表面に出てくるのを目にすることになるだろう、と思います。でも、そんな中にも、やっぱり穏やかさを失わない人や、残された3年を精一杯生きよう、と思う律儀な人はいるだろう、とも思うのです。
自分は・・・うーん、気楽な身の上だし、あんまり執着はないつもりですけど・・・。少なくとも、人を殴り殺してまで生き延びるための食料を得ようとはしないはず。
・・・だってものぐさだから。

関連記事
tag: 
  1. 2006/07/11(火) 22:41:00|
  2. 2006
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/242-b0e4a46b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

おお、私も伊坂幸太郎さんの「チルドレン」を読んだばっかりです。
今は「オーデュボンの祈り」を読んでます。
伊坂さんは、石田衣良さんと村上春樹さんを足して2で割ったような感じ、と思って読んでます。
「終末のフール」は読んでませんが・・・。
ずいぶん前ですが、「ひとめあなたに」も読みました。
いきなり終末がくるから狂うのか、こなくても狂うのか、危うい人もいましたね。
  1. 2006/07/12(水) 18:34:00 |
  2. URL |
  3. hleaves #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆hleavesさん、
石田衣良さんって、まだ読んだことないんですよー。
いろいろと話題の人ですよね。どんな感じなのかな。そのうち読んでみたいです(っていう作家さんはいっぱいいるのですが・・・)。
新井素子さんは、高校生ぐらいの頃(平安時代ぐらいです)、結構まとめて読みました。最近はあんまり見かけませんね。

>いきなり終末がくるから狂うのか、こなくても狂うのか
するどい~!そうですね、「終末」を言い訳にして狂ってるみたいな人も描かれていたような。結構現実にもいそうですね、そういう人。
  1. 2006/07/13(木) 00:51:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

私も早速図書館予約してきます!

そういう時って一番人間の自我がでますよね。我こそ先に!って言うのが目立つ世の中。人を押しのけてでも前に行こうとしたり、手に入れようとしたりが平気。

義務を最小、権利は最大にっていうのが目立つ世の中になってきたような気がします。

私はどうだろうな・・・なんか、こういうときに限って変に冷静かも。
なんせ、あの大震災の時、もう一回寝た人だから。
前日夜遅くまで遊んでいて、あの日は祝日後の火曜日。仕事行かないといけない。。。すごい揺れでおきて、目が覚めて周りを見たら家中トンでもない状況でした。そして、コタツの横に布団を敷いていたから、棚をコタツが支えてくれて助かったものの、ほかは全部すごい状態。でも、布団の周りを退けて、もう一度布団をかぶって寝ようとしました。

心配した母と妹がチャリンコ飛ばして1時間後にやってきました。もちろん実家は家、店は半壊と全壊。明るくなって初めて恐ろしさに身震いしたのんきな私です。。。。
  1. 2006/07/13(木) 17:36:00 |
  2. URL |
  3. eikita711 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

「終末のフール」はlazyMikiさんの感想で俄然読みたくなりましたー!
伊坂作品は人気が高いのでなかなか回ってこないのですがリク早めにしてみます~!
後3年と期限を切られると開き直るしかないような気もしますね。
それがいっときは破壊行動に繋がったりもするのでしょうが
最後にはジタバタしてもしょうがないという気持ちに落ち着くような。
未来がない未来は想像したことがなかったなあと思いました。
新井素子さんのお話は私も学生時代に読んだはずなんですが
覚えてないんですよ~(近頃多くて困ります)
空気がなくなる日はさすがに覚えてますね。
ビニール袋やチューブが買えない貧しい子供たちは親と一緒に死ぬほうを選ぶんですよね。
結果はデマだったのでみな何事もなくて。
凄く懐かしいですね~!

  1. 2006/07/13(木) 21:05:00 |
  2. URL |
  3. mattya-genmaitya #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆eikitaさん、
おおぉ、これであなたもめくるめく伊坂ワールドへ・・・(笑)。
でも、「陽気なギャング」の続編を除けば伊坂作品の最新作なので、予約待ちが多いかもしれませんゾ。
私も、数ヶ月かけて借りたんですー。
予約といえばっ。「がばいばあちゃん」、予約した時はすぐにも借りられそうな雰囲気だったのに、こないだ確認したら、あと2~3人待ちって言われちゃいました。なんでそうなるのよぉ・・・。

震災の被害が大変だったんですね。
今さらながらですけれど、eikitaさんもご家族も、お怪我がなくてよかった・・・。しかし、二度寝しようとしたあなたの度胸、立派すぎ・・・。
でも、本当に、今の世の中、「自分だけよきゃいい」風潮がかなりあるから、「終末」がきたらどうなることか、考えたくもないです。
  1. 2006/07/14(金) 04:35:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆mattyaさん、
新井素子さん、一時本当に流行りましたよね。
私も結構読みましたが、やはりかなり忘れてます(同病相哀れむ、てことでいかがでしょう・・・)。ただ、「ひとめ・・・」は、グロテスクなシーン(風呂場で死体を切り刻むところだったような)が印象的で、ちょっと覚えてます。
「空気・・・」は、確か、「選定図書」だか「推薦図書」だったんですよ。
(まさか同年代じゃないですよね?)
そうそう、金持ちの子が、体中にビニールチューブを巻きつけて学校に来て笑いものになるところ、へんてこりんな挿絵がついていたのを覚えてます。今は、装丁が変わってるんですね。
ほんとに懐かしいですね!!
・・・と、言い合える人が見つかってちょっとウレシイなっ。
  1. 2006/07/14(金) 04:42:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こんばんは。
私も新井さんの本、高校~大学にかけて、たくさん(ほとんど全部?)読みましたよ~ lazyMikiさんもなんですね、嬉しいです!

「ひとめあなたに…」は、浮気された奥さんが、旦那の死体でシチューを作るんでしたっけ? 衝突される地球の、裏バージョンのお話(宇宙魚顛末記)というのも読みました^^

私も、もし地球最後の日になっても、他人の食糧までは奪わないですねぇ。けど、3食きっちり食べる派なので、キツそうです^^;
  1. 2006/07/14(金) 20:27:00 |
  2. URL |
  3. あつこ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆あつこさん、
こんばんは~!
ホントですか。きゃー、私も嬉しいです。同好の士を見つける嬉しさ・・・くくく、ブログって楽しいですね♪

そうそう、そんなスゴいシーンでしたね!「宇宙魚・・・」は、私も読んだ・・・ような・・・う、アヤシイ。新井素子さん、4、5年前かな、割と最近に「チグリスとユーフラテス」ていうのを読みましたが、基本的な雰囲気はあんまり変わってないみたいでした。

ふふ、私が他人の食料を奪わないのは、それが大変そうだから、ですけどね(てことは、楽なら奪うってことかな~)。水は欲しいですよね。
  1. 2006/07/14(金) 22:49:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。