本と旅とそれから コーヒーブレイク with books ~怖い本のこと

本と旅とそれから

コーヒーブレイク with books ~怖い本のこと


いつになったら梅雨は終わるのでしょう?別に暑いのが好きというわけじゃありませんけど、こう雨が続くと・・・。豪雨の被害も段々ひどくなるし。季節感が出ないとか文句言ってる場合じゃないわ。

さて。
そういうことを言う一方で、夏めいたお菓子の宣伝チラシが見つかったりしようものなら、とっとこ買いに行く。
駅前の不二家~。ペコちゃんが出迎えてくれるお店でございます。
実に日常的なお値段で(しかもチラシで割引よっ)。
マンゴープリン、美味しい♪
今週の週刊大極宮も面白い♪恩田陸さんと垣根良介さんと、二人して祇園で大酒飲みながら、何を話すのかしらー、とか。宮部みゆきさんの「ぼんくら」「日暮らし」(目下、私の宮部みゆき作品ベスト・ワン)のさらに続編の連載が開始される、とか。

で、京極夏彦さんの開口一番は、力のこもった「夏だお化けだ」。
それでちょっと、怖い本や映画のことをつらつら考えてみました。
イチゴパフェ

怖いとわかっている映画って、劇場で見るのは勇気が要ります。スプラッタものは絶対ダメ。怖いというより、気持ち悪いし、あのテのショックは不快な気も。
「怖い」っていうのは、「ワクワクする」とか「可笑しい」というのと同じに、作者が創り出すポジティブなものだと思うので、安易で原始的な手法に走られると興醒めしてしまいます。

「オーメン」の第1作目は好きです。といっても、映画館には行けなかったけど・・・怖すぎたら怖いと(?)思って。「エクソシスト」も同じ頃の映画かな?あれはあんまり好きじゃありません。
TVで何回か見ました。防御のためのクッションを抱えて。家のTVで、クッションを構えて怖い映画を見る・・・って、結構好きなシチュエーション。

抹茶パフェ

同じパターンで楽しませてくれたのが、最近はあまり放映されませんが、ドラキュラもの。クリストファー・リーですね。いろいろな作品があって、記憶としては断片的でかなりごっちゃになってます。でも、とっても怖い。ぞくぞくする・・・そして、ワクワクする。ゲイリー・オールドマンのドラキュラは、映画館で見ましたが、あんまり怖くなかったな~。
ドラキュラは、原作であるブラム・ストーカーの「吸血鬼ドラキュラ」がもんの凄く面白い!!読んだのは翻訳モノでしたが、「怖い本」という枠を取り払っても、私がこれまで読んだ本の中で「素晴らしい」と称えたいもののうちの1冊です。かなりぶ厚いのですが、最初から最後まで怖い。若い頃読んだせいもあるかも知れませんが、本当に震えがくるくらい怖かった。布団にくるまって、怖さに震えつつも、やめられない。あの素晴らしく怖い経験は、ある意味、読書するうえでの至福というものかも。



吸血鬼つながりでこれまた芸術的に怖くて素晴らしいと思うのが、小野 不由美さんの屍鬼(新潮社)。あのじわじわとした恐怖感。小さな町。閉ざされた家。何かがおかしい。何かが起こっている。何か恐ろしいことが・・・。それが何なのかわからない。でも、それは迫って来る・・・。


小野さん自身によれば、この「屍鬼」という作品は、スティーブン・キングのSalem's Lotという小説の翻案。おお、それならばと早速こっちも読み始めてみたものの・・・「屍鬼」の後だからかなぁ、あんまり怖くない。そこはかとな~く怖くはありますが・・・いまひとつ。・・・だからって、残り1/3を読み残すのはよくないと思いますけど。最後にどーっと怖くなるかも知れないしね(ないない!)。
スティーブン・キングは、あまりたくさん読んでないんですけど、今まで読んだことのある中ではPet Semataryが一番怖かったかな・・・。でも、キングは絶対、もっと怖いのがあるはず。ご存知の方はどうぞお教え下さいな。

もうひとつ、「もっと怖いかと思ったのに~」だったのが「リング」(鈴木 光司 / 角川書店)。映画のおどろおどろしいイメージが先行していたからだと思います。映画は、怖すぎると思われるので、まったく見てません。でも、TVの映画紹介番組か何かで、2秒ぐらい、例のサダコがTVから出て来るシーンを見てしまったんです。とんでもなく怖かった。効果音なんかも。その2秒がず~っと残ってました。活字なら耐えられるだろうと本を手にしたのですが、これが肩すかし。いつ怖くなるか、とどきどきしながら・・・最後まで読んでしまいました。うむむ。

なんてね。ステキに怖い本、何かないかな。
(一部敬称略)
関連記事
tag: 
  1. 2006/07/23(日) 23:14:00|
  2. 2006
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/248-19224e22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

怖い話大嫌い!怖い映画、大嫌い!お化け屋敷大嫌いです!

素敵な怖い話なんて、ありません!!!!!!!!!!

でも、美味しそうな写真と怖い話の事をちょっと書かれると、素敵に怖い話っぽくなりますね。これ、いけるかも!MIKIさん、いかがです!?

中学生の時、怖い映画を見よう!ってなことで友達が数名我が家にきて
「死霊のはらわた」を見ました。私は最初の10分でアウト!
隣の部屋で、布団かぶっていました。友達は、ビックリしたところで、頭を後ろの食器棚にぶつけていて、怖くて面白い。
枕抱えてなんて、足りません。絶対無理です!

父は大の映画好きだったようで、学生時代お弁当代が映画に化けていたようです。オーメンも見たようで、怖かったと言っていました。でも、それ以上に怖かったのは「四谷怪談」だったそうです。とってもおんぼろ映画館でブルブル震えたそうです。やっぱり、ホラーは外国より日本が勝つと思います。海外は見かけ怖いけど、日本は心底怖い。

あ~やめた!怖い夢見るやん!トイレ行かれへんやん!布団ぬれたらMIKIさんうらみますよ~!
  1. 2006/07/24(月) 23:03:00 |
  2. URL |
  3. eikita711 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆eikitaさん、
ふーっふっふっふ~~♪
eikitaさんは、いぢめ甲斐がありそうじゃなぁっ。どんなに頑張って両手で耳をふさごうとも、きゃーきゃー叫んで布団をかぶって防音をしようとも、私がアクマのような声で、あなたに怪談を聞かせてあげましょう~。

しかし、「死霊のはらわた」って、よく名前聞くけど、全然知らないんですよね。どういうシロモノなの?・・・って、eikitaさんに聞いてもそりゃムダですよね。10分しかもたなかったんだから・・・。自分で調べるしかないか。

「四谷怪談」はコワイですよねぇ!・・・ってこれも、eikitaさんに同意を求めてもダメか。いや、ホント、あれは怖い。日本の怪談って、実は怖いと思う人の心にその源があるから、逃れようがなくて、怖いんじゃないかなー。

さー、eikitaさ~ん、安眠して下さいよぉ~♪
  1. 2006/07/25(火) 00:09:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

死霊のはらわたは、サムライミ監督のデビュー作です。
低予算のB級ホラーでも十分に質の高い映画を作ることが
できることを証明した、ホラーの傑作とのうわさです。
ハリウッド版”呪恩”のプロデューサーでもありますよね。

あまりホラー映画は見ないのですが、Kingのものはすきで
よく読んでました。映画も見ています。デッドゾーンや、ショーシャンク
スタンドバイミーは良い映画だと思います。

ほんとに幽霊もので怖いのは初期の
Salem's Lotやシャイニングくらいで、日本人の感覚として
それほどでもないと思います。
しいていえばITが一番怖いでしょうか?
最近は”ドリームキャッチャー”は面白かったとおもいます。
途中で挫折して読んでないのも多いですけど。

小野 不由美さんや京極夏彦さんは、相方が読んでいるのですが
私は読んだ事ありません。映画は京極夏彦さんDVDで見ました。
  1. 2006/07/25(火) 20:29:00 |
  2. URL |
  3. bullet4071 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

美味しそうなスイーツとともにホラー話(笑)
lazyMikiさんは怖さを軽減する術を心得てらっしゃいますね?
お見事!
ホラーものが苦手なので本は読んでないのですが友人に引きずられて映画にはよくいきました。
ペットセメタリーも映画で見ましたし。
(でもこれはそんなに怖くないほうだと)
リングはですね、個人的には松嶋奈々子が主演した映画ではなくて
先にビデオで映像化されていたもののほうがお勧めです。
主演も男性で原作に近いつくりなんですよね。
すっごく怖いんだけど、物語の面白さはmこちらが断然かなと思います。

一番怖かったのは「パラダイム」というホラーですね。
最終公演の最終上映を見たためにお客が自分達以外に2人しかおらず。
それはもう人気のない映画館でのホラー映画の迫力を満喫させていただきましたとも!(したくなかった)
小野不由美さんでは「黒嗣の島」というのもあったような。
こちらもホラーとはいえないですが怖いお話しでしたね。
怖がりのクセに読みたがりです。
防御のクッションはlazyMikiさんのお姿がに見えるようです!
私も怖い映画を家で観るときはそうしようかな・・・・。
  1. 2006/07/25(火) 22:33:00 |
  2. URL |
  3. mattya-genmaitya #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

怖い映画、私もスプラッタは見れません(><)
最近見た中では「SAW」が怖かったです。恐怖シーンは見れませんでした。「8ミリ」も怖かったです。

怖い本ですかぁ…スティーブン・キングは怖そうですね。
昔、「恐怖新聞」という怖い漫画があって、流行っていたけど読めませんでした。どうも怖いのは苦手です^^;
  1. 2006/07/25(火) 22:40:00 |
  2. URL |
  3. あつこ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆bulletさん、
なんか、「おしえて伝言板」みたいで嬉しいです。
そうでしたかー、「死霊のはらわた」は名作なんですね!(eikitaさん、名作見逃しちゃいましたねっ。)

キング原作の映画は多いですよねー。多分、あまりそうと認識せずに見てるのもあるんじゃないでしょうか。「スタンド・バイ・ミー」は見ました。「シャイニング」・・・って、あの、ジャック・ニコルソンのおっかないアレですか?断片をちょっと見たことあるだけですが、怖すぎ~!!

ITはそのうち是非読みたいと思ってます。鬼ごっこの鬼のことなんだそうですね。何か、それを聞いただけでも怖そう。
「屍鬼」は、キングの原作(?)を超えてるように思えました。私はこれのパロディ(by京極夏彦)を先に読んだんですけど。
  1. 2006/07/25(火) 23:39:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆mattyaさん、
あ、そうなんですか?映画の「ペットセメタリー」ってあんまり怖くないんですか。キングの原作は結構怖かったですよぉ。
生き返ったペットたちは、みなどこか「邪悪」だった・・・ぞぉぉ~~(笑)!!

夜の映画館に二人きりでホラー映画ですかっ。
恋人とならいいかも知らんけどぉ・・・怖そうですよ、それって。
「リング」に、別バージョンがあったんですか。どっちにしても、サダコが出てくるんだったら、私には怖すぎてダメですよぉ。本では、あんなふうに女の人がTVからズルリと這い出して来たりしないもの(ちょーど、そこの2秒を見ちゃったんです)!うー、思い出すだけでまた怖い。

ささ、ご一緒にクッション抱えておっかないワールドへ参りましょ(笑)♪
  1. 2006/07/25(火) 23:48:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆あつこさん、
「SAW]ですか。「SWAT」じゃないんですね(当たり前じゃ)。
興味わいちゃった。調べてみよっとぉ!「8ミリ」も知らない・・・あつこさんも結構怖い映画をご存知なんですね。何だか見かけによらない感じ(笑)。人気映画とか、文学的映画がお好きなのかなーと思ってました。

「恐怖新聞」って・・・余談ですけど、「陽気なギャングの日常と襲撃」で、笑える小道具に使われてます。そういえば、うめづかずお(漢字、忘れてしまいました)の漫画って怖かったですね!むかーし、いくつか読みましたが、夜になると読んだことを後悔したものです!
  1. 2006/07/25(火) 23:54:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

名作?!お~こわ!
あれが名作なら見ない方が良いです。絶対見たくない。

あのビデオ事件の数年後、ダイエーで電化製品を見ていました。でね、そこでなにやら映画していたんです。なんやろ・・・ちょっと怖そうやな。。。

って思ったら、落ち葉の中からいきなり手が出てきて、足を捕まれるシーンだったんです。それ見て、私は立ちながら、ビクッとからだが動きました。まさしく死霊のはらわたでした。
あの時、友達が頭を打ったシーンはここに違いない!と思いました。

おっかなくて、そそくさと逃げて帰りました。

スタンド・バイ・ミーは大好きな映画です!中学生の時見に行きましたが、初めて2回みた映画です。何度見ても、大好きな映画です。

僕は君の味方だよなんて、stand by meには色々な意味が含まれているのですね。英語も奥深い。。。
  1. 2006/07/27(木) 23:07:00 |
  2. URL |
  3. eikita711 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆eikitaさん、
まあね~。私も、あんまりショッキングな怖さは得意じゃありません。
心臓に悪いし。じんわ~り怖いのがいいよ

そういえば、横溝正史の映画も怖かったねぇ!思い出しちゃった。
私の好みというにはちょっとおどろおどろし過ぎる感もありましたが・・・。
最近またリメイクされたりしてるけど、それもまた興味深いですねー。

実は、「スタンド・バイ・ミー」はちゃんと映画館で見たんだけど、いまひとつインパクトがなかったんですよぉ。みんな、あれはいいって言うのに・・・なぜに私にはウケなかったのか・・・(泣)。

しかし英語は・・・今日はインド人の英語に泣かされました。
  1. 2006/07/27(木) 23:25:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こんにちは。前から読もうと思っていた「屍鬼」を読んだので、
トラックバックさせていただきました~。
怖かったけど…、怖いだけでなく良かったです!
  1. 2006/08/21(月) 17:15:00 |
  2. URL |
  3. yurinippo #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

はじめまして、yurinippoさんのところでお名前拝見して遊びにきてしまいました。
私も本好きですのでいろんな方のレビューを読むのを楽しみにしています。
これからも遊びに来させてくださいね。

それとそれと、Salem's Lotってもしかして邦題「呪われた町」じゃなかったですか?
読みたいと思っていたんですよ~
スティーブンキングものは結構読んでいるので、たぶんこれを読み終わってから私もyurinippoさんに続いて屍鬼も読んでみたいと思います。

では~
  1. 2006/08/22(火) 17:39:00 |
  2. URL |
  3. lazybug #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆yurinippoさん、
私もTB頂きました!
そう、実はあれは怖いだけの話では「全然」ないんですよね。
なのに、私はまずあれの骨に響くような怖さが大好きなのでした!
結構単純な私。
  1. 2006/08/22(火) 20:22:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆lazybugさん、
ようこそ!!是非これからご一緒にlazy道を歩みましょうねっ(なんなんだか・・・)。
「読んだ本」の100倍ぐらいのスピードで「読みたい本」が増えていく現状ではありますが、これからも本の話題をできるだけ書きたいと思っています♪

そう、そういう感じの名前だったと思います!
私の場合、最後がちょっとだけ残ってしまっているのが問題ですが・・・。でも、「屍鬼」はとっても気に入ってます。是非是非!

私の方こそ、これからも仲良くして下さいね。
  1. 2006/08/22(火) 20:44:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する