本と旅とそれから コーヒーブレイク with books(8月) ~待ち本来る

本と旅とそれから

コーヒーブレイク with books(8月) ~待ち本来る


ホントはもう9月ですけど。部屋のカレンダーはモン・サン・ミッシェル(MSM)。
えっと思うくらい、朝はひんやりする風が吹くようになりましたが・・・。
こうして「私のパリ」はどんどん遠ざかっていくのね。ぐっすん。
ま、いいや(その程度か?)。

今回のお菓子は、旅行土産ばっかり。
パンはとんでもなく固かったけど・・・クッキー(▲)も結構タフ。あんまり甘くもない・・・。うーん、もしかして、ポワラーヌと私の間には、思想の違いがあるのでは・・・(大げさ)。

さて、やっと。ずい分長いこと待たされていた本がやって来ました。
砂漠
伊坂 幸太郎 / 実業之日本社

別に、でかでかと写真を載せなくたって全然構わないんですけど。なんちゅう表紙でしょ。
もう伊坂幸太郎さんの本は全部読んでしまったことになるんだな~。今の段階で出ている本は、ですが。この「砂漠」が、最後の1冊だったんです。

いい話でした。友情、青春、学生生活。
読んでいて宮本 輝さんの「青が散る(文芸春秋)」のことがちらちらと頭に浮かびました。あれも、この三つの言葉の元に展開していく小説でした。
でも、全然リズムが違いますが。これが、年月の差(「青が散る」の初版は1982年)、あの頃と今どきの若者の差、かしら。

それにしても、第135回直木賞、受賞作はこの「砂漠」を凌ぐというわけですか?
「砂漠」の中で、若者のひとりが言うんです。「売れる小説の条件とは・・・ユーモアと軽快さと、知的さだ。洒落ているだけで、中身はない。」何となく意味深長。伊坂さん、誰かにそう言われたのかしら。でなきゃ、ちょっと自虐的に言ってみたかな?伊坂小説をけなそうと思ったら、まさにそう言えばよさそうだもの。直木賞の選考委員の誰かは、伊坂氏の小説は、その世界にハマることのできた読者には素晴らしいが、そうでない者にはわけがわからん・・・みたいなことを(ちょっと違ってるかも)言ってたし。
自分がこれだけ「いい!」と思う作品に、全然共感しない人がいる、しかもそれが別に少数ではないらしい、という事実が、頭ではわかっても、なんか納得できない・・・はぁ(タメイキ)。

「砂漠」、よかったです。最後に「セドリック」が跳ぶとこ、好きだなー。「E.T.」の自転車が飛び上がるシーンみたいな感動でした。

あ、そういえば「陽気なギャングの日常と襲撃」(祥伝社)のことをずっと書き忘れていました。
あの本は・・・とにかく、スカッと笑いたい時、でもって、ちょっと舌打ちして、「ったく、この人(=伊坂さん)って、どーしてこうにくいセリフを言わせるかなぁ!」みたいな感覚を味わいたい時、いいですねえ。知的・・・っていうか、心地よい頭の良さ。あなたの頭の良さが好き。私を笑わせてくれるから、ですよ。


▲帰りにシャルル・ドゴール空港の免税店で買ったチョコレート。食べるのは主としてチョコレート好きの母ですが。ヨーロッパのチョコは美味しいので、私も時々つまみます。全然フランスじゃないですけどね。

それにしても8月は、旅行のせいも一部あって、ほとんど本が読めませんでした。
"The Second Mrs. Gioconda"も、楽勝で旅行前に読み終えられるだろうと思っていたけど、結局読み終えたのはつい先日になってしまったし。・・・ダ・ヴィンチ関連ではあるけれど、まあ、さほどのことはなかった、というのが正直な感想です。

「ゲド戦記」は、ここのとこずーっと持ち歩いているのですが・・・結局1巻目のほとんど頭から読み直すことにしてしまったので、なんか、いつまでたっても進まない。自分の本だっていうのもいけないんですよね。期限をきられないと身が入らないから。そんなことより、「ゲド」と「パイレーツ」は映画に行かねば。終わってしまう!(でも、来週は映画に行っているヒマがなさそう。私がこんなに働くとは、今週・来週はヘンです。)


左は、お初の作家さん、森博嗣氏。文庫の方はしのちゃんが貸してくれたものです。大きい方は図書館の本ですが、こちらがまずしのちゃんオススメだった方。というのも、この迷宮百年の睡魔は、しのちゃんによればモン・サン・ミッシェルが舞台のモデルだとか。確かに、目次を見れば第一章が「海はいかにして押し寄せたか」ですもんね。いかにもMSMだ。すっごく面白そうでとっても読みたい。

右は、「佐賀のがばいばあちゃん」(島田 洋七 / 徳間書店)。図書館に予約を入れた時は、映画もあってちょっと話題の本だったんですが、もう過ぎたかな?まあ、私は話題性は気にしない方なのでいいのですが。思ったより手に入るのに時間がかかりましたが、こちらも楽しみです。
(←)MSM名物ということで、お土産の定番、プーラールおばさんのガレット(クッキーの一種)。買ったのはパリのボン・マルシェですけど。
美味しいけど・・・うーん、「鳩サブレー」の方がずっと美味しいと思ってしまう私って・・・。比べるのが間違ってるのかな。このプーラールおばさんはMSMのもうひとつの名物オムレツも考案しているようですが、こちらも・・・彼女と私の間には、思想の違いがあるのでは・・・(大げさ)。


信じられない今週と来週の私の勤勉ぶり。らしくない。
本が読めない、映画に行けない、ブログで遊べない。だ~~~っっ(癇癪)!!

関連記事
tag: 
  1. 2006/09/02(土) 21:05:00|
  2. 2006
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/261-f8cafa83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

こんばんは♪
おぉ…おみやげ!!
チョコにクッキー…美味しそうです^^
プーラールおばさんのガレット、私も買ってきた人です♪
それも3種類♪
私はギャラリー・ラファイエットで購入してきました。
日本で買うよりすこぶる安かったので。
で、鳩サブレ…たしかに、鳩サブレ、美味しいですものね。笑
このシリーズのチョコがけのやつ、けっこう美味しかったですよ~^^
私もそういえば、この頃とんと本を読んでいません…
ゆっくり読書、したいんですけどね☆
ハリー・ポッターもまだ読んでいないですし…
それなのに、今日はDVD、買ってしまいました。
UNDERWORLD2…好きなんです^^
明日はゆっくり、コレを観ます♪
で、また読書が遠のく…な私です。笑
また来ます~♪♪
よい週末を^^
  1. 2006/09/03(日) 00:18:00 |
  2. URL |
  3. epais_bleumer #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆kanaさん、
こちらにも来て下さってありがとう?
クッキーって、海外旅行のお土産に買うことは今まであまりなかったのですが(割れるから)、今回は違いました。

ガレット、3種類?!
というか、プレーンなのはいくつか種類があるのは知ってましたが、チョコのがあるとはまったく知らなかった~!
チョコが片面塗ってあるのかな(マクビティみたく)?
それに、「日本で買うより」って、日本で売ってるんですか!
それもまったく知らなかった・・・はは・・・。

UNDERWORLDって、私は知らないのですが、地下モノか海中モノっぽいタイトルですね。興味興味♪
今週は(私らしくもなく)超多忙で、映画に行く時間はどうもなさそうなのですが、本は、電車の中で(ここは実に読書が進むんですよ~)できるだけ読むつもりです!ゆっくり・・・とはいかないんですけどね。
kanaさんも、楽しい終末を!是非またおいで下さいね。
  1. 2006/09/03(日) 07:23:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

あー今回も図書館で借りてきている本が、かぶってます。
”砂漠”です。あと石田衣良の”東京DOLL”と
”Forty 40”そらから写真の本2冊。”青が散る”とにているのですね・・・
宮本輝も好きな作家です。

それにしてもチョコレートいっぱい買いましたね、リンツですか?
  1. 2006/09/03(日) 10:46:00 |
  2. URL |
  3. bullet4071 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こんばんは。
クッキーの写真がすごく美味しそう♪
やっぱりアップがいいですね。

本もいろいろ読んでらっしゃるんですね。自分の本だと後回しに…
っていうところが面白いです。なんか安心するんでしょうね。

パリのブログも読ませてもらってます。写真がすごく綺麗ですね。
そして、たっぷりクリームが、笑えました。私も無理です(笑)
  1. 2006/09/03(日) 18:34:00 |
  2. URL |
  3. あつこ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

最後笑ってしまいました(笑)

ゲドは、映画あんまりらしい。本を読んだのであれば。まあ、本読んだから映画は・・・っていうパターン多いですよね。

ポワラーヌのサブレ駄目ですよ~
マックス・ポワラーヌのサブレは当たりです。
ちなみに、パンもマックスの方が断然上でした。私の場合。

帰りにフランスにいた友人(シェフ)と一緒に行った友達と3人でマックスとポワラーヌのサブレを食べ比べして、3人ともマックスに3票でした。

がばいばあちゃん来たんですね!この作者の今の様子を知らなければ温かい本だと思います!でも、これを読んだ後作者を見たとき、いきり過ぎ~!でガラガラと本のイメージが崩れ去りました。フィクションとして読まれるのが一番!
  1. 2006/09/03(日) 20:53:00 |
  2. URL |
  3. eikita711 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆bulletさん、
え、「砂漠」、bulletさんも?奇遇ですね!
もしかして、伊坂幸太郎さんの本、お好きですか?
石田衣良さんて、どうですか?まだ読んだことないんですが・・・。
宮本輝は、あまりたくさん読んでませんが、「青が散る」は、輝ける青春小説・・・て感じで好きでした。

あのー、一応念のためですけど、あのリンツ(そう、リンツです)のチョコ、ミニ・チョコの詰め合わせですよ。ひとつひとつがフルサイズの板チョコだったりしませんからね(包装がフルサイズのとよく似てるから・・・)。
それと、正式名称を知らないモーツァルト・チョコ。極うまです。

あ、例のMoMAのモネ、私もネットで見てみました。
1920年なのに、あの絵は色彩が崩れてませんね。目を患う直前なのかな。美しいですね。
  1. 2006/09/03(日) 21:31:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆あつこさん、
パリの話も読んで下さっているんですか!うっ、嬉しいっ。
だらだら書いてしまっていますが、是非これからもお時間のある時に寄ってやって下さいね!

クッキー、実物より大きく写ってますね。
光の当たり具合がいまひとつですね・・・。

そう、自分の本とか、無期限で貸してもらってる本とかは、ついつい後回しになっちゃうんですよー。図書館から借りた人気の本だと、「この本は後に予約の方が続いています。延長はできません」なんていうしおりが入ってるので、頑張って読むんですけど・・・。
  1. 2006/09/03(日) 21:36:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆eikitaさん、
来週(今週?)は、六本木のグランド・ハイアットに日参でございます・・・タメイキ。夜も入ってる日もあるし・・・タメイキ×2。

ポワラーヌに「マックス」バージョンがあるなんて、誰も教えてくれなかったよぉ。美味しいものを逃したと思うと口惜しいです。次・・・っていつあるのか知らないけど、トライしたいです!

島田洋七さん、でしょ、漫才師の?
私はあの人のことは結構昔(かつての漫才ブームの頃)からTVで見てるから、もうああいう喋りには慣れてしまったけど。
個人的に知り合いになりたいとは思いませんけどね。
本は楽しみですよん♪
  1. 2006/09/03(日) 21:44:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

何で「砂漠」は直木賞取れなかったんでしょうねぇ。おかしいなぁ…。
私も森博嗣これから読もうと思っていて、(京極夏彦のパロディ読んで興味がわきました)、ゲド戦記も大学生協に注文中(店舗改装中で取りに行かれない…)でございます。^^

それにしてもチョコレート美味しそう。リンツもモーツァルトチョコも大好きです☆
クッキーはいまいちでしたか…名物に旨いもの無しと言いますが、遠くで買ってきたのが美味しくないとがっかりしますよね。
Mikiさんの写真ではとっても美味しそうなんですけどね!
  1. 2006/09/04(月) 11:08:00 |
  2. URL |
  3. yurinippo #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆yurinippoさん、
ねー、「砂漠」、取って欲しいような作品ですよね。
京極さんの「パロディ」って、「どすこい」ですか?
あれに森さんの作品、入ってましたっけ!私、「屍鬼」が、「どすこい」のパロディから興味がわいて読んだ本です。
「ゲド」はどうなることか・・・。

クッキー・・・いろんな人が、美味しいって書いておられるクッキーなんですが、どーもなぁ・・・。でも、私の味覚って、自慢したいくらい当てにならないので、まったく自信はありません。
ポワラーヌにも、二種類あるみたいですし。むむ。
  1. 2006/09/05(火) 21:15:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

はじめまして。
私もプーラールおばさんのチョコレート大好きです!!!
実はオーストリアのお土産でモーツァルトチョコ(写真で紹介されている)を貰って食べたらすっごく美味しくて、日本でも手に入るのかなーと思っています。
あのチョコレートの名前ってわかりますか?
  1. 2006/09/08(金) 16:32:00 |
  2. URL |
  3. リュリュ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆リュリュさん、
はじめまして&ようこそ♪
えっと、あのチョコの名前、モーツァルトクーゲルン(MOZARTKUGELN)というらしいです。メーカーはミラベル(Mirabell)というところ。
HPは www.mozartkugel.at です。ドイツ語と英語のページがありましたよ。
日本でも売っているのを見たことあります。どこでだったかははっきり覚えていないけど・・・輸入もののチョコを扱っているところだったら可能性ありそうです。美味しいですよねー、中が何層にもなって、いろいろ入っているのがいいんですよね~(うっとり)。
よかったら、これからも覗いて下さいね、お待ちしてます!!
  1. 2006/09/10(日) 10:58:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する