本と旅とそれから コーヒーブレイク with books(10月②) ~シリーズ本のこと

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コーヒーブレイク with books(10月②) ~シリーズ本のこと


これって、何をやってるかといえば、「最近私、こんな本を読みました」+「最近私、こんなおやつ食べました」をネタにしたダベリですね・・・。おやつの方は、おまけの画像と思ってるんですけど、最近は段々幅を利かせてきてるかしら・・・。お付合い下さる方、本当に感謝してます。

     ▼LENOTREのシューケット            ▼叶匠壽庵のくりきんとん

シューケット、パリのボンマルシェで買ったのがすっごく美味しくて、いきなりファンになりました。日本では売ってないのかなーと思っていたら、LENOTREで見かけたので即、買い。ボンマルシェのの方が小さくて、カリッとしてて好みでしたが、こちらもまあ美味しかったです。
叶匠壽庵のくりきんとん、京都の老舗のお菓子は上品な味。割と淡白な、「この味がわかんなきゃ、栗が好きとは言わせまへんえ(京都弁、ヘンですか?)」みたいな味。


さて、前回のcoffee break以降、結構頑張って読んだ気がしていたのですが、振り返ってみると、それほどでもなかったようです。
女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN
迷宮百年の睡魔
どちらも 森 博嗣 / 新潮社

私にとって初、森作品。先日恩田睦デビューも果たしたし、少しずつ読む本の幅を広げていきたいな。
この森さんの2作、シリーズものです。「迷宮~」の方は、友人しのちゃんが言った通り、モン・サン・ミッシェルが舞台。名前は変えてありますが、読めば一発。主人公が最初に島に到着した時、島内の細い道をうろうろするところが、自分の経験と重なって、ぐっと身近。
この2作、主人公とそのアンドロイドのパートナ(「パートナー」と表記しないところが理系って感じです)が、それは独創的。1作目より2作目の方が一層リズムがよくなってて、二人の会話の独特のリズムなど、伊坂さんの作品を初めて読んだ時の楽しさをちょっと思い出しました。

▼大好き一六タルト。
別に四国土産じゃなくて、近くのスーパーで買ったんですが。

その他読んだ本、読んでいる本、図書館から借りている本、そして今リクエストを入れている本のほとんどが、偶然なのかシリーズ本の最新刊。例えば、
狼花 新宿鮫IX
(大沢 在昌 / 光文社)

(←)きっと、この本借りるのは、私が一番!どーってことないけど、ちょっと嬉しい。

5年ぶりかな?新宿鮫の新刊。出ると知って発売の5日前ぐらいに図書館にリクエストを入れたら、発売後約1週間で借りられました。うちの図書館の場合、これはほとんど奇跡的。同じことやった京極さんの「邪魅の雫」は、まだ全然ですもの。
鮫島警部は5歳年とってはいないようです。今作は・・・ん~、まあまあ、てとこかなぁ。
私これの前の風化水脈 新宿鮫VIIIがすごく好きだったんです。ほとんど主役みたいだったやくざの幹部が「真壁」という名前なんですが、この人が気に入ったあまり、同じ名前の高校野球のピッチャーまで応援したという(私、さほどの高校野球ファンじゃありませんが)・・・。
それと比べると、あまり思い入れられるキャラがいなかったかな、今回。

▼鎌倉五郎本店「半月」。可愛いうさぎがついてます。ちょっとピカチュウみたいな顔。瓦せんべいとゴーフルを掛けたようなお菓子。


それから、
水冥き愁いの街―死都ヴェネツィア 龍の黙示録
篠田 真由美 / 祥伝社

篠田さんのこのシリーズ、長さにかなりの違いがあるものの、グイン・サーガ化しそうでちょっと心配。表紙・挿絵が同じ丹野忍さんなので、イメージがダブるのでしょうか・・・。マンネリ化しないでね(すでにしている、というキツイ書評もちらほら目にしましたが・・・)。
ちなみに、同じ篠田さんの建築探偵シリーズ最新刊「聖女の塔」は、リクエスト待ち。これも、同様の心配。ちゃんと落としどころは見極めてあるんでしょうか・・・。プロの作家さんなんだから当たり前かも知れないけど、心配になっちゃうんです。

(←)ご近所川越の「芋きみしぐれ」。
京都のお菓子などと比べると、いかにも垢抜けしない感じですが、素朴です♪ほんのりお芋の香りがします。


この他今リクエストを入れているのが、浅田次郎さん「中原の虹 第一巻」と中山可穂さん「ケッヘル〈上〉〈下〉」
「中原の虹」は、あの「蒼穹の昴」の続編だ、みたいな宣伝文句を読んで、「きゃ~!」とリクエストを入れたら、もうすでに予約の列が出来ていたようです。この同じ列が、そっくり第二巻以降にも移動していくんだろうなぁ・・・。
「ケッヘル」は、時々お邪魔させて頂いているtmk_hysさんのブログで、今年読んだ中では一番かも、とあったのを見て読みたくなってしまいました。誰かのイチオシに弱い私。でも、まだ予約待ち。

で、肝心の今読んでいる本はといえば、"The Farthest Shore"・・・相変わらず「ゲド戦記」。でも、面白い。ここからが、ジブリアニメとかぶってくるところです。
それからまだ読み始めていないけど、宮部みゆきさんの「ドリームバスター」。これ自分でも呆れて笑いが出るんですが、「ブレイブ・ストーリー」と間違えて借りてきたんです(^^;
カタカナの書名なら何でも一緒かい。

というのがここのところの、私の読書(とおやつ)。


関連記事
tag: 
  1. 2006/10/22(日) 22:16:00|
  2. 2006
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/283-0ad7e812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

ずいぶん並行して読んでますねぇ~~
私も何冊か同時進行するタイプで珍しがられるんですが、Mikiさんには負けそう(笑)
ドリームバスターでぷっときてしまいましたが、私も常野物語の関連の本を検索している時に「蒲公英草紙」ってキーワードを入れるつもりだったのに何故か頭の中で「弟切草」って出てたんですよ。「草」しか合ってないっつーの。

シューケットってたぶん食べた事ありません。気になるなぁ~
  1. 2006/10/23(月) 13:13:00 |
  2. URL |
  3. lazybug #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こないだ川越のお芋のお菓子(名前は忘れた…)いただいたの美味しかったなぁ。シナモンの香りがして…。叶匠壽庵の栗きんとんも美味しそう!と例によってお菓子に反応するとこから始まります。^^;

私も今、森博嗣「すべてがFになる」(これ京極夏彦が「どすこい」でパロってるやつ)読み始めるとこなんですけど、楽しみです~。パートナ、は確かに理系っぽい言い回し。プリンタ、とかね。そしてゲド戦記は相変わらず進んでおりません…。
Mikiさん、新しい本の情報を次々仕入れて、ちゃんと借りてくるなんて、
やっぱり行動派じゃないですか!!

  1. 2006/10/23(月) 18:29:00 |
  2. URL |
  3. yurinippo #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆ayakoさん、
大抵いつも3冊は並行してます。①単行本②文庫本③ペーパーバック。
でも、うちの図書館は、文庫本の品揃えがいまひとつなんですよ。
田舎で通勤電車に乗る時間の長いユーザーが多いんだから、同じ本でも単行本と文庫本を両方入れるようにして欲しいです!
「ドリームバスター」、気付いた時は自分で笑いました。
映画になったばかりの人気本が棚に並んでるわけないのにねー。

シューケット、中は何も入ってないの。
でもほんのりお砂糖が甘くて、「かしゅかしゅっ」て食感が良いです。
日本ではまだあまり見ない気がしますが、ルノートルにはありました♪
  1. 2006/10/23(月) 22:07:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆yurinippoさん、
あ、わかるわかる、川越のシナモンの香りのお芋のお菓子!
多分、「黄金芋」じゃないかな・・・?時々買ってます。

森さんの本、次はどれにしたらいいんだろーと思ってました。
私も、「すべてがFになる」にしようかなっ。
「どすこい」に入ってましたっけ!
でも、「パートナ」とかは最後の「-」がないんだけど、付いてるのもあって、統一はとれてないみたいでした。
でもこれ、ホント面白かったです!
や~、本の情報だけはネットとブログのおかげで次々入ります。
入りすぎて、情報「処理」というか、「読む」方がはるかに遅れてます(^^;
  1. 2006/10/23(月) 22:12:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ちょっとちょっと、MIKIさん!
タルトね、一六が有名だけどしっとりして美味しいのは、六時屋です~!
http://www.rokujiya.co.jp/
これは松山にしかないんですよ。めっちゃ美味しいですから。絶対ここです!

MIKIさん、よーさん本を読んでいますね~すごいわ。
なんか私は最近読んでないです、音楽ばかり聴いています。
買った本もそのまま・・・とほほ

半月大好きです!分厚くてすごくおいしかったな~ゴーフルは薄いけど半月は分厚くて食べ応えがあると私は思います、はい。
  1. 2006/10/23(月) 22:43:00 |
  2. URL |
  3. eikita711 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

うわ~いっぱい読まれてますねv
私も銀英伝が終わった後には図書館通いしようと思ってます。
とはいえ少しだけは借りてきてるんですが
なかなか読む暇がなくて…。
新宿鮫シリーズは特に読み直そうと思ってる作品ですv
一番初めに借りられるってやっぱり気持ちいいものですよね。
私も一度は体験したいですvv
お菓子も美味しそうですねv
京都の老舗の叶匠壽庵のくりきんとんvv
栗好きにはとっても惹かれます~!
京都の和菓子は甘すぎず、淡白でも印象に残る美味しいものが多いですよねv
  1. 2006/10/23(月) 23:27:00 |
  2. URL |
  3. mattya-genmaitya #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆eikitaさん、
やだっ、そーゆーことは、私が四国に行く前に言ってくれなくちゃっ・・・とふと考えてみれば、いまだ四国の地に足を踏み入れたことのない私なのでした。
なんだ、そうなの?私、「一六タルト」っていうのが独占ブランドなのかと思ってたわ~。教えてくれてありがとうございまーす。
でも、松山にしかないって・・・あ、お取り寄せってテもあるわね・・・。

eikitaさんが音楽に浸るように、私は本を読んでるんですね、きっと。

あ、半月、好きですか?
そうそう、食べ応えがあるのよね!ゴーフルよりしっかりしてます。
あずき味と抹茶味とあるけど、やっぱ抹茶の方が好き?
私はどっちかというとあずきでーす。
  1. 2006/10/23(月) 23:28:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆mattyaさん、
どうぞどっぷり「銀英伝」に浸って下さいな~。
私も時々読み返しますけど、やっぱヤンやロイエンタールが死んじゃうところはつらくて読めないよぅ。キルヒアイスは割りと平気。

「新宿鮫」シリーズは、比較的最近(といっても2年ぐらいになりますけど)まとめて読んだので、幸いまだ忘れてません。
だから、5年ぶりの新刊といっても、他のファンの人ほどは待ってないんですけどね。

来月京都に遊びに行くので、和菓子三昧したいです~!!
  1. 2006/10/23(月) 23:35:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。