本と旅とそれから 「日本大好きガイジンさん」と一緒に

本と旅とそれから

「日本大好きガイジンさん」と一緒に


つい先日、日本語が達者なシンガポール人テオさんに付き合って、仕事の後で東京駅の八重洲口前にある「京都館」に行くことになりました。
ご存知の方も多いと思いますが、ここは要するに京都観光局の出店みたいなもので、京都関連の工芸品や食品が買えたり観光情報がもらえたりする、京都ファンにはたまらないところ。
しかし、このテオさんという人。来年(て、まだ結構先ですが、中国系なので、その風習なのだそうです)結婚されるということですでに新居を決めたのだそうですが、そのインテリアを思いっきり和風にしたい、という大の日本ファン。
日本語のボキャブラリも、こっちがたじたじするほどのスゴさ。
「富士山登ったことありますか?ボクはあります。山開きの日に登って御来光を見ました。」
「帯を買ったんですよ。西陣織りの。あと、『たんす屋』で古着ですけど打掛を買いました。」
「家に坪庭を作りたくて。枯山水だと水を使わなくていいから省エネですよね。」
ふ、富士山登ったことないです、ワタシ・・・。
日本の物も、すでにあれこれ買い揃えて一通りは持っているとか。で、今探しているのが・・・

▼コレ(Photoshopまだ上手く使えないぃ・・・)
最初、「扇型のクリップ」と言うので、なんのこっちゃと思ったんですが、よく聞いてみたらこれ。
新居の居間に、その打掛をディスプレイしたいんだそうで、そのために必要だとか。

「これ、日本語では何て言うんですか?」・・・って・・・わ、わからない(^^;

いやそもそも、着物が掛けてあるモノも、何という名前だったか・・・。日本人としても、言葉を扱う職業の人間としても、冷や汗。
で、京都館。いつ来ても京都モノがたくさんあって楽しい♪その奥に、友禅染めとおぼしき着物のディスプレイがあるのを見つけた私たち、早速お店の方に質問。
   ▲衣桁。右は帯用のスタンド。
その結果、着物を掛ける大きなアレは、「衣桁(えこう)」という名称だと判明。が、お店の方もクリップの名前はご存知ありませんでした。
「衣桁も欲しいんですよ、ボク」と言うテオさん、でも値段を聞くと15万円ぐらいするのです。
しかも、分解してもまだかなり大きいし重いものを、シンガポールまで持って帰るのが・・・。
熱心な外国のお客さんの姿に感動したらしき京都館のスタッフの方々、テオさんの質問に応えて衣桁のサイズを測って下さったり、部品を見せて下さったり。テオさんもネバる・・・。

クリップの方はどこに行けば買えるのか、依然不明。
テオさん、すでに日本橋のデパート呉服売場はすべて調査済みです(^^;
近かったので東京駅大丸の呉服売場にも行ってみましたが、ここでも「え?これは売り物じゃなくて・・・衣桁とセットの備品なので、バラ売りはないんじゃあ・・・」というお答え。

テオさんとはここでお別れしましたが、「調べてみるから、わかったらメールするね!」と約束した私、キモノ好きとしては頑張らねば!とネットで調べてみると、ありますあります。
名称は「飾りクリップ」でしたけど。2個セットで5,000円ぐらいだ・・・。
週明けにでも、早速テオさんにメールしてあげよう。

関連記事
tag: 
  1. 2007/02/10(土) 21:51:00|
  2. 全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/347-1b7372bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

飾りクリップを使っているので、着物の形を崩さず、展示できるんですね。納得。海外の方達と付き合っていく中で、日本の文化や風習の再発見という経験が、私も少しあります。いつも何気なく使っている言葉の中にも”それ”はあって、例えば、食事の前の「いただきます」は、命を頂きます(食べます)という感謝を表す言葉なんですよね。意味を知らずにず~っと使っていました。
  1. 2007/02/11(日) 01:30:00 |
  2. URL |
  3. オルサ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

外国の人のほうが、日本文化に詳しかったりしますよね。
興味があるから、日本に来るというのもあるだろうし。
京極夏彦の、確かあれはジョロウグモ?に「衣桁屏風」って出てきましたよね。
着物を掛ける屏風なんだ~、と思って読みましたが、これが普通の「衣桁」なんですね。
着物の小物類って、集め始めるとかわいくてきりがないですよね~。
私も着物、着たくなってきた。
  1. 2007/02/11(日) 16:24:00 |
  2. URL |
  3. hleaves #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

日本人より日本に詳しいテオさんですね^^

私は「衣桁(いこう)」と母に教えてもらっていました。どちらの呼び方もあるみたいです。15万円もするんですか!びっくり!

飾りクリップもきれいですね。
  1. 2007/02/11(日) 23:09:00 |
  2. URL |
  3. あつこ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆オルサさん、
確かに、言われてみればクリップみたいなものを使ってディスプレイしていたな、とは思うのですが、「着物をインテリアの一部とする」という考えがなかったので、ほとんど意識してませんでした。
「命を頂きます」・・・かぁ。私は「作ってくれた人の好意を頂く」ぐらいかと思ってましたが、もっと深かったんですねえ。
そうそう、家に入る時に靴を脱ぐのも、神道の穢れを嫌うというところからきている・・・というようなことを、どこかで聞いたことがあります。
ホントに、視点を変えると、日本についても知らないことが多いです(^^;
  1. 2007/02/11(日) 23:38:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆hleavesさん、
時々、テレビに出てきたりしますよねー。
京都在住、とかで、和服着て町屋を買い取って住んでいたり。
でもテオさんは、京都館で京都検定の問題集を見つけ、「ひぇ~、漢字読めないよぅ・・・」って叫んでました。
すかさず、威張って「これは『ぽんとちょう(先斗町)』と読むのサ!」その他、教えた私です。

「絡新婦」に、出てきてましたか!
それにしても、よく覚えておられますね、尊敬~。
hleavesさんも着物仲間ですもんねー♪でも私、ここのとこ、ひとに着せるばっかりで自分で着てないです(^^;
  1. 2007/02/11(日) 23:51:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

東京駅八重洲口駅前に「京都館」?
職場はすぐそばなのに、知らな~~い!(汗)
って思ったら、去年の秋に引っ越してきたんですね。
京都大好きなので、今度のぞいてみます!

で、私も富士山登ったことないです・・・。
着物も成人式のときの1枚しか持っていないです・・・。
もちろん自分で着られない。
日本人として恥ずかしい・・・。
  1. 2007/02/12(月) 00:03:00 |
  2. URL |
  3. camille_31 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆あつこさん、
驚きました、テオさんには。
実は今回の仕事では、やはり日本語の上手なラオス人の方にもお会いしたんですよ。その方も、「沖縄以外はすべての日本の県に行ったことがあります」ておっしゃってて、四国に足を踏み入れたことのない私はたじたじでした。

あ、なるほど、「いこう」でもいいんですね。
15万円のは、ちゃんと木製漆塗りで、先端には金メッキの金具が付けられた立派なものだったんです。ネットでは、それよりかなり安いのもあるみたいでした。でもテオさん、いいのを見ちゃったから、簡単なのじゃ満足できないんじゃぁ・・・。
  1. 2007/02/12(月) 00:03:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆camilleさん、
そうなんです、あれ、以前は東京駅のコンコースにあったんですよ。
規模もかなり小さかったです。
あと、赤坂アークヒルズの中にもあります、「京都館」(まだあると思うんですが・・・)。

私、着物と京都だけは、何とか「普通レベル」のガイジンさん相手なら大きな顔できるかなぁ・・・。
でも、国内旅行は、京都に何度も行っている分(?)、他はあんまり行ってないので、外国の人と話していると、ちょっと情けないんです・・・。
  1. 2007/02/12(月) 00:09:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する