本と旅とそれから デルフィニア戦記1~4巻/茅田砂胡

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デルフィニア戦記1~4巻/茅田砂胡



年明けすぐに読み始めた記憶があるのですが・・・このシリーズ。
まだ5巻目に入ったばかり・・・。このノベルス版だと、全部で十何巻+外伝があったと思うんだけど・・・半年(以上?)かかっちゃう、こんなペースじゃ!
速い人なら、このテのノベルスなら1日2冊も難しいことではないでしょう。
いくら私でも、もうちょっと速く読むことはできるんですけどね。


デルフィニア戦記1~4巻/
     茅田砂胡(中央公論社)


少女マンガと見紛うばかりのハデな表紙・・・(^^;
決して、カバーなしには電車の中でカバンから出せません。
実際、小説とマンガ(劇画、というべきかな)の中間のような存在ですね、こういう本って。だから、読もうと思えばガンガン飛ばせるのですが、それやっちゃうと、「和書3冊につき洋書1冊」の自己ノルマがきつくなるので、ゆっくり。

ここのところ常時洋書1冊、和書のシリーズもの1冊(今はこのシリーズ)、単発もの1冊、の3冊同時進行スタイルなのですが、今はさらにもう1冊続きものを読み始めてしまったので、あまりにぐちゃぐちゃ、せめてデルフィニアはどこかで一回感想書いておこう・・・と思っていたら、4巻目で第1部が終りということなので、とりあえずここで。

楽しいです。
この軽さが気楽。ホントに劇画のノリ。どのキャラがカッコいい、どのキャラがひいきだ、何てことをひとり勝手に騒ぎながら読んでいればよくて。
ちなみに私は、今の段階では・・・そうねー、バルロさんかしらー。
作者の「イカす(古い言葉ですかっ?)男の必須条件」がすぐわかる気がする・・・。
美形で強くて、真面目顔で漫才やるタイプ、ですね。きっと茅田さんは、「銀英伝」ではヤン・ウェンリーのファンでしょう・・・。
って、今後の展開がどうなるかわかりませんけど。

えー、夏までにはシリーズ読み終えることを目指しま~す。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 茅田砂胡 
  1. 2007/02/27(火) 22:21:00|
  2. 2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/361-05c9044e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

和田さん、

バースディカードをありがとうございました。なんとも繊細なカードで、さすが日本製とうっとり。時々、ブログ、拝見させていただきます。

一條都子
atsukoichijo@gmail.com
  1. 2007/02/28(水) 01:34:00 |
  2. URL |
  3. Atsuko #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

第一部まで読まれたのですねvv
どうもお疲れ様でしたvv
私もこの作品の重くないノリとテンポの良さが好きなのです。
そういえば初めて読んだ時には一気に6冊くらい読んじゃいましたね(笑)
実はこの第一部までが一番好きだったのですが
この後も魅力的なキャラが出てきて楽しさは持続しましたね。
あ、たしかに茅田さんはヤンのファンかもしれないですね^^;
実はこの作品はどのキャラクターも皆好きで選べない私でした。
表紙はかなり派手ですよね^^;
でも私はこのカラフルかつ華麗な表紙のイラストも大好きでしたvv
夏までに読み終えられてまた感想を聞かせてくださいねv
  1. 2007/02/28(水) 19:55:00 |
  2. URL |
  3. mattya-genmaitya #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆鍵コメさん、
是非、またお寄り下さい。お待ちしてます。
筆不精(いつからこうなったかなぁ・・・)の埋め合わせといっては何ですが、こちらでまたお話できればとても嬉しいです?
1月12日の切手関連の記事で、Atsukoさんに以前頂いた切手のことを書かせて頂きました。お暇な時に見てね。

カードは、ちょっと「のだめカンタービレ」のイメージで選んでみました・・・といっても、ヨーロッパ在住のAtsukoさんにはわからないかなぁ?
  1. 2007/02/28(水) 23:49:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆mattyaさん、
かつて「グイン・サーガ」などを読んだ頃は、まさに1日2冊、3冊というスピードでガンガン読んだものですが・・・。そう、「銀英伝」もそれに近いペースでした(あの本は字が小さいからなかなか進まないですけど)。
最近は、みょーに冷めたというか・・・別に面白くないから、というわけでは全然ないのですが、スピードを抑えるクセがついてしまったように思います。
(洋書ノルマがなかったとしても、です。)

表紙のイラストは、正直に言うと、もうちょい少女マンガから抜け出した人がよかったかなぁ・・・。「十二国記」のイラストは大好きだし、萩尾望都さんが表紙を描かれたFTなどもそれだけで買っちゃいそうになるのですが、デルフィニアのイラストは、贅沢を言うと、そこまでのレベルに達していないような。
あ、お好きなのにケチつけてごめんなさいね。
ノロくさ読んでるくせに、ぶちぶちウルサイこというヤツですよねぇ(反省)。
さっさと続き読みまーす。
  1. 2007/02/28(水) 23:59:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ふっふっふ、Mikiさんも読み始めたんですね、これ。
私は何年か前に3週間ぐらい入院しなくちゃいけない事があって、その時に母親が何の前触れもなくこれをもってきたので読み始めたところずっぽりとはまりました。
これね・・・一応完結するんですが、最近(でもないかな)出たやつでまたもや外伝みたいなヤツがあるんですよ。
茅田砂子氏の小説はうちの実家で回し読みされてるので、見かけたらすぐに持ち帰って来ないとなかなか自分の番が回ってこないんです。特に母が遅いので。

これね、確かに電車では読めないんですよねー表紙があれなもんで(笑)
でもね、なんだかそういう人が多かったみたいで、文庫バージョンが出てるんですよ。
もちろん表紙はじみーにシックな感じです。
他のシリーズもあれで出して欲しいなぁー
  1. 2007/03/01(木) 01:50:00 |
  2. URL |
  3. lazybug #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆ayakoさん、
そなのです。読み始めました。
ayakoさんのブログでもちょこっと登場したことあった・・・?
コメント欄か何かだったかしら?目にした記憶が。
その最近の外伝をmattyaさんがブログで取上げておられたので、興味が湧いて読み始めました。人気のシリーズみたいですね。
にしても、お母様の本の趣味、お若いですね!楽しいファミリー読書ライフ。

十二国記とかも、少女マンガ風イラスト・バージョンと、普通の表紙バージョンと出てますよね。イラスト付きのって、イメージがふくらむからいいんだけど、やっぱカバーかけちゃいます。本文中でも、挿絵のページはちゃっちゃか読んじゃうし・・・小心者(^^;
ああいう、劇画と小説の融合みたいなのも、新しいジャンルといえるのかな?
もちっとスピード上げようと思います。
  1. 2007/03/01(木) 23:33:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。