本と旅とそれから しゃばけ/畠中恵

本と旅とそれから

しゃばけ/畠中恵

地味~で人気(?)のほどもいまひとつのBOOKSネタ。
去年だったら、3冊分ぐらいまとめてひとつの記事にしてしまうところですが、今年からは自分の読んだ本の記録リストにもしたいので、1冊(ORひと続き)=1記事。
・・・なおかげで今回はまとめて3記事UPということに。

□      □      □

(前記事から続きます)で、そういう寂しさがおも~くのしかかってきそうな時に一発で元気が出るのがこういう本!
すばらし~い!!
少なくとも、今年に入ってから読んだ本の中では(ってまだ3月だから大したことないんですけど)間違いなく一番好き!
畠中恵さんはナントこれがデビュー作とか。信じられない。これほどのものを書く人が「新人」だなんて。



しゃばけ/畠中恵(新潮社)

ジャンル的にも、私の好きなものなんですよね。時代モノミステリー。
宮部みゆきさんの作品の中で一番好きなのが「ぼんくら」「ひぐらし」のシリーズですもの。ちょうど雰囲気的には似た感じでもあります。
が・・・私は「しゃばけ」の方がさらに好き(・・・自分としては、最大級の褒め言葉を進呈したつもり)!

登場人物たちの魅力的なことといったら・・・人間だけじゃないのよ、妖(あやかし)もたくさん。
主人公の若だんなと、その両脇に助さん角さんのようにひかえる二人(?)の妖。いやむしろ、怪物クンとその子分、ドラキュラとフランケン、と言った方が近いかしら。でも、黄門さまや怪物クンと違って、非力ですぐに熱出して寝込むワカモノなんですけどね、若だんな。

私の場合、読書にしろ映画鑑賞にしろ、求めているのはまず第一にこういう楽しさなんじゃないかという気がします。
とにかく楽しい。登場人物たちが好き。意識すらせずに目の前に情景が浮かぶ。
シリーズがすでに6冊ほど出版されているようですが、全部読みますよぉ!これはきっと、最後には買っちゃうでしょう♪
まだお読みでない方には、ちからコブ入りでおススメです。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 畠中恵  しゃばけシリーズ 
  1. 2007/03/19(月) 19:48:00|
  2. 2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/379-fdedf0c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

これは、長編なんですか?
図書館で探して見ます。妖怪も出てくるってことですね
  1. 2007/03/20(火) 01:23:00 |
  2. URL |
  3. bullet4071 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

面白そうですね。
私は明るい本はまず読まない根暗人間なもので、こういうのも
たまにはいいかもしれません。
  1. 2007/03/20(火) 17:40:00 |
  2. URL |
  3. アガホア #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

 どうして英語の本も読みながら3冊も制覇できるのでしょう!
 すごい、の一言です。そして、きっちりアップなさっているところが素晴らしいです。見習いますね。

 時代物ミステリーなんですか。挿絵も可愛いですね。読んでみたいです。
  1. 2007/03/20(火) 20:40:00 |
  2. URL |
  3. あつこ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆bulletさん、
長編です(ちっとも長く感じませんが)。
シリーズの中には短編集の形のものもあるようです。
妖怪も出てきます!が、おどろおどろしくありません――少なくとも「しゃばけ」の段階では。
可愛いのもいますよ。鳴家(やなり)といって、顔はコワイらしいですが、小さくてちょろちょろしていて、大福もらうために若だんなのヒザに上って来ようとしたり。
きっと気に入って頂けると思います。
  1. 2007/03/20(火) 22:32:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆アガホアさん、
面白かったです、とっても!
登場人物(?)に妖怪の多い物語なので、夜の場面も多くて、江戸時代なので街灯もないことですし、結構暗いと思います。どうでしょう?
  1. 2007/03/20(火) 22:34:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆あつこさん、
え~、ヒマ人だから、という最大要素はまあおいておくといたしますと;
多分、今はちょっと読書行動に傾いてるんですね、私。
いつまでもこのペースが続くかというと、かなり怪しいです。
ですから、読む気(まあヒマも、ですが)が旺盛なうちに、できるだけ読んでおこうと思っています。
見習うだなんて、赤面してしまいますよぅ・・・。

物語を読むのがお好きであれば(フィクションはキライ、という人もおられますものね)、きっと楽しんで頂けると思います。是非お試し下さいね(^^)
  1. 2007/03/20(火) 22:38:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

これ、面白そうですねーー。すごく私好みっぽいです。
「ぼんくら」や「日暮し」より面白いなんて!!
また読書リストが長くなる…まったくどうしてくれるんですか。
(それはMikiさんのせいではなくて、リストを消化できない私のせい…)
そんなに薦められてしまっては、もう読まないわけにはいかないですね。(笑)
図書館探してきます!
  1. 2007/03/21(水) 11:32:00 |
  2. URL |
  3. yurinippo #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◆yurinippoさん、
「ぼんくら」、「ひぐらし」より面白い・・・というか、すごーく主観的に言って、私は「より好き」という気持ちなんです♪
何というのでしょうか、筋立ての巧みさといった点ではきっと「ぼんくら」の方が上なのだと思いますが、とにかく登場人物の魅力が・・・私はめろめろです。

yurinippoさんの読書リストを長くすることができたとは光栄なことですよっ(^‐^)
この作品は決して期待を裏切らないと思います。
私も今日2巻目を借りて来ました。これは短編集です。最初のひとつを読んで、もうハマりました。3巻目以降は予約待ちなの。
また忍耐のほどを試される日々・・・(去年11月の予約がまだ来ない・・・)。
  1. 2007/03/21(水) 20:40:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する