本と旅とそれから たまにはステーキ

本と旅とそれから

たまにはステーキ


別に肉が嫌いというわけではないのですが、殊さら「ステーキ」となると、滅多に食べることがないんです――だもので、前回自分がステーキを食べた日付までわかってしまうのでした。
去年の11月25日土曜日・・・なんと、ほぼぴったり半年前だわ。
書寫山圓教寺からの帰り、しのちゃんと神戸は三宮ステーキというお店に行ったのでした。
その時のステーキ・ディナーについてなぜ記事を書かなかったかといえば、何となく不満・・・とまではいかないまでも、不完全燃焼のような気持ちが残ったからなんですね。
今回の目黒雅叙園百段階段見学イベントは、ランチがセットになってます。
本当は、お値段的に一番手頃な中華にしたかったのですが、こちらはすでに満席。洋食はディナーの回のみだったので、和食かステーキかという選択でした。
和食でもよかったのですが(高いけど)、ここのところ京都がらみで和食は美味しいものを頂く機会が結構多かったので、ステーキにしてみました。

お店は、目黒雅叙園内、ステーキハウス・ハマ
メニューは今回のイベント用に、あらかじめ決まっていました。

半年前のお店もそうでしたが、今回のハマも、目の前の鉄板で焼いてくれるスタイル。
見学で一緒だったメンバーがひとつの鉄板を囲んで同じメニューなので、妙に効率がいいんですねぇ。それぞれが飲み物をオーダーして、コース、スタート。

▲前菜:蟹のコンソメゼリー

蟹ミソの香りがします・・・が、私の好みとしてはちょっと塩気がキツかったかな。

▲スズキと米茄子のグリル(ベアルネーゼソース)

▲金針菜(きんしんさい)のソテー

金針菜、というこれ、何だかおわかりでしょうか?
ゆりの蕾なんです。初めて食べました・・・ていうか、料理人の方によれば、これはまだ普通に店で売っている食材ではないんですって。
「何の味に似ていると思いますか?」と訊かれて、Tさんは「スナックえんどう?」、私は「インゲン(だから私は食の幅が狭いんですってば・・・)?」。
よく、グリーンアスパラの穂先の味に似ていると言われるのだそうです。

▲トマトサラダ スープ仕立て

スープ仕立て、というほどでもないと思うんですが・・・ドレッシングも飲めますよ、ということで。青いトマト・・・んー、私は赤いとこの方が好きでしたけど?

▲ホワイトアスパラのラビコットソース

こちらはオプショナル・・・なのですが、豪華絢爛の百段階段見て来た後で、ステーキハウスでリッチな気分になってるせいか、全員がほとんど迷わず「お願いしまーす」でした。
アスパラの上に載ってるのは目玉焼き。この黄身を崩してソースと混ぜて頂きます。


   ▲カルベネをグラスで            ▲タマネギ&お醤油ベースのたれ

ここまで、どれも美味しくてすっかりお大尽気分。

次がいよいよメインのお肉、サーロインステーキ。
焼き具合を聞かれて、私は「ミディアム・ウェルダン」・・・つまり、その中間ぐらいがいいかな、というつもり。
Tさんはウェルダンだったし、同じテーブルの方々の注文が耳に入ったところでは、皆さんミディアムかウェルダンでした。

神戸でステーキを食べた時どうしていまひとつ納得がいかなかったかというと、お店の方にまだかなりのレア状態時点で「是非このくらいからどうぞ」と薦められて食べ始めたことなんですよね。

美味しくなかったわけじゃないんですが、何となくレアすぎたような感覚が残ったのでした。
だもので、今回はもっとよく焼いてもらおうと思ったのです。
・・・が、正直な感想としては、今回「ミディアム・レア」ぐらいに言うべきだったかなっ?
私の言い方も微調整がヘタだっただろうし、もしかしてステーキって、焼いてくれる人の感覚その他で出来上がりが変わるもの・・・?
滅多に食べないのでよくわからないのでした。とほほ。

▲お肉の脂身とモヤシ(モヤシが極太っ!)

その後、ご飯やお味噌汁(ハマグリかと思うような特大サイズのアサリ入り)の後、席を移してデザート――なぜか食べるのが遅い私たち、他の方々よりかなり遅れました。

▲白桃のコンポート・ココナッツ風味

というか、ココナッツ・ミルクアイスがメインですね。さっぱりして美味しい♪
ところで、バジル・シードって、ふつうのバジルのタネのことなんでしょうか?


美味しいランチですっかりゴキゲンになった私たちでしたが、冷静に振り返れば(余計なことかな・・・)、満足度で言えば肝心のお肉が一番低かったような気も。

といっても、全体としてはとっても美味しかったわけだし、楽しかったし。

グラスワイン1杯で怪しい人になってしまったTさんを引っ張って、そのくせ寄り道なんかもしながら、よろよろと帰って行ったのでした。
 
関連記事
tag: 
  1. 2007/05/27(日) 22:30:00|
  2. 全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/426-ed4ed162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

肉好きの私には、すごく美味しそうに見えますよ♪

目の前で焼いてくれるのがいいですね。お魚もあって、しっかりコースになっているんですね。金針菜、ししとうに見えました(笑)めずらしいですね。

お肉の焼き加減って、説明が難しいですね。私は固すぎず、生すぎず…だったら何でもいいので、はずれと思ったことはありませんが、こだわり出すと余計に難しそう。極太もやしと一緒に食べたら、よく合いそうですね^^
  1. 2007/05/27(日) 23:20:00 |
  2. URL |
  3. あつこ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

金針菜って初めて知りました!食べてみたーい。
蟹のコンソメゼリーもじゅる・・・って感じ(笑)

ステーキ食べたいです!すごく!カタマリのお肉が食べたい・・・・

昔はどちらかというとお魚派だったんですが、結婚してからどんどんお肉が食べたくなってきたんです。というのも旦那がお肉があまり得意ではなくて、食べられるのはひき肉か薄くスライスしてあるものだけという・・・・鶏肉さえササミか百歩ゆずって胸肉ぐらいまで。
1人で食べればいいじゃんと良く言われるのですが、なかなかそれも出来ないまま。
なのでたまに食べるステーキは思わず「くぅ」と声が出てしまうほど嬉しいのです(笑)

私の食生活とMikiさんのを1週間ぐらい交換したいです。美味しいお店とかもあんまり知識がないのでその辺のお勉強も含めて・・・・。
  1. 2007/05/27(日) 23:29:00 |
  2. URL |
  3. lazybug #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

私はお肉大好き人間ですが、そう言えば、最近お肉を食べる機会は減ったかも。
歳でしょうか^^;
金針菜は何度かいただいていますが、お店では売られていないんですね。
確かに、スーパーでは見たことないです。
特に好きでも嫌いでもないので、気にしたことありませんでした(笑)。
どのお料理もおいしそうです^^
不完全燃焼は何だったのかしら?と思ったら、お肉の焼き加減だったんですね。
確かにお肉の焼き加減って、難しいですよね~。
私もミディアムが好きなんですが、「ミディアム」でお願いしても、レアっぽかったりすることが多いので、気持ちとしては、Mikiさんと一緒の「ミディアム・ウェルダン」。
でも焼き過ぎちゃったら硬くなっちゃいますよね~。
きっとMikiさんがおっしゃる通り、焼く人の感覚なんでしょうね。
  1. 2007/05/28(月) 16:33:00 |
  2. URL |
  3. camille_31 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈あつこさん、
あんまり深く考えなければ、あれで十分美味しかった気もします。
こういう時は、自慢の「違いのわからない女」ぶりを発揮すべきですよね~。
金針菜、最初に見た時私は「エダマメか?」と思ってました。

私、ステーキはそんなに食べないので、実のところはあんまりわかってないんですよね。
どういう肉だとどんな味や食感なのか、とか。
でも、よっぽどステーキが好きでしょっちゅう食べてるっていうのでないと、そういうのってわかりませんよね~。ムリだ、私には。
でも、モヤシはわかるのでした。わはは。
  1. 2007/05/28(月) 19:51:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈ayakoさん、
ゆりの蕾って聞いた時は、苦いんじゃないかな~、と思ったんですけど、なんかマメっぽい青い雰囲気の味でした。
まあ、ことさら「美味しいっ!」てもんでもないですけど、まあ、珍しいな、と。
Tさんは「黄色いゆりかな・・・」とか言いながら食べてらっしゃいました。
(近所のユネスコ村ユリ園が6月から開園なので、「今行けば金針菜が取り放題かもねー」とか、しょーもないことも語り合ったのでした。)

ひとりでステーキってのは、確かに行きづらいよね~。
でも、食生活を1週間交換、ていうのはキケンですぞ。
京都旅行中とかなら麗しい和食を楽しめるだろうけど、ふだんは駄菓子となんちゃって料理だらけだからねー(^^)
  1. 2007/05/28(月) 19:56:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈camilleさん、
camilleさんの華麗な食生活、いつもブログで拝見してうっとりしている私です。
・・・が、私が真似しても、お料理がもったいないかも・・・(^^;
大体、ディナーの場合、私は大抵お酒が入ってしまうので(多分camilleさんよりかなり多いと思います)、細かいところがどうでもよくなってしまったり、翌日にはカンペキに忘却してしまったりするんですよねー。
自分の食傾向に合ったお料理やお店というのを見極めるのが大事かな?
などと、最近思うのでした。

肉も魚も焼き具合って大事ですね。
フランスに行った時、出て来た魚料理が火が入りすぎだ~、と思ったことが何度かありました。このワタシにわかるなんて、よっぽどですよね・・・。
でもまあ、大雑把に楽しめればいいかな~。
  1. 2007/05/28(月) 20:06:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おいしそう・・・・
このお上品なステーキよ!
アメリカの草履ステーキとえらい違いです。

あ~美味しいやわらかい溶けるお肉が食べたい!

やっぱり神戸美味しいですよね。なんだか、私が誉められてるみたいで嬉しいです(笑)
アメリカに来て、お肉あんまり食べてないなあ。
狂牛病怖いからというのと、私は鶏肉が好きでして。

この前ステーキ買ったけどさすがにオーガニックで買いました。
リブ・アイっていうは美味しいよと、友達が教えてくれました。

今度日本帰ったら、食べたいものだらけやなあ。

  1. 2007/05/29(火) 05:46:00 |
  2. URL |
  3. eikita711 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

私も土曜日、ステーキ食べました♪
私の場合はいつも食べたくて食べたくて、やっとたまに食べる!感じ(笑)
こういう風に鉄板焼きな贅沢ステーキはかれこれ数年前っきりだなぁ‥た、食べたいです!!
あとキャラメルサブレがすっっごく美味しそうでうらやましかったです(&送ってもらえちゃうMikiさんの人徳にも憧れます)
  1. 2007/05/29(火) 12:11:00 |
  2. URL |
  3. 花侍 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈eikitaさん、
むかーし、NYの有名ステーキ屋さんに行ったことがありますが、おっしゃる通りの草履(ワラジ、とも言われていたかも)サイズで半分しか食べられず、それでも一緒に行った会社の上司からは「そこまで頑張るとは思っていなかった」と感心されたものでした。

神戸牛ね~・・・(あのー、ものすごく初歩的なこと訊いちゃって恥ずかしいんですけど、神戸牛と松坂牛は同じですか?)。いいよねぇ・・・。
食べる回数がものすごく限られている私としては、一度食べて美味しいと、そのイメージがずっと残るわけです(その逆もありますが)。
その伝で言えば、かつて大津で一度食べた近江牛もすごく美味しかったです。
あ、あと天童かどっかで食べたのも(米沢牛だったのか?)。
いずれも、「たった一度の経験」てとこがとほほですが。
  1. 2007/05/29(火) 20:52:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈花侍さん、
ホントですか(^0^)またも偶然の一致ですねぇ。
私、ステーキはホントに滅多に行かないんですが、今回と半年前の神戸のステーキ屋さんはどちらも目の前・鉄板焼きスタイル、でした。
でもなー、高いんですもん・・・。

キャラメル・サブレ、羨ましいでしょー。
美味しかったんですよ!今の私も当時の私が羨ましいです(^^;
「人徳」、とな!!
(ここだけの話ですけどー、人徳っていうよりは、ふだんから「おすそわけして下さいよう~」と、しつこくせがんでいた「努力の結果」、という方が正しいと思います。
何事も根気っすね。)
  1. 2007/05/29(火) 21:05:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する