本と旅とそれから きんとん

本と旅とそれから

きんとん


6月3日(日)、京都は俵屋吉富の喫茶「祥雲軒」でお茶を頂きました。
この喫茶、相国寺に近い京菓子資料館内にあります。
▲京菓子資料館

この季節、和菓子モチーフの代表は・・・何といっても紫陽花。雨空、曇り空の下、まるで自ら光を発しているかのようなこの花。和菓子になってもビューティフル~。
▲あじさいきんとん

▲この画像じゃちょっとわかりませんが・・・中はつぶ餡。

資料館の二階には、京和菓子の歴史に関する展示があります。
和菓子とお抹茶、セットで500円也。

▲水牡丹

こちらはしのちゃんの頼んだお菓子――このモチーフもこの季節に多いらしく、奈良でも同じ銘の和菓子を頂きました。紫陽花のきんとんにしろ、牡丹の葛にしろ、ものすごく柔らかくてふるふる~~。

□      □      □

きんとんつながりで、春(4月5日)の京都・嵐山に戻りまして。

  ≪旅編≫この春の嵐山の話はコチラ

トロッコ列車の時間を待つ間に嵐山界隈を散歩していたら、偶然にも(ホントだよ・・・)菓子匠「老松」の嵐山店前に出ました。あまり時間の余裕はなかったのですが、またここに戻って来るかどうかわからないし・・・と、お店の方に相談すると、「すぐお出ししますよー」。ではっ。
茶房「玄以庵」。大きなガラス張りの外は緑の坪庭。木漏れ日が~・・・春な感じ・・・。
この時はお煎茶とのセットにしました(時間ないっちゅのに、写真撮影に付き合わされるしのちゃん哀れ)。
京都ではお茶もまた美味し。
・・・にしても、それまではひたすら「こなし」系の和菓子を好んでいた私、この春の頃から急に「きんとん」系に転向。

  例えば秋の吉信では、きんとんはしのちゃんのチョイスでした・・・コチラ

▲弥生

というわけで、この時このお菓子はしのちゃんのチョイスでした・・・といっても、私が真っ先にきんとんを選んだから、しのちゃんは「じゃ、私はサクラにしよう」となった次第。

▲菜の花きんとん

一応、こちらが私の頼んだお菓子だったわけですが、そもそもなぜわたしが「きんとん派」になったかといえば――秋に、京都でせっせと和菓子を求めて歩き回っていた時、買って帰ったきんとんが、「ほとんど全部くっつきました」状態になってしまったことがあったんです。

  亀廣永のお菓子でした・・・ぐっすんコチラ

その他にも、「持ち帰って来た」きんとんがぐっちゃりべったりになってしまっていたことがあり、かつデパートの店頭などで観察すると、老舗と言われるお店でも、いまひとつきんとんの状態がよくないことも。それで学んだこと。
きんとんは、可能な限り作った場に近いところで頂くべし!


この老松の「菜の花きんとん」は、中がこし餡でした――これって珍しくないかしら?きんとんの中身ってつぶ餡が多い、というのも、それまで私がちょっときんとんを敬遠していた理由なんですけどね。
とろりととろけるようなきんとん&こし餡、春の京都の思い出です。

  俵屋吉富HPはコチラ
  京菓子資料館HPはコチラ
  老松HPはコチラ

関連記事
tag: 
  1. 2007/06/09(土) 23:55:00|
  2. 京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/432-f872b406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

京都と言えば和菓子ですよねv
食べるのがもったいないくらい美しいお菓子たちですが
こうやって写真を拝見してると「食べてv」と言ってるようにも
見えてきました(笑)
私が食べたいだけなのか…。
老松はお土産用の「御所車」しか食べたことがないのですが
このお菓子は私の京都お土産ランキングの1,2番を争うものですv
甘春堂の「小豆どうふ」と悩むとこです^^;
きんとんもこなしもどっちも本当に美味しそうですねv
  1. 2007/06/11(月) 21:00:00 |
  2. URL |
  3. mattya-genmaitya #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈mattyaさん、
おぉぉっ!お久しぶりです!
もしかして、少しでもお仕事が落着いてきたのでしょうか?

老松はそう、「御所車」、有名ですね、あの白いの。
でも、私は食べたことあるかなぁ・・・?
最近このお店は新宿伊勢丹にも入ったのですが・・・やっぱり京都で買いたいですよね。
そうか、mattyaさんのお好きなお菓子なんですね。
次回の京都訪問の際には是非買って来ようと思います。
甘春堂の「小豆どうふ」・・・も(食べたことない)。
京都でお菓子に目を向けてしまうと、際限ないですよねー。
見た目も美しい芸術品ですが、味も上品で、お茶と一緒に頂くと「えぇなあ、日本人やなぁ」と、アヤシイ関西弁でタメイキが出ます。
  1. 2007/06/11(月) 21:53:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

す、すてきーぃ!日本の美を感じますねー。
しっとりとしたお庭を眺めながら、優雅に
いただきたいですねぇ・・。

そういう私ももうすぐ京都!
Mikiさんには負けますが、今回は(も?)
いろんな意味で気合入ってますよー。
  1. 2007/06/13(水) 22:54:00 |
  2. URL |
  3. chiyomi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈chiyomiさん、
わーい、chiyomiさん、京都いつからいつからっ?!
どこ行くのかな~、何がお目当てなのかな~?
へっへっへ・・・て、ひとが行くのに、なぜか楽しみですよん。
お店関係と食べ物(特にお菓子~)関係、是非ともよろしくお願いしますよー!
chiyomiさんは、いつもご自身のこだわりで京都を回られてるから、後で記事を読ませて頂くと、「へぇぇ~」と、自分の京都とはちょっと感じの違った風景を見られるから楽しいわけです。
早く行って。で、早く帰って来て、早く記事UPしてねぇ(なんちゅうせっかち)。
  1. 2007/06/14(木) 23:29:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する