本と旅とそれから 生八つ橋はポッキーのようなもの?

本と旅とそれから

生八つ橋はポッキーのようなもの?


かも。
つまり、次から次へと新しいフレーバーが発売されるという意味で、ですが。
先日の買物。梅餡。

今月始めに京都駅売店をチェックした時は、春のお花見の頃とはがらっと変わった夏バージョンの生八つ橋が山ほど並んでいてびっくり~・・・。
ちなみに春の時は・・・

五穀餡入りとか

さくら餡入りとか

ブラウンシュガー(これは皮の方)とか

ありまして、これはどれも結構いけました。さくら味のお菓子って、桜餅をほとんど唯一の例外として、私はあまり好きではないのですが、このさくら餡入りの生八つ橋は桜の香りもあまり強くはなく、ほんのり、って感じでなかなか好きでした。
五穀餡は香ばしかったし。敢えて言えばブラウンシュガーが、黒糖が殊更好きではない私には、ちょっと・・・だったかな。

で、つい先日の時の初夏バージョンはといいますと・・・


?TOPの梅餡入り

青梅の果肉が入ってます。
これも、さほど梅の主張は強くなくて、肉桂の香りとマッチして、まあまあかな?という印象でした。

いつもは聖護院の生八つ橋を買うことの多い私。・・・といっても、パッケージ・デザインが好きだというだけなのですが。それがこの時は、井筒八つ橋本舗のものを買ってみました。どうもこの「夕子」マークが好きじゃないんですが・・・。
            黄桃                     青りんご

上の二つ、皮が白いのがおわかり頂けるでしょうか。
肉桂が入っていないことの他にも何かあるのかも知れません。「冷やして食べると一層おいしい」とあるので冷蔵庫に入れたのですが。
ハズレ!!これはもう二度と買わないぞっ。
やっぱり、肉桂の入ってない八つ橋は、八つ橋じゃないっ――少なくとも、私には。
「黒ゴマ」も、肉桂は入ってません。いまだに人気の高いこのフレーバーですが、そう思えばやっぱりあまり好きじゃないかも。

  ≪旅編≫黒ゴマ八つ橋の話はコチラ

しかも、冷やすと固くなって、生八つ橋の美点であるあの「ふにょ~」とした柔らかさがなくなります。桃餡は、聖護院のも売っていたのに。つい、「ひと箱で二つの味」につられたのが間違いでした。悔いが残るゾ・・・。

他にも、ラムネ餡(さすがに怖くて手が出ず)とか、同じような「冷やしてどうぞ」パターンのものがずい分出てましたが・・・うん、やっぱりオリジナルからあまりにも離れたものはダメだわ。
そろそろあれやこれやと手を出すのをやめて、原点回帰しようかなぁ。

あ、あと、これはいいな、と思ったのが(▼)。
固い方の八つ橋、ゴマ風味。こちらはちゃんと肉桂も入ってます。

関連記事
tag: 
  1. 2007/06/22(金) 23:50:00|
  2. 全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/441-38c9d17a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

おいしそう。それに何より、季節感、があるじゃないですか。実は、今日が夏至であることを日本の友人のメールで知りました。こちらの天気予報で、夏至とか秋分の日とか、取り上げないんですよね。そのせいか、ショートブレッドの初夏版なんて見たこともないし(あまりにも想像をかけ離れたものなので、実在したとしても見分けられなかったりして)、夏、といえば、何とかの一つ覚えのようにStrawbery and creamで喜んでいるこの人たち(飲み物は、Pimms with lemonadeです)。プッチンブリンの大きいのもいいなぁ。いいなぁ・・・・。
  1. 2007/06/23(土) 01:30:00 |
  2. URL |
  3. 都子 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

梅餡いいですねぇ~~梅味とか、ゆず味とかに弱い私でございます。

八つ橋って作れないんでしょうかねぇ~今度検索して見ます。(まっ、作るか作らないかはわからないですけどね)

固い方の八つ橋も好きです。やっぱりニッキはいいですよね。
  1. 2007/06/23(土) 08:35:00 |
  2. URL |
  3. lazybug #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

以前、自分のブログのネタにもしたチェコ入りやバナナクリーム入りの八つ橋には驚きましたが、どんどん新たなフレーバーが増えてきて、すごいことになってますね。いっそのこと、この様々な味がいっぺんに味わえるお得セットが登場してくれると、選ぶ方としては助かりますが。
  1. 2007/06/24(日) 02:08:00 |
  2. URL |
  3. オルサ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈都子さん、
和菓子は何より季節感重視、ですからねー。それも少し先取りで。
夏至か~・・・てことは、これから先は昼は短くなっていく一方なわけですね。
やっぱり明るい時間は長いほうがいいなぁ・・・。
日本も、夏至は休日じゃないし、春分・秋分の日よりは取上げられないですかね。
洋菓子はあんまり季節って気にしてないんでしょうか、多分?
こないだ沖縄土産の「ちんすこう」をもらって、「沖縄版ショートブレッド・・・」とか思ってました。たまにちょっとだけ食べると、リッチな味わいが美味しいです。
日本の今の季節の飲み物・・・フルーツカルピスかっ?
(スーパーで売り出し中・・・。)
プッチンプリン、イギリスで買ったらコスト高になりそうですねー。
  1. 2007/06/24(日) 07:15:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈ayakoさん、
餡子が苦手のayakoさん、そういえば、小豆餡じゃなくて白餡もだめですか?
生八つ橋のフレーバー餡は、白餡ベースのものが多いんだけど。
(でもなんだったか先日、桜餡がやっぱりあんまり、っていう記事お書きになってましたっけ?)

八つ橋を自分で・・・。えらいっ。
あれって、生だから、加熱する必要はないんでしょうね?
そしたらもしかして「私でも」できるかも?
――いや、私はやっぱり「京都土産」として八つ橋を食べることに専念しよう・・・。
ニッキは必須。固くても柔らかくても、あの香りがないと八つ橋気分になれませーん。
  1. 2007/06/24(日) 07:19:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈オルサさん、
大昔を振り返ると、一番ベーシックなプレーン生八つ橋に加えて抹茶味が登場した時に評判になり、「へぇ、珍しいものだね~」なんて思ったものでしたが・・・。
思えば、基本フレーバーの次に何かを作る場合、日本人はチョコか抹茶に目を向けることが多いような・・・。
次が確かイチゴで、あれは出た当時「邪道だっ!」と思い、ごく最近まで手を出さずにいました。でも、ここのとこは、イチゴどころか何でもあり、って感じですね。イチゴなんて、ちゃんと肉桂入ってるし、今となってはオーソドックスに見えるくらいです。

アラカルトの詰め合わせね~。三種類ぐらいまではありますけどねー。
季節によって変えてるから、いっぺんにたくさんカバーするのは難しいんでしょうね。
・・・といっても、作ろうと思えば作れるに決まってますけど、そこは一応、季節重視の和菓子ってことでしょうか。
  1. 2007/06/24(日) 07:29:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

lazymikiさん、こんにちは!先日はコメントいただき、ありがとうございました!
とてもステキなデザインのブログですね(´▽`*)とても読みやすいです。

そうそう、八つ橋って次から次にフレーバーでてますよね。この前、日本に一時帰国
した友人がゴマの黒八つ橋を買ってきてくれて、みんなでありがたーく頂きました。

フランスは新商品が本当に滅多に出ない国なので、お店にいくといつも同じ商品が
並んでいます。その変化がないリズムに最初は戸惑うのですが、慣れてしまうと、
同じ味をいつまでも…もいいなぁと思います。

梅味なんて、さっぱりして夏向けで美味しそうですね(´▽`*)いいなぁ。
梅がないので、こちらでは作れそうもない…(>_<*)ックー!
  1. 2007/06/25(月) 00:06:00 |
  2. URL |
  3. sayagata #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

梅餡、いいですね♪美味しそう!

それにしても、八つ橋、いろんな種類が出てるんですね~!
私も5月に京都で八つ橋買いましたよ。ラムネ餡(笑)とか黒ゴマとか。
ラムネ餡はラムネの味が薄くて、インパクト少なかったです。

やっぱりニッキ味がいいですね。皮だけのがいくらでも食べられて、好きです。
  1. 2007/06/25(月) 00:07:00 |
  2. URL |
  3. あつこ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈sayagataさん、
おいで下さってどうもありがとうございます!うれしいな~(^‐^)
sayagata、って素敵なハンドルですねー。
私は着物が好きなので、和風文様も興味あります♪

私、去年の8月に10日間ほどパリに遊びにうかがったんですよ。
あとひと月ほどであれから1年経つかと思うと感無量です・・・。

日本ほどくるくるといろんな商品が出ては消えする国って、珍しいのでしょうか。
・・・あ、でも、Volvic(その他PET水製品)のいろいろなフレーバーはフランスでないと買えないかな?(ようやくレモン味が出ただけの日本。)

フランスに暮らしておられながら、綺麗な和菓子を手作りされてるsayagataさんは素敵です。今後もまたブログにお邪魔させて下さいね!
  1. 2007/06/25(月) 21:42:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈あつこさん、
おおっ、ラムネ味を試されたことがあるとは!
・・・インパクト少なかったですか。いや、そうですよね。インパクトの強いラムネ味って、食べたくないような気がしますもん。
いや、じゃあなぜそもそもラムネ味なんか作るか、って・・・?

皮だけの餡なし生八つ橋、根強い人気ですね。わかります。
肉桂の風味はやっぱり「う~ん、これが京都の香り」って感じです、私には。
高校の修学旅行の時に始めて知った京都の香り・・・大げさですけど、ホントなのー。
まあまだしばらくはいろんなフレーバーに惑わされるかも知れませんが、そのうち特定の「お気に入りの味」が出来るだろうな、と思います。
  1. 2007/06/25(月) 21:47:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する