本と旅とそれから 木版画が好き

本と旅とそれから

木版画が好き

▲これ、「福ふだ」というらしいです

京都・産寧坂沿いの小さな版画のお店に、あれは・・・去年の秋だったかな、ふらっと立ち寄って、何だか綺麗で可愛いので買いました。たーくさん面白い図柄のお札があって、しのちゃんとそれぞれひとつずつ選び、二枚入りだったので一枚取り替えたのですが。

「ゼロあるいは最小限の努力でいいメを見ようとする下心」が共通項として見え隠れ(隠れてないか)・・・。
このお札、製作は「版元まつ九」、版画家は徳力富吉郎さんという方。
前回の記事に登場した「月乃ぴょんや」というお店のHPに行ったら、なぜか相互リンクが。
私、この方の作品、とても好きなんです。

▲「雪の清水寺」徳力富吉郎作


版画は、一点モノのアート作品と比べれば価格的にもずっと手軽ですが、「飾るとこないし~」と、ホンモノにはまだ手が出ていないけれど・・・。


▲UNICEFのクリスマスカードと版画の絵葉書


ひとにも出すし、自分のも買うし♪

ほかにも紹介しちゃうと、こちらも京都モチーフが多い、井堂雅夫さん、この方の作品も素敵。

▲これは東京モチーフですが。「両国花火」井堂雅夫作


好きとはいっても私は版画は(も?)あまり詳しくないのですが、徳力さんは素朴な力強さ、井堂さんは繊細な華麗さ、みたいな気がするな~。


井堂さんの絵葉書(▲)は、いずれも京都に行った時、普通に郵便局で買いました。
もっとたくさん買っておけばよかった。今となってはもったいなくて使えません。

他にもまだ好きな版画家さんは何人もいるのですが、きりがないのでもうひとりだけ。
やはり京都を描く、アメリカ人の版画家、クリフトン・カーフさん。

▲「犬掛け、祇園・一力亭」クリフトン・カーフ作


この方の作品、ハガキとか小物がなくて。ずーっと昔、当時の営団地下鉄のメトロカードに使われたことがあり、買って大事にしていたはずが、失くしてしまいました・・・。
すっごく繊細で端正な版画。画集が欲しいよぅ。6,500円するらしい・・・。

などと、カーフさん関連のWEBページを眺めていて、あっ。
「2007年3月24日にて、クリフトン・カーフ氏は永眠されました。」
――今年かぁ・・・。時々TVにも「日本が大好きなガイジンさん」のひとりとして登場してたし(「用の美」とか語ってらした・・・)、私の持ってる京都本でも、お気に入りの足袋と下駄のお店を紹介されたりしてました。亡くなりましたか・・・。ご冥福をお祈り致します。

木版画、大好きです。ここでご紹介した方々(とても有名だから、「紹介」というのは当たらないかな)は京都関連の方ばかりですが、そうじゃない作家さんも好きです。
以前は年末近くなると、「木版画の作り方」みたいな手軽な本(というか雑誌)が出て、よく買っていましたが、最近は見なくなりました。ちょっと残念。

関連記事
tag: 
  1. 2007/07/18(水) 21:30:00|
  2. 全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/460-b8964288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

赤福の包み紙も確か木版画でしたよね・・・・・・って以前この話題で書き込んだ覚えがあるような。まいっか。

クリフトン・カーフさんはずっと前にテレビで観たことがあります。
版画だけど切り絵にも見えなくもないですか?
色使いが日本画とはちょっと違って、これもまた素敵ですよね。
Mikiさんの年賀状の版画も素敵でしたよー♪
  1. 2007/07/18(水) 22:26:00 |
  2. URL |
  3. lazybug #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈ayakoさん、
そうそう、赤福、ayakoさんに教えてもらったんだっけ!
あれ、確か徳力さんなのよ。好きなくせに気付かずに、捨ててたの(で、慌てて拾った)。
あの人の図柄の「懐中しるこ」の箱とかもあるのー。

カーフさんの版画、線がシャープだから確かに切り絵っぽいかもね。
別の人ので、木版って書いてあるのに、見るからに型染めみたいのとかもあるし。
木版は、かすか~に木目が浮き出るとことか、すごく好き。
年賀状は・・・ありゃー、ちょこっとマネっこだけだから~。
でも、どうもありがとね♪
  1. 2007/07/18(水) 22:35:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

福ふだ、かわいいですね。かほう寝てまてがいいです。
雪の清水寺もいいです。これじゃやっぱりもったいなくって、はがき出せなく
なっちゃいますね。海外の人に送ると喜ぶのではないでしょうか?

そういえばこの間図書館で借りた本の中に、音羽山清水寺の拝観券が栞がわりに
挟んでありました。裏に『松風や音羽の滝の清水をむすぶ心はすずしかるらん』
と書いてました。御詠歌だから作者はわからないってことですよね。
  1. 2007/07/20(金) 22:40:00 |
  2. URL |
  3. bullet4071 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈bulletさん、
いいですよねー。寝て待て、と言われればいつまででも寝て待てる私ですが・・・。
版画ハガキはロングセラーなので今でも買おうと思えば買えますが、ユニセフのクリスマスカードは、1年限りのものなので、今手元に残っている分はもう使えませ~ん。

拝観券を栞がわりに、っていうの、わかります。サイズぴったりですもんねー。
私が今栞がわりにしているものを見てみても・・・エルメのスイーツの説明書きとか、地球未来館(だったかな?)の入館券とかです。
清水寺のはとってありまーす。
ああいうサイズのものって捨てられない私なのです。いろんなお寺のあります♪
  1. 2007/07/20(金) 23:35:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

 版画、たくさんあって素敵ですね。徳力富吉郎さんのHPも覗いてみたら、京都のモチーフがたくさん。京都って絵になりますよね。
 井堂雅夫さんの作品は細かくて綺麗です。藤棚の絵に惹かれました。清水寺もいいなぁ。ホント、もったいなくて使えないですね。

 遅ればせながら八つ橋のTB、させていただきました。 深夜に飛ばなかったので、朝にトライしてみたら無事飛んでよかったです。
  1. 2007/07/22(日) 11:22:00 |
  2. URL |
  3. あつこ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈あつこさん、
本当に、京都というところは、絵に描いても写真に撮ってもサマになりますね。
井堂さんの版画、母がそのひとつをタペストリーに作ったものが家にかけてあります(母の目下の趣味なのでした)。
いつかホンモノを手に入れたいなぁ・・・。
といっても、版画は本当にそんなに高額じゃないんですが。

TB、特にエキサイトではないブログからだとトラブルが多いようで、あちこちで苦情を見かけます。お手数をおかけしてすみません。
再トライが上手くいってよかった!どうもありがとうございます。
  1. 2007/07/22(日) 21:23:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する