本と旅とそれから 図書館内乱/有川浩

本と旅とそれから

図書館内乱/有川浩


「図書館戦争」続編。
「しゃばけ」なんかもそうでしたが、人気の出て来たシリーズにお馴染みの展開、主人公を取り巻くサブキャラたちの物語が語られます。

  前作「図書館戦争」の感想はコチラです。
図書館内乱/有川浩(メディアワークス)

相変わらず、上官(上司、とも言える)に対して、考えられない無礼な口をきく主人公「郁」とその悪友・柴崎ですが・・・2冊目なので、慣れてきて違和感も薄らぎました(^^;
それどころか、言葉は無礼でも、その裏に敬意や愛情が存在することをしっかり感じ取っているから大してハラが立たない、という、ある種理想的なコミュニケーションにすら見えてきましたよ。

図書館って、こんなに素敵な職場であり得るのかなぁ・・・。
いやもちろん、フィクションなんだけど――。本に囲まれているだけで幸せ、っていう気持ちはわかる気がするんですね、私も。現実には、よっぽど何か実験的な試みを行っている意欲的な図書館でもなければ、単調そうな気がするんですけど。
ただ、今回この本に出てきた図書館による「焚書」の問題は、現実に類似の事件が割と最近あったんですよね。どこか地方の図書館で。作者さんの「知る自由」、「知る権利」を守りたい、という強いメッセージは伝わります。

それとやっぱり「仲間」の魅力。人間の魅力。
それぞれ個性を持ちつつ、(主人公以外は)とても有能で、若くて、輝いている。
若くて、はともかく、こういう人間の集団の魅力っていうのは、形は違ってもいろいろなところで描かれる主題ですね。そういう彼らが力を合わせ、励ましあって難関に立ち向かう・・・。ある意味、クラシカルなパターンをふんでいると言えるのかも。

あ、もしかしてちょっと「夜ピク」キャラたちと似てるかも?男性陣はプラス10歳、女性陣はプラス5歳ぐらいの感じで。

さらに続編あり。図書館に予約入れました。

関連記事
tag: 有川浩 
  1. 2007/08/09(木) 20:45:00|
  2. 2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/475-b35cd658
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

実は私も読んでるんですよ、このシリーズ!
感想をあげようと思っていたのですが
でも表紙とタイトルに惹かれて借りたもので
「図書館戦争」をまだ読んでないのでした。
とりあえずそれを借りてからにしようと思っていたらついつい遅れてしまって。
お話は少々強引な展開もありましたがキャラが生き生きしてていいですよねv
文庫になったら全巻揃えてもいいな~なんて思ってます。
ただ恋愛模様がとりざたされすぎな面もあるようでちょっともったいなくも感じました。
せっかくいい設定なのでそちらはもう少しだけ控え目にしてなんて思ってしまうんですね。
本好きには考えさせられるお話なので甘くも辛くも読めるとこも気に入ってますv
  1. 2007/08/09(木) 21:49:00 |
  2. URL |
  3. mattya-genmaitya #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈mattyaさん、
あっ、ホント~?(^^)
そうかも、mattyaさん、お好きかもですね、この明るいノリ。
かゆい表現になりますが、「若さの輝き」と言いますか・・・。
1作目「図書館戦争」は、少々状況解説の部分が多いですが、こちらも良いです。
私はこの「内乱」の作中作品の「レインツリーのナントカ」も読んでみることにしました。
図書館から連絡来てるので、週末、取りに行ってきまーす。
それにしても、図書館と軍隊をくっつけるっていう発想はユニークですねー。
主人公「郁」が、あまり本を読むタイプの子に見えないのが少々矛盾な気もしますが・・・。
もちょっと手塚に活躍してほしいのでした。
「甘くも辛くも読める」・・・スルドイっ。まさにそんな感じですね!
  1. 2007/08/11(土) 00:25:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

初めまして。
コメントありがとうございました。
TBのほうはうまく行かなかったようです。
今作は各登場人物が深く掘り下げられていて
良かったです。
特に柴崎好きなので
彼女の人となりや彼女の秘密がしっかり描かれていて
良かったですね。
手塚との関係も気になりますが・・・。
  1. 2007/08/20(月) 19:56:00 |
  2. URL |
  3. す~さん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈す~さん、
おいで下さってありがとうございます(^^)
TB、失礼しました、先ほど再トライして、どうやら今度は上手くいったようです・・・ていうか、もしかすると私、「TBしますね」とかコメントしたのに、送信し忘れていたのかも知れません!そういうポカをしょっちゅうやらかしているので・・・すみませんー。

感情表現の不器用な人、というのは共感を得ることが多いように思います。
やっぱり、そういう人のツラさ、もどかしさみたいなのって、わかる気がするからでしょうか。
それにしても、この「図書館」シリーズ、ブログで取上げておられる方が多いのでびっくりです。すごく人気があるんですねー。
できれば、これからもよろしくお願い致します♪
  1. 2007/08/21(火) 00:14:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する