本と旅とそれから 「百段階段×大奥」展 PLUS

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「百段階段×大奥」展 PLUS


「大奥、そこは女の牢獄・・・」
やだ、コ、コワイですよ、そのキャッチコピー~・・・。

実はこれ、北海道旅行以前の話で・・・積み残しのネタなんです。
いっぱい写真撮ったし、ボツにするのもったいないので、お付き合い頂ければ。

着付け仲間で、前回、同じ目黒雅叙園の百段階段の見学に出かけた時もご一緒頂いたTさん。彼女から、「百段階段で『大奥』の着物の展示があるそうなんですけど、どうですか?」とお誘い頂き、出かけました。

  百段階段見学の話はコチラ

「大奥」舞台化記念の展覧会だったのですが・・・。
実は私、この「大奥」という歴史ドラマ、TVも映画も一度もまともに見たことないんです。その私でもなんとなく知っていたのは、TVの番組宣伝や、映画のポスターその他をあちこちで目にしていたから。
なんかいつも誰か豪奢な着物姿の女性が「すっく!」と立っている姿が印象に。

今回は、同じ着付け仲間のUさんもご一緒。
お二人は大体「大奥」を把握しておられたようで・・・ちょこちょこご説明頂きました。


前回は百段階段そのものがメインの見学会でしたが、今回はTVや映画撮影時に使われた着物や小物の展示が中心。上の写真の部屋では、打掛を着て写真撮ってよい、ということで・・・他の部屋は例によって撮影禁止でした。

つくづく・・・女優さんって頭小さいんだ。カツラの展示もあったのですが、冗談のように小さなサイズでした。でも・・・着物については、んー、もうちょっと豪華かと思いました。

で、百段階段での展覧会を見学した後、前回は見ることのできなかった、古い雅叙園の建物から移築された内装が残る宴会場に行ってみました。
「ただいま宴会中にて、見学ご遠慮下さい」の立札はなぜか目に入らず、ちょっとだけ、ちょっとだけ覗かせて下さいませな~、とつぶやきながら侵入していく我ら3人・・・ああ、年々図々しくなっていくのは年のせいというものでしょうか。

あまり人かげがないのをいいことにウロウロしていると、係のオジサマに見つかったので、「あの、ちょっとだけ見学を・・・」とダメモトでお願いしてみると、「今終わったところですから、どーぞどーぞ!」とのお答え。ラッキーでした~♪

▲よく雅叙園の写真に登場する宴会場「玄関」

ただの壁とか天井っていうところがないんですよ、ここは。全部絵で埋め尽くされているの。



ご親切なことに、先ほどの係の方が、まだ片付け前の宴会場まで解説付きで見せて下さり、おかげで今回は、古い建物好きの私としては百段階段よりもこちらを堪能したのでした。

古い建物だというのに、年月よりも華やかさばかりが印象に残ったこの建物でした。
「大奥」の展覧会をするにはぴったりだったかな。

関連記事
tag: 
  1. 2007/08/17(金) 20:33:00|
  2. 全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/481-4372a911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

雅叙園のこの宴会場、前から写真を目にしていて、一度実物を見てみたいと思っていたんですよね。羨ましいです~。

ところで大奥といえば、来年の大河ドラマ「篤姫」がまさにこの話ですね。
テレビドラマ版大奥は総集編しか観てないんですが、天璋院篤姫が菅野美穂で、皇女和宮が安達祐実で、なかなか面白かったですよ。(この舞台版だと、和宮が安達祐実……なのでしょうか。浅野ゆう子は何役なんだろ?)
大河ドラマが始まる前に、テレビ版を通してみたいなあ……なんて思ってます。

幕末好きとしてはこの時代の話が大河ドラマになるのは非常に楽しみなので、この夏休みは大河ドラマ原作の「天璋院篤姫」を読んでました(タイまで行ってなにやってんだか)。宮尾登美子の小説って初めてかも……みっちり上下巻読み応えがあって面白かったです。
歴史小説、お嫌いじゃなければオススメです♪
  1. 2007/08/20(月) 21:17:00 |
  2. URL |
  3. ayano #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈ayanoさん、
宴会場、土日は見せてもらえないようなので、平日に。見るだけならタダでーす。
この日は、この「大奥展」とランチをセットにした団体旅行がたーっくさん来ていて、宴会場でお昼召し上がってました。大型バスが何台も・・・びっくりしましたー。

「篤姫」、やっぱ宮尾さんの本が原作だったんですね!
私、宮尾さんの本は好きで結構読んでいるのですが、これは抜けてました。年末近くなるときっと大河ドラマ関連で引っ張りだこになりそうだから、今のうちに図書館で借りておこうかなぁ・・・などと、読みたい本がずんずん積み上がる今日この頃。
私も幕末大好きです。以前京都で「幕末めぐり」したことあります。
坂本竜馬の酢屋・寺田屋、金戒光明寺に霊山護国神社・・・とか。

浅野ゆう子さんの役は、瀧山という大奥御年寄役です。
あれって確か、収賄事件か何かで失脚するんじゃなかったですか?
私もちょっと見てみたいけど・・・TVドラマ、何回ぐらいの放送だったのかなぁ・・・。
  1. 2007/08/21(火) 00:23:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

懐かしの京都・奈良、噂の北海道(この後でチーズ餅でビール飲もおっ)、そして雅叙園も一気に読破。すごいなー、確かに一度この宴会場は見てみたい。
北海道旅行のMMちゃんの話、爆笑!頭がよくなって久しいはずだけど、5分以内に忘却の彼方。まるで今の私やん。
しかし欲張りなツアーで...また北海道に行きたくなった!小樽の寿司、函館の塩ラーメンに地ビール。釧路に行ったら市場でマイ丼を作って食べてみて。わは、食べ物ばっか。いえいえ、夜景もね。神戸には申し訳ないが、私の中では函館が一位、二位は窓際A列に座って伊丹行きの機内から眺める「大阪の動く夜景」。
ミカエルの由来にも感動したよ。お~、そうだったのか。勉強になるブログだ。そして便利だ、一緒に行った旅の記録が美しい旅日記として残るなんて。脳内地図(やった?)が「怠」で埋め尽くされてそうやわ。
和菓子にご無沙汰気味の今日この頃。IORIカフェでも行ってみるか。。。あるいは来週(木)に朝駆けでイデミスギノリベンジか、悩むところだ(前日中に帰阪できないから品川泊っす。例の竹筒入り水羊羹持ってこか~?)。あ、老松リベンジを忘れるとこやった。嵐電で行かななぁ。
  1. 2007/08/24(金) 21:20:00 |
  2. URL |
  3. しの #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈しのちゃん、
おぉぉ、こっちではちょいおヒサだね、しのちゃん!
相変わらずしぶとい残暑だけど、カンペキ日除け装備で頑張っているのかな?

おバカな話ばっかりだけど、読んでくれたのかー、ありがとう。
夜景については、まだあまり見たことのない私だけど、これまで一番素敵だと思ったのは、NYの一番街高層ビルの上から見た「垂直展開&オレンジの夜景」です。
ミカエルさまを日本の守護天使と定めたのは、日本にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルだということも、函館で学んだよ。
脳内メーカーには「怠」という字はない。なぜなら、あれば間違いなく私の脳内に現れているはずだから。だからないのダ。

なになに、来週木曜は東京にいるわけ?
えー、もし時間あるなら、遊ぼうよ。私、夜はダメだけど、昼間ならOKだよ?
老松はさー、新しく新宿伊勢丹に入ったけど、こないだショーウィンドーみて、きんとんが80%ぐらいべっちゃりになってるのを見て、結構怒りがわいたよ。
京都の老松茶房に行きたいよー。
またメールするサー(^^)
  1. 2007/08/24(金) 23:04:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。