本と旅とそれから レインツリーの国/有川浩

本と旅とそれから

レインツリーの国/有川浩


それにしても、この有川浩さんの図書館戦争シリーズ(本書はその番外みたいなものですが)、本読みブロガーさんたちの間でここまで人気があるとは、驚きました。
他の方の感想は、と探してみたら、本当に多くの方が感想をUPされていたんですもの。

さてこの作品、読んでる方が照れちゃうような、純情一直線という感じの恋愛小説。
単独で存在してたら、私が読むことはなかったかも知れませんが・・・。
レインツリーの国/有川浩(新潮社)

この本、先日読んだ「図書館内乱」という本(著者同じ)の中に小道具として登場する、当初は架空のものだった本。その後、著者が「図書館内乱」に描かれている通りに(表紙の絵までちゃんと揃えて)本を書いたため、実在することとなったのです。

  「図書館内乱」の感想はコチラ

タイトル「レインツリーの国」は、耳に障害を持つヒロインが綴るブログのタイトル。そこに彼女が書いた、とある本の感想文に深く感動した男性との間に始まるラブストーリーです。

うーん、ここまでドラマチックでなくていいから、一冊の本を巡る、なんというんでしょ、深いやり取りをしてみたいもの。といっても、そのためは、ヒロインのように、「言葉の限りある愛おしさを知って」、「またとないほど真摯に」言葉を使って感想文を書かねばならないのですが・・・。平たく言えば、丁寧に言葉を選んで心をこめて書け、という感じだろうと思いますが、簡単にはなかなか。これでも、自分なりに言葉を選んでいるつもりではあるけれど・・・あはは。

男性の方が大阪出身ということで、話す言葉は大阪・河内弁――「いかなる外国語との喧嘩でも迫力負けしない地上最強言語」なんですか?
また、関西人の多くが「頭で考えるより先に巻き舌で啖呵が切れる」という「特殊技能」を持っておられるとか?豪快~。ちなみに、有川さんて関西在住なんですね。

私(前にも書いたことあるかな・・・)、かつてネイティブ・スピーカーから大阪弁4級をもらったことあるんですが、それ以降あんまりブラッシュアップしてないから、きっともうダメでしょう。
時々友人しのちゃん(難波っ子)が教えてくれるけど、たまにだし・・・。

大阪弁の暖かさ、軽快さを活かしたラブストーリーでもあるのでした。
もしかして今度は「フェアリーゲーム」(主人公二人が知り合うきっかけになる本)という本が出来たりして・・・は、ないか。

これまで読んだ図書館戦争シリーズ2作もそうでしたが、ここにも若者の明るくまっすぐな姿がきらめいておりまする――どうも遠い目になっちゃいますよ。

関連記事
tag: 有川浩 
  1. 2007/08/22(水) 20:04:00|
  2. 2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/485-066e22fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

有川さん、読んでないのですが、興味が出てきました。私も遠い目で、青春時代を思い出したいものです。
  1. 2007/08/22(水) 21:27:00 |
  2. URL |
  3. barnes_and_noble #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

激甘な作品ではなかったからか
すごく読みやすかったかな、と。
「フェアリーゲーム」の出版・・・。
ありかもしれませんね(笑)
  1. 2007/08/22(水) 22:13:00 |
  2. URL |
  3. す~さん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

「図書館戦争」シリーズは前から気になっていたのですが
Mikiさんの記事を読んで、読むことに決めました!
今度図書館に行ったら予約してこようっと。
(また100人待ちとか言われたらどうしよう…笑)
この「レインツリーの国」も素敵そうです。
丁寧に言葉を選んで心をこめて、って、
私だってやってるつもりなのですけど、なかなか難しいです。(笑)
  1. 2007/08/23(木) 14:16:00 |
  2. URL |
  3. yurinippo #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈barnesさん、
高校3年生を振り返るなら「夜のピクニック」、社会人1年目を振り返るなら「図書館戦争」てところでしょうか。文体のせいか、登場人物たちの言葉遣いのせいか、「夜ピク」の方が大人びた印象なんですが・・・。
「レインツリー」は、聴覚障害者の女の子がヒロインなので、一歩間違えば説教臭くなりそうなテーマですが、しっかり苦味も辛味もきかせて元気なお話になってると思います。
  1. 2007/08/23(木) 23:40:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈すーさん、
私、図書館戦争シリーズしか有川さんの作品を読んでいないのですが、いろいろ書評など見ると、あの方の他作品のラブストーリーは「激甘」と言われたりしているんですね。
私は「レインツリー」でも十分甘い気でいるので、それ以上となるとツライかも・・・。
図書館シリーズの方の最新刊も、早く読みたいですー。
  1. 2007/08/23(木) 23:43:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈yurinippoさん、
私、こういうライトノベル系の小説って、相変わらず自分のスタンスが定まりません~。
デルフィニアしかり、建築探偵も幾分そんな感じ。
十分楽しんでいるんですが、なんか、100%本を読んでるんじゃなくて、30%くらいはマンガ読んでる気がするんですよね・・・。
楽しいんだから別にいいだろうってものなんですが・・・。

私は「きつねのはなし」借りてきました。
ラッキーにも、「待ち」なしでGET(ayakoさんが、「ゲット」は古いって言うんですよー)。
  1. 2007/08/23(木) 23:49:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する