本と旅とそれから 重い「コンダラ」

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

重い「コンダラ」


そういえば、笑っちゃう歌詞の勘違いをもうひとつ思い出しましたよ~。

♪思いこんだら試練の道を
行くが男のど根性

ご存知「巨人の星」の主題歌ですね。
・・・て、え、まさか、昨今の若い方は「巨人の星」を、星飛雄馬を、ご存知なかったりします?
私はいわゆるスポ根マンガはどちらかというと汗臭くて苦手ですが、それでもどういうわけか、これは(あ、他のもだけど)かなり記憶あります。

で、昔、当時の友人Oちゃん(バケラッタ!)が語ったところでは、彼女、この主題歌の始めのところを、「『コンダラ』という名称の重いもの」と勘違いしていたというんですね。その時画面は、星クンがTOP画像のようなローラーをつらそ~に引っ張っている光景だったらしく、「あぁ、これが『コンダラ』というモノか」と重ねて勘違いしたという・・・。

・・・と、ここまでは単なる勘違い話なんですが。

さっき、「そうだ、その星飛雄馬がコンダラ(ちゅかローラー)引っ張ってる画像ないかな」と探してみたんです。
――ない。「巨人の星」主題歌の画像は結構いろいろあるんですが、その冒頭のはない。

そして巡り巡って知りました。
この「コンダラ話」は、Oちゃん固有の勘違いではなく、ウィキペディアにもちゃーんと載っている「都市伝説(空耳とも書いてあった)」なんですって。

さらにさらに、この国には、私ゴトキをはるかに上回るもの好きな方がおられて、この「コンダラ」の専門メーカー(あるわけない)のHPまで作ってしまったのです。
その会社の名は、ズバリ「日本コンダラ製鉄株式会社」
そんじょそこらの工作機械メーカーのHPよりはよっぽどきれいです。笑えるし。

・・・なに、どーでもいいっちゃどーでもいい話なんですけどね(タメイキ)。
なお、「コンダラ」の正しい名称は整地(またはコート)ローラーです。

日本コンダラ製鉄株式会社のHPはコチラ
ウィキペディア「コンダラ」の項目はコチラ

関連記事
tag: 
  1. 2007/08/25(土) 20:31:00|
  2. 全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/487-95e797c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

コンダラ!ぎゃははははは
ウィキペディアに載っちゃうぐらい、コンダラって会社名になっちゃうぐらい有名な「聞きまつがい」なんですねー知らなかった!
うちは兄がいてこういうのも結構見てたんで知ってますが、私はあまり真剣に見てなかったですねぇ~~
飛雄馬が小さい時は何故猫ひげが?とは疑問に思ってましたけど(笑)

さっき、テレビで(エンタの神様)星飛雄馬っていう人が出てました。本名ですって。
それで姉がいないので妹が生まれた時「明子」にしようとして親戚が反対して、できれば自分が飛雄馬になる時に反対して欲しかったっていう話をしてました。

  1. 2007/08/25(土) 23:00:00 |
  2. URL |
  3. lazybug #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈ayakoさん、
私も、これを書く前日までは単なる友人の笑える勘違いだと思ってました。
でも、大勢の人がそういう勘違いを共有していたとは、なんかむしろ不思議な思いです。
それにしてもウィキペディアってすごいねー。
立派なこともいっぱい出てるけど、こういう「おバカちゃんのための雑学講座」みたいな話もいろいろ出てるし。
(なのに、さしがねと十二支の関係はわからなかったけど・・・。)

飛雄馬の幼少時のネコひげ・・・はは。
あの当時の子って、鼻水をそででゴシゴシってやって顔に跡がついてたのかな?
横ジワがあったとは思いにくいし・・・。

星飛雄馬が本名か。「明子」の方がずっとふつうの名前だし、確かに親戚も反対するなら飛雄馬の時にすべきだったね・・・。
私、「島田陽子」、「原節子」、「栗原小巻」は知り合い(会ったことがあるのはひとりだけ)にいるけど・・・名前段階でかなりの美貌を期待されるから、プレッシャーじゃないかなぁ。
  1. 2007/08/26(日) 11:26:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

「重いコンダラ」話、聞いたことありますが、ウィキペディアにも載ってたんですね~!

こういうネタ、好きですよ~

私は「エースをねらえ」のエンディングで、「燃え上がる恋も~」の部分を「燃え上がる小芋~」だと勘違いしてました(子供だったので)。「おもいこんだら」もひらがなで字幕が出てたのかも知れませんね(笑)
  1. 2007/08/26(日) 11:48:00 |
  2. URL |
  3. あつこ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈あつこさん、
おぉ、やっぱり他にもご存知の方がおられたのですね・・・。

おバカネタに付き合って下さってありがとうございます。
(結構こういうのならあれこれあったりして。)

燃え上がる小芋!そ、それは笑えます~~!
「エースをねらえ」は、マンガは読んだのですが、アニメはほんのちょーっとしか見てないので、オープニングの歌しか知らない(これならまだ歌える)んですよー。
私は、大昔、宝塚歌劇団で「風と共に去りぬ」を見た時、最後にレットにふられたスカーレットが、「あたしにはまだこのタラがあるわ!」と再起を誓うシーンで、ふと「タラ」が魚のタラに思え、「スカーレット、食い意地張ってる・・・」と思ったら、感動のシーンなのに笑いがこみあげて困った思い出があります。

ちなみにウィキによれば、「おもいこんだら」は、画面でもちゃんと漢字表記されており、しかもローラーを引いている画像ではなかったということで、そのことも、これは都市伝説だ、と言われる根拠のひとつみたいです。
  1. 2007/08/26(日) 19:07:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。