本と旅とそれから 家守綺譚/梨木香歩

本と旅とそれから

家守綺譚/梨木香歩

森見登美彦さんの「きつねのはなし」がとても気に入った、と書いたところ、「それならこちらも」とyurinippoさんにお薦め頂き、さらにbarnesさんからも「私も大好きな本です」とうかがって、もーこれは、どう転んでも間違いない、と自信満々で手に取った1冊。


家守綺譚/梨木香歩(新潮社)

というわけで、もちろん素敵なお話でした。

「きつねのはなし」が、森見流にされていた味付けが気に入ったとするならば、こちらはあたかも味付けほとんどなしの天然だしの風味を堪能しました、という感じ。
なんのこっちゃ・・・と、えーと、すごくさらっとしているのです。
で、香り高い。

こういう雰囲気がわかるのは日本人だろう!と思ったりもしましたが、むしろ中国の仙人などを描いた水墨画が思い浮かぶような場面もちょこちょこありました。
わかりもしないくせに、「老子っぽい・・・」と思ったり。
現実と幻がふっと溶け合う雰囲気が、「杜子春」とか「胡蝶の夢」とか「邯鄲の夢」とか、ああいう中国題材のお話を思い起こさせたのかな。

にしても、よいですのぅ。
あの主人公の暮らしぶり。「忙しいのが苦手」な私の理想です。
ぐーたら仙人みたいな・・・く~、良い。

あの世(?)から時々顔を見せに来る友人、ガーディアンみたいなお隣のおばさん、宗旨不明の明るい和尚、おちゃめなんだか律儀なんだかのタヌキ、使い魔的存在のゴロー(犬)。
鳴家みたいな小鬼まで出てきてたなぁ。
そして、季節の風を感じさせる草木の数々。
(ムカデとかはすごくイヤなんですが~・・・。)

キャラとしては、関口巽や若だんなに通じるところも感じさせる主人公。大概がなりゆきまかせって感じのとこが肩の力抜けてて良いのね。羨ましいよぅ。


webcitron01.gif


My Favorite Books(お気に入りの本のブクログ)
BOOKS INDEX(作家別感想文一覧)

関連記事
tag: 梨木香歩 
  1. 2007/09/03(月) 21:54:00|
  2. 2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/494-9326a8d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

あののんびりした暮らしっぷりはあこがれますね。
サルスベリが何気にいい性格してたと記憶してます。
高堂と綿貫の関係が、京極堂と関口っぽかったかなーと。
2年も前に読んだのでうろ覚えですが。
  1. 2007/09/04(火) 02:46:00 |
  2. URL |
  3. gis-uk #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

あんなふうに暮らしたいですよねー。ほんとに。
いや、今でもぐうたらなのはそうなんですけど…(笑)
そしてサルスベリを見ると、「キレイに咲けよー」とついなでなでしてしまうのです。
効果の程はわかりませんが。

あ!わたしも、高堂と綿貫は、京極堂と関口っぽい力関係だと思いました。
  1. 2007/09/04(火) 16:37:00 |
  2. URL |
  3. yurinippo #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おお、読まれたのですね。秋風が吹き、風鈴がチリンとなったりすると、この本のことを思い出します。味のある作品ですよね。
  1. 2007/09/04(火) 19:24:00 |
  2. URL |
  3. barnes_and_noble #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈gis-ukさん、
おぉ、こちらにおいで頂けたなんて、とっても嬉しいです!
ほくほくほくほく・・・。

ええ、ホントにあこがれの世捨て人生活・・・。
水回りさえ問題なければ、ちょっとぐらい寒い家でも我慢するのですが。
サルスベリが蒲柳の質、てありましたけど、一匹オオカミのクマ、みたいで、表現にちょっと笑いました。
高堂と綿貫、毒気を抜いた京極堂と、ひねこびない関口って感じでしたね。
善人バージョンていうか。
  1. 2007/09/04(火) 21:44:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈yurinippoさん、
なりゆきまかせのぐーたら性分、てとこは私も十分「有資格者」なんですけど?
誰かが私を京都で家守に雇ってくれさえすれば・・・東山界隈で。

サルスベリの花というと、真夏のぎらつく太陽を連想していつもくらっとくるんですが、本の中ではとても女性的な優しげな花でしたねー。
以前京都の平野神社で、満開の豪華絢爛の桜の樹、後ろに回ったらショッキングなほど幹がウロになっていたのを思い出しました。
ああなった樹って、どのくらい生きられるのでしょうね・・・。
  1. 2007/09/04(火) 21:59:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈barnesさん、
たてつけがイマイチの日本家屋が出てくるせいもあってか、この物語ではあちこちで「風」を感じました――隙間風から嵐まで。
barnesさんがお好きだとおっしゃるのもすごくわかります。
ほんとに、しみじみしますね~。
  1. 2007/09/04(火) 22:03:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

今日この文庫本を求めて本屋を回りましたが、どこも「すいません品切れで・・・」だとさ。
なので適当に待ってみてそれでも入荷しなかったらAmazonさんにお願いすることにします。
ユリさんはやはり単行本の表紙が素敵なのでこちらがお勧めなようですが、値段の違いが痛いですねぇ~~~

あー早く読みたい。
  1. 2007/09/04(火) 23:00:00 |
  2. URL |
  3. lazybug #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈ayakoさん、
最近、本を買う時は大抵Amazonだったので、何軒か回ってどこも品切れで・・・っていう経験、してなかったなぁ。なんか懐かしい・・・。
私も、この本買いたい気がちょっとします。
私の場合、読んでみたいから買うんじゃなくて、読んでみてよかったから、また読みたくなるだろうから買う、っていうパターンなんですけどね。
まあ、実際にまた読みたくなった時に買うことにします。
で、そういうことだから、それほど冊数買わないので、単行本でもいいかなと思ってますが、本棚のスペースがすごくキビシイ状態なので、そういう意味でやっぱり文庫にするかも知れません・・・。
  1. 2007/09/06(木) 00:36:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

>こういう雰囲気がわかるのは日本人だろう!と思ったりもしましたが、むしろ中国の仙人などを描いた水墨画が思い浮かぶような場面もちょこちょこありました

ああ!そうですよね!そうですよね!さすがMikiさん。私が読んだ時に感じたうまくいえないあの感じって、そういう感じでした!
この機微が分かるのは日本人よのう‥(おじいさん風つぶやき口調にて)と思うんですけど、ちょっと水墨画‥うんうん。言い得て妙です!
私、この本は気に入りすぎて、外国に住む親友に送ってあげちゃいました。(自分が読んだ後の文庫だけど。でも、異国に長く住んだ身の彼女にはどう感じられたのだろう?今度感想を聞いてみようっと)
  1. 2007/09/06(木) 21:44:00 |
  2. URL |
  3. 花侍 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

?花侍さん、
くくくく~~っ!
花侍さんと本の話できるのって、もっのすごぉく嬉しいですよっ!
花侍さんて、どういう作家さんやジャンルの本がお好きなのかなー?
教えて教えて。

本の感想文って、書いてみると難しいとこありますよね。
えーっと、だからさ、こういうのどう言い表せばいいのかな、て感じで。
花侍さんは褒めて下さったけど(ありがとさんです)、私もいつもとりとめないっていうか、大したこと書けなくてもどかしいです。

外国のお友達に送ってあげたんですか(^^)
花侍さんが「家守綺譚」を送ってあげたいと思うような人だったら、きっと楽しんでくれたと思うなー。
(ところで、もしよかったら花侍さん、メルアド教えて頂けませんか?
ライブドアブログって、鍵コメはできなかったんでしたよね。)
  1. 2007/09/06(木) 23:27:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

わ~い♪もちろんです~
gelsemiumelegans0.05@ezweb.ne.jp
09034358990
です。
これからもよろしくお願いします<(_ _*)>

本は読みやすいのが好きかなぁ。その時の気分であれこれ読みます(目についたのを手に取るから?)
梨木香歩では「りかさん」とかも好きだし、この系統は湯本香樹実とかも好きです。
今、読んでるのも子供系で「キッドナップツアー」と「くちぶえ番長」です(笑)
  1. 2007/09/08(土) 09:40:00 |
  2. URL |
  3. 花侍 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈鍵(花侍)さん、
どうもありがとうございます。
では、明日or明後日あたり、メールさせて頂きますね~。

湯元香樹実さん・・・およ~、全然知らなかったです、その作家さん。
梨木さんと似た系統なんですか?なるほどなるほど。
(そしてまた、興味をひかれる作家さんがひとり増え、読みたい本のリストが長くなり、「ちっとも読めないよぅ~」とぶーたれる回数が増えるのだった・・・。)

こちらこそ、これからもよろしくです!<(_ _*)>
(顔文字、花侍さんのコメからコピペしちゃいました。)
  1. 2007/09/08(土) 22:05:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

この記事を拝見してから、3ヶ月。ふとしたことで、amazon.co.jpで古本漁りをして、実家に送ってもらいました。本当は、クリスマスのお休みまで取っておくつもりだったのですが、やっぱり耐えられず、読破。よかったなぁ、としみじみ思います。なんというか、しみじみとさせられて・・・。ご紹介、ありがとうございました。
  1. 2007/12/20(木) 06:54:00 |
  2. URL |
  3. 都子 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈都子さん、
おぉ、お読みになったのですね!めでたいです。
そしてお気に召したようで、これはさらにめでたいことです!

肩から力の抜けた、「浴衣でくつろいでます~」みたいな雰囲気(どんなんじゃ?)、良いですよねぇ。日本版フラワーフェアリー、とでもいうところでしょうか。
私も最近読むようになった梨木香歩さんです。人気のある作家さんらしくて、実は今日、何も読み物を持たずに出かけてしまい、地下街の本屋さんで、この作家さんのエッセイ集など買ってしまいました。そのうち感想UPしようと思います。
  1. 2007/12/21(金) 00:23:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こんにちは、YO-SHIです。

古~いエントリーに、コメントを付けて恐縮なんですが、この本読みましたよ。
1月ほど前に、私のブログの「鴨川ホルモー」の記事にコメントをいただいて、この本を紹介していただきました。
とても良い本を紹介いただいて、ありがとうございました。

この記事を読むと、Mikiさんも、他の方から紹介されたんですね。「広がる読書の輪」これは素敵なことですね。
  1. 2008/07/14(月) 13:32:00 |
  2. URL |
  3. YO-SHI #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈YO-SHIさん、
こんばんは^^

古~いエントリーにコメント頂けて、とても嬉しゅうございます^^
あ、てことはお気に召したんですね、この本。
嬉しいな~!それは後ほど、感想を読ませて頂きにうかがわねば!

そうなんです。
この本を読むまで、梨木香歩さんを読んだことはありませんでした。
ブログをやっていてよかったなー、と思うのは、やっぱりこういうふうに、自分だけでは出会わなかったかもしれない素敵なものに出会えた時ですね~。
これからもよろしくお願いいたします。
  1. 2008/07/14(月) 23:21:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

今更ながら、、、

出張道中の共に買ってみたらじーんと楽しめたので、mikiさん絶対読んでいるはず、と思い随分タイムラグのある書き込みです。家に住むっていいなぁと改めて思いました。帰るための寝るための家じゃもったいなさ過ぎる!!三月末で退社するので、グータラながらもお家と付き合いたいなぁ、なんて思ったり、、、。うちにもサルスベリさん的存在がほしい。
  1. 2013/02/14(木) 22:26:46 |
  2. URL |
  3. gvilla #-
  4. [ 編集 ]

gvillaちゃん、

ここのところ少々バタバタしていて、お返事が遅くなってすみませんでした(私も出張でした)。

三月で退社ですか。となれば四月からは新しい生活ですね。
なるほど、これまでよりずっとおうちで過ごされる時間が増えるのでしょうか。ありがちな今どきの家でなく、京町屋ですものねぇ。
先日一緒だったヨーロッパ人たちは、しきりと「日本の家は寒い」と言っておりました。
ワタシ的には、暑い家よりは寒い家の方がよいですが。
「家守綺譚」、そのうちまた読み返したいものです。
  1. 2013/02/22(金) 00:10:35 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #Dud4.962
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する