本と旅とそれから 和の香り・源氏香 ~花侍さんと甘くて幸せな一日②

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

和の香り・源氏香 ~花侍さんと甘くて幸せな一日②


それから3人が向かったのは、浜離宮恩賜庭園。
その中に芳梅亭という建物があります。


これから私たちが参加するのは、銀座の「香十」というお香のお店が主催してここで行われる、「組香『源氏香』体験と香文化講座」というイベントです。
お香?お香というと・・・あの、「嗅ぐ」アレですか?鼻で?
きゃー。
聞くだけですでにビビるっ。

――というのが、初めて花侍さんからお誘い頂いた時のワタクシのリアクションでした。
すっごく腰が引けておりました。
それで、ためし~に着付け友だちTさんに「こゆの、興味あります?」って訊いてみたら、「行ってみたい」というお返事だったので、花侍さんにお願いして、三人で行くことにしたのです。

会場のお座敷のセッティングは、お茶会と大体同じ感じ(多分)。
まったくの初心者が対象なので、そんなに難しいことは言われません。それに今回は「御家流」という公家流のやり方を習ったのですが、これは武家流と違って自然体を重んじるとかで、途中からは正座を崩してもよいと言われました。


で、今回は「源氏香」というのを習いました。
会では、まず香元の先生が五つの香をたき、次々と参加者に回します。参加者はその香を聞いて(「嗅ぐ」とは言わないそうです、香道では)、何番目と何番目の香が同じだったかを判別し、その結果を記号に表わします。

▲源氏香之図

その「同じ」と「違う」の組合せは全部で52通りあり得るのですが、それぞれに源氏物語の巻の名前が充てられていることから、この名があります。

むむ~。
耳も口も違いのわからない私だけれど、鼻はどうでしょうか。

香炉が回ってくるよ・・・。
くんくん。くんくん。くんくん。(3回「聞く」のがお作法ざます。)

最初のは・・・抹茶みたいな匂いじゃな。(「まっちゃ」とメモ。)

次。(「くんくん」省略。)
・・・石鹸みたいかな。(「せっけん」とメモ。)

次。
あれ、うまく匂いが溜められないよ・・・。
えーっと、なんかこう、土っぽい?(「つち」とメモ。)

次。
んん?もしかしてこれは前に「聞いた」のと同じ?でも、どれだっけ?
えーっと・・・抹茶・・・かな?(「まっちゃ?」とメモ。)

次。
これで最後。あ、最後の、いい香り。
でも、前に回って来たような気も?でっ、でも、どれだっけ?
いい匂いだから、とりあえず石鹸てことで・・・(「せっけん?」とメモ。)


メモを信じるならば・・・てか、他に手がかりもないので、とりあえず、一番目と四番目、二番目と五番目が同じってことで、それを記号に表わすと、(?)のようになります。
縦5本の線の、同じと思うものを横線で結ぶんですね。

で、これは、源氏物語の巻名でいうと「御法」ですので、記号とこの名前を書いて提出。


やがて、香元から正解が発表されました。
一番目と四番目、二番目と三番目が同じだったそうで、記号に表わすと(?)、源氏物語の巻名は「藤裏葉」。

参加者は全部で20人弱だったのですが、みんな、「あ~、そっかぁ、残念」とため息。
そうよねー、まったくの初心者にはなかなか全部当てることはできないわよねー・・・と思っていると、隣に座っていた花侍さんが、くいくいと私の袖を引く。

振り向くと、目をキランキランさせながら、自分を指さして・・・。
えーっっ、何?!もしかしてアナタ、正解ですかっ?!
ぶんぶん頷く花侍さん。

なんとーーーー!!
花侍さんは、この会で唯一の全問正解者だったのでしたっ!

びっくりしたよー!
源氏香の会では、「執筆」と呼ばれる記録役が、参加者の名前(「名」の方のみ)や提出した答えなどをすべて毛筆で書きとめた記録みたいなのを作成するのですが、Only Winnerとなった花侍さんは、その香会記をもらったのでした。

▲花侍さん優勝(?)の記録!
(記念の写真から勝手に借用。)

朱色に輝く「玉」の一文字。全問正解(「皆中」といいます)の印でございます!
笑っちゃうのは、私とTさん(と、なぜかTさんの向こう隣の方も)が同じ答えでハズしたこと。

当然ながら、当たって嬉しい花侍さんは、それまでのにこにこ顔がにこにこにこ顔に。
羨ましいゾ。
「次は投扇(扇を投げて的に当てる遊び)を習いたいデス」とか言ってます。
・・・目のつけどころがユニークだなぁ。

▲お土産にもらった室内香

といったところで浜離宮を後にした私たち、私がかねてから行きたかったカフェに連れて行ってもらうことにしたのでした。
最終回につづく~。

銀座香十のHPはコチラ
関連記事
tag: 
  1. 2007/10/20(土) 22:16:00|
  2. 全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/530-ebb3587b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

投扇って昔、なんだっけ?お父さんが1週間何かを練習して本番で成功すれば100万円もらえるとかいうテレビ番組ありませんでした?
あれで投扇がお題になってるのを何回か観たことがあって、その時に初めてこういう遊びがあるのか・・と知りました。

これもなんだか答えの書き方とかがすごく良いですね。
なんかピラミッドの中とかに書いてある記号みたいで。何の意味だろうか・・・とか言いながら学者が悩んだりして(笑)
  1. 2007/10/21(日) 07:29:00 |
  2. URL |
  3. lazybug #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

あー、何だっけなぁ、恩田陸の…「黒と茶の幻想」だったかな…に
この源氏香の記号が出てきてました。
香道というものの存在は知っていましたが、
こんな楽しい遊びだったなんて~。私もやってみたい~。
それにしても花侍さんはスゴイですね!
  1. 2007/10/21(日) 12:11:00 |
  2. URL |
  3. yurinippo #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈ayakoさん、
ありましたっけか?ゴメン、はっきりと覚えてないけれど・・・。
しかし、投扇1週間練習して成功すれば100万円・・・そりゃ、必死に練習するっ。
私はてっきり、いわゆる「お座敷遊び」で(それはそうなんだけど)、「練習」するとかいうものではないのかと思ってました。
でも、これも何やら源氏物語とからめた点数制みたいなのになってるんですね。

この源氏香の記号って、着物の柄にもなってるんですよ。
で、Tさんと私はそちらの方は見覚えがありましたが、鼻はきかなかった~(^^;
私もこの記号を使った答えの書き方、よいなーと思います。
でも、源氏物語の巻名とか覚えるの、時間かかりそー。
  1. 2007/10/22(月) 00:00:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈yuriさん、
そうなんですか!
恩田さんの「黒と茶の幻想」、yuriさんがとっても面白かったっておっしゃってた作品ですよね。私も読みたいとずっと思ってて。
そっかー、源氏香の記号が出てくるんですか~。一層読みたくなった!

花侍さん、ほんとすごかった~。
ご自身でも気付かなかった才能を発見したイベントでした。
しかし、その素晴らしき才能をさらに磨こうという雰囲気はなくて、「次は投扇を・・・」と、おっしゃってて・・・もったいないですよねぇ。
ま、お香は、お習字の練習もしなきゃいけないみたいなのがちょっと面倒そうなんですけどねー。
  1. 2007/10/22(月) 00:05:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

素敵!私も体験してみたいです。
匂いの嗅ぎ分けは、結構、敏感は方なので自信あるんですよ。
母からは「これ、いたんでないかな?大丈夫?」とか
とにかくそういう方面では重宝がられていますから。
・・って次元の低い話でごめんなさい(笑)

しかし、こういう粋な大人の遊び、いいですねー。

  1. 2007/10/22(月) 23:21:00 |
  2. URL |
  3. c_hiyomi #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

いや~、楽しかったですよね♪足がしびれて動けなくなったけど(笑
きっと前世は犬だったに違いない!(犬が好きってだけだけど)と思っていたのですが、
今回、自分の鼻に自信を持ち前世は絶対犬!と確信しました(笑
あと、yurinippoさん、ほめてくださって<(_ _*)> アリガトゴザイマス。
実はあの日ミラヴィルでyurinipporiさんのブックカバやayakoさんのチョコちゃんポーチとか、を見せていただいた(いや、自慢して見せびらかされた?笑)りしてたのでした。あんなの作れちゃう人の方が絶対すごい!って思います‥
投扇興はまさにlazybugさんのおっしゃるとおりでして、あのTVに何度となく応募してました、私。ほかにはね、タケシの風雲城とかも何度となく応募してました。出たかったなぁ。
また、機会があったらご一緒してくださいね。次回は着物で!?
  1. 2007/10/23(火) 21:20:00 |
  2. URL |
  3. 花侍 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈chiyomiさん、
私、これまで自分の鼻の能力(?)について、ことさら考えてみたことなかったかも!
花の香りにしたって、金木犀ぐらいはわかると思いますが、あとは・・・。

源氏香って、この時私たちが教わったのは初歩の初歩だったはずですが、五つのお香の同じと違うを判別するだけじゃなくて、それぞれのお香が何を組み合わせたものか、とかも当てるらしいんですね。
やっぱ私にゃ難しい・・・かも・・・な~・・・。

なんだか、chiyomiさんはヴァイオリンの音色とかの違いもふだんから感じてらっしゃるし、香りにも強そうですね(^^)
  1. 2007/10/23(火) 22:18:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈花侍さん、
お見事でした!!
(足がしびれたのは、ご愛嬌でかえって良かったと思うのね、ワタクシ。)
なるほど、前世が犬だったのか・・・どういう種類・・・流行の(?)トイプー?

そうよね~、「ホレ見ろ、コレ見ろ」って感じで見せびらかしたような記憶が・・・(^^;
自分で作ってないものだから、心ゆくまで自慢できるのだった!わはは。

花侍さんってマスコミに出るの、お好きだったのね!
(あの時に取材に来ていた某新聞には、結局写真とか載ったのかしら?)
私はかつて一度だけJapan Timesに写真が載ったことがあるよ。
(他の人のオマケだったけどぉ~。)
「風雲たけし城」、覚えてるっ。かなりハードそうな番組でしたよね。
いやホント、お会いするbeforeとafterでは、花侍さんのイメージ変わりました!
大変身近になって嬉しゅうございまする。
肩関節周囲炎(通称を使わないことっ!)が良くなったら、是非着物でLet's go~♪
  1. 2007/10/23(火) 22:36:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こんばんは~。やっとUP致しました。
ずうずうしくも香会記と香図の写真を盗んで貼ってしまいました
<(_ _*)> スミマセンデスアリガトゴザイマス

  1. 2007/11/03(土) 00:57:00 |
  2. URL |
  3. 花侍 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈花侍さん、
ああっ、香会記の入ったのその他、写真をお送りしようと思いつつまだだっ!
よし、この週末(つまり今日明日じゅう)には必ずお送りするぞっ。
EメールとCメール(通常の郵便のことを、私は勝手にそう呼んどります)の両方でお送りすることと致しまする。

そういえば、こないだ所沢のスーパーで、思いがけなくウォンカ・チョコを見つけたの。
「現品限り!」て書いてあって、最後のいっこだったので反射的に買ったのだけど、その昔花侍さんに送って頂いた時の感動はもうなかったよ~ぅ。
  1. 2007/11/03(土) 18:09:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。