本と旅とそれから ヨックモックて懐かしいかな

本と旅とそれから

ヨックモックて懐かしいかな



東京観光1日コースとなれば、先日の花侍さん&Tさんとの時と同様、「芸術」だけで終われるはずもなく、そこにはもちろん「食」の部分も厳然と存在するのであった・・・。
(口調をいかめしくしてみたところで、「んでね、ご飯とお茶もしたんです」に変わりはないっ。)
平山郁夫展を見終り、東京国立近代美術館2Fに上って行ったのが11時半ごろ。
ここには、クイーンアリス・アクアというレストランが入っております。
HPによれば・・・「『フレンチの鉄人』石鍋裕シェフがプロデュースした・・・」とありますが、シェフの名前とかとんとわからない私には、なんのことやら~。

でも、その時点でお店は満席(空いてるテーブルがあったように思うのは気のせい・・・?)。
「待ち」リストのトップに名前を書いて待つこと・・・20分ぐらいだったでしょうか。
その間、あっという間に「待ち」の行列は長くなりました。

ここ、私は以前にも入ったことがありますが、その時あったプリフィクス・メニューがこの日はありませんでした。日曜日だったからかなぁ。
期待していたビーフシチューが食べられなかったのがくやしー。

▲本日のポタージュ(紫イモ)

いいお天気だったから、ホントはテラス席でもよかったのね・・・。
ま、皇居に面した窓(というか、ガラスの壁)際の席で、グラスワインなんかも頼んで、ちょっとだけ優雅な気分。
紫イモのポタージュ、美味しかったけど、結構甘味があって「へぇ~」でした。

▲手前:私、奥:しのちゃんのお料理

しのちゃんのは「アジアン・サラダ」、私のは「白身魚の甘辛餡かけ」・・・というような名前だった気が。「あとでメニューを写真に撮っとけばいいや」と、メモも何も取らなかったら、写真ころっと忘れました(^^;

私の白身魚は、白いご飯の上に千切りキャベツ、さらにその上にのってまして、盛り付けだけならロコモコ風ですか・・・?濃い目の味付けでしたが、ん~、美味しかった、かな。
ピリ辛を期待したしのちゃんのサラダは酸っぱい系の味付けだったそうです。

□      □      □

旧古河庭園を訪れた後、またメトロに乗って表参道へ――メトロ1日乗車券を買ったしのちゃん、正解。

ヨックモックの青山本店に行きました。

「子供の頃に、もらうととっても嬉しかった」と、結構熱心にヨックモック菓子の思い出話をするしのちゃん――これ、誰だったか他の人からも聞いたことある・・・。
ヨックモックのお菓子というのはどうやら、ある年代の一部の人間にとってノスタルジーを喚起するもののようであった(突然またいかめしくしてみる)。


遅めではありますが、まだ午後のお茶の時間帯なので、少し待ちました。
店内はちょっとライティングが暗いので、テラスの席(▲)にしてもらいました――が、写真でおわかりのように、ついさっきの古河庭園の陽射しはどこ行った~て感じの曇り空になってきました。でも、テラス。

事前の打ち合わせメールでは「ケーキはひとり2個!でなきゃケーキ屋ハシゴ!」と大見得を切っていた私ですが、ここは何となくひとり2個って雰囲気じゃなかったし、もうちょっと歩くの疲れたよ~という気分もあったので、妥協案として、デザートプレート二人でひとつ+銘々ケーキってことにしました。

▲収穫祭プレート

このプレートのメインは巨峰のタルトとモンブラン。
タルトは温かくて、バニラアイスをのっけて食べます。モンブランは・・・ちっとも「山」じゃなくて、ソバそのものな形状でしたが・・・。
特にタルトが美味しかった♪チョコはビターっぽい色だったから、私はパス。

それからケーキ選び。やれチョコはやだ、カラントは嫌いだ(ブラックカラント=カシスならいいんですが、赤いのは嫌いなの)これは品切れだとやったあげく、選んだのは;

▲シブーストポンム

上の部分は飴状で、パキッとヒビ、入ります。
香りがよくて美味しいのですが、カスタードが結構甘い。この甘さレベルですと、私などは、ひとりケーキ二つはきついです。

▲フレジェ

こちらは爽やかフルーツ系です。こういうのなら二つでもいけるな~。

飲み物を頼むと、「シガール」が付いてきます。
が、さすがにこれだけスイーツ食べていると、シガールまでは食べられないっ。
しのちゃんに「ホテルでお食べよ」と2本とも押し付けました。

ディナーは、諸条件により写真が撮れなかったのと、おなかの調子がいまひとつで、いつもほど食べられなかった(呑めなかった)ので、ばっさり省略。
――「おなかの調子いまひとつなのに、これだけスイーツ食べるかね?」と思ったアナタ。ですから、いわゆる「別ばら」というのの方は、問題なかったわけですね。

「じゃあまた次の週末にね!」と別れ、家に帰りついた頃にしのちゃんから「バッグの中で粉々に砕けたシガール」の画像が写メされて来たのでした・・・。やっぱりね。

クイーンアリス・アクアのHPはコチラ
ヨックモック本店のHPはコチラ

関連記事
tag: 
  1. 2007/10/26(金) 19:31:00|
  2. 全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/535-547199fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

たとえ曇りでもテラス席でお茶って優雅な感じがしますよ~ヽ(^o^)丿うらやましいです!

私もヨックモックのシガールは「自分では買わないけど、貰ったらとっても嬉しい」と思っています^^; 仕事途中のブレイクタイムにはイイお菓子なんですよ~。でもケーキは食べたことないです(^◇^) プレートのモンブランはユニークですね、名前が「山」なのにこれじゃ「川」じゃん♪って突っ込みを入れたくなりますね(^m^)

<おなかの調子いまひとつなのに…
のあたりは、私も「それはそれ、これはこれ。」ってな感じで、多分問題ないと思います。
  1. 2007/10/26(金) 20:49:00 |
  2. URL |
  3. smile-naka3 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ヨックモックの焼き菓子そういえばこないだ、会社にあったので
ひとつもらって食べました。あれは誰のお土産だったのだろう。。。
シガールって葉巻型のやつですよね。気をつけないと粉々に・・・
そいえば箱、ペンケースとかに使いませんでした?

  1. 2007/10/26(金) 23:21:00 |
  2. URL |
  3. bullet4071 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

私も誰かに「子供の頃にヨックモックのお菓子が楽しみで・・・・・」という話をしたような気が・・・・

お中元・お歳暮の時期になると必ずヨックモックのお菓子をくれるおじさん(たぶん父の会社関係の人だとは思うのですが)がいまして、その時によってラングドシャにチョコが挟まってるやつとあのクルクル丸まってて長いやつがセットになってるやつだったり、長いクッキーだけだったり、長いクッキーだけでも普通のとチョコが半分ずつ入ってるやつだったり・・・
どれを貰ってももう嬉しくて嬉しくて、3兄妹プラス母で取り合うようにして食べてましたね。

後、銀座ウェストのリーフパイを貰うと自動的に母のものになります。
みんな母に「リーフパイもらっていい?」と断ってから食べるんです(笑)。

  1. 2007/10/27(土) 08:22:00 |
  2. URL |
  3. lazybug #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

うん、うん、うん、うん、うーん!

ヨックモックは今でも嬉しいです!
めっちゃ食べたい~~!~~~!!!!
アメリカにいた時、子どもがおやつを持ってきていて、ヨックモックでした。
ほんまに「先生、これ大好き~!」とよだれたらしながら眺めておりました。

あの缶には結構枚数が入ってるし手頃な値段だから、何かのお返しとか喜ばれる。
今はいいお菓子がたくさんあるけれど、なんだかんだ言って昔からなじみのあるものが好きだったりします。

う~食べたい。。。。
鳩サブレも食べたい。。。

しのちゃんと甘味どころにてるよなあ。
  1. 2007/10/27(土) 14:26:00 |
  2. URL |
  3. eikita #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈smile-nakaさん、
春秋の、雨が降らず、風もあまりない日であれば、テラスはよいですよね~。
ヨックモック本店のテラス席は、気付いたらひざ掛けも用意されていて、気配りもよいようでした(^^)

今日、smile-nakaさんのところで情報を頂いたピエール・マルコリーニ、しのちゃんと行きましたっ!そのうち、記事UPします~♪
ヨックモックのモンブランが「山」じゃなく「川」じゃないですかというsmile-nakaさんのコメントのことをしのちゃんに話したら大ウケでした。
「何ぞの合言葉か~?」って。

冬に向けて、私にぴったりの「ハラ巻き」を探す今日この頃でございます。
  1. 2007/10/28(日) 00:40:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈bulletさん、
そですそです、葉巻の形したアレです、シガール。
あれの箱・・・缶ですけど、紺色と白の模様が、何となく子供の頃は大人っぽい、高級なものに思えたものでした。
小学校の頃、いろいろな文房具を自前の箱や缶に入れてロッカーにしまっておくのが流行ったのですが、仲良しだった子がこのシガールの缶を使っていました。
それが何だかオシャレに思えて羨ましかったのを今でも覚えています。

シガール、不覚にも粉々になってしまった場合は、開き直って完全に粉々に砕いたものをアイスクリームにふりかけて食べるとよろしいようです。
  1. 2007/10/28(日) 00:51:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈ayakoさん、
なるほど~、子供の頃のもらいものお菓子の思い出というのは、人によっていろんなのがあるとは思うけど、ヨックモックという人も多いみたいですねぇ。
私の場合は、泉屋のクッキーでした。
ほれあの、真ん中にドーナツ型のが入ってる・・・。
今思えば、クッキーにしてはバターのあまり入っていなさそうな硬い食感だったけど、いろんな種類が入っていて楽しかったし、もらうとすごく嬉しかったなぁ。

銀座ウエストのお菓子を知ったのは、大学生になってからです。
ドライケーキのビクトリア(真ん中に赤いジャムの入った丸いの)は、今でも結構好きで、時々買って食べてまーす(^^)
  1. 2007/10/28(日) 00:56:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈eikitaさん、
今日、大雨の中、またしのちゃんと遊んで来たのですが、お土産に鳩サブレを渡しました。
事前に買えなかったので、当人と一緒に豊島屋の売場に行き、「コレでいいかなぁ」と訊いて買いました。まったくデリカシーの欠落したワタクシでございます。
確かに、eikitaさんとしのちゃんのお菓子の趣味は似ている気がするねぇ。

ヨックモックのシガールは、ホントにロングセラーですよねぇ。
これの他にも、泉屋のクッキーとか、風月堂のゴーフルとか、何となく昔から馴染みのあるお菓子は、味の良し悪し以前に、安心感があって、もらうと嬉しいなぁ。
確かに、今ではいろいろとオシャレだったり美味しかったりするお菓子は山ほどあるんだけど、やっぱり子供の頃に好きだったものって、今でも何となく好きですよね(^^)
  1. 2007/10/28(日) 01:11:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

トップページを見た瞬間、、、よだれが、、、。
いついかなるときでも「お茶」は大事ですよね。

昨日、セミナーの現地見学で「大丸ヴィラ」というところへ行ってきました。
ヴォーリズという建築家がつくった洋館なんですが、庭に面したいかにもアフタヌーンティーをしそうな部屋に興奮しまくりました。
お庭もシザーハンズを思い出させるようなステキな空間でした。。
ブログに写真をのせるのはダメだということで、見せられないのが残念ですが。。。

少し前の日記のブックカバーがかなりめちゃくちゃすごーーーくうらやましいっ!!
私のブックカバーは出版社のプレゼントのやつなので、やっぱりかわいいのがほしいなぁと真剣に考えちゃいました。
  1. 2007/10/28(日) 11:01:00 |
  2. URL |
  3. gvilla #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

?gvillaさん、
あっ、京都っ子の(京娘、とか言った方がいいかな?)gvillaさんだ~。
ですよねっ。形態は様々でも、「お茶」はいつでも不可欠ですねー(^‐^)

ウィリアム・ヴォーリズ!
つい最近、「建築探偵の事件簿」に出て来ました!メンソレータムの人ですね。
今ちょっとググってみたら、大丸の心斎橋店の建物もヴォーリズなんですね。
「大丸ヴィラ」・・・それは、京都にあるのでしょうか?
いいなーいいなー、行ってみたい~。
そうなんですか、ブログUPは不可なんですね、写真。すっごく残念・・・。

さすがyuriさんのブックカバー、大好評だな~~(^^)
いいでしょ。ふっふっふ、あげない・・・。
私も、革製のも持っているんですが(ポイント集めてもらいました)、ぶ厚いのははまらないし、ちょっと嵩張るんですよね。可愛いヒツジとか付いてないのはもちろんですが。
本を読む前と後に、いつもニンマリしちゃいます。
  1. 2007/10/28(日) 20:34:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する