本と旅とそれから からくりからくさ/梨木香歩

本と旅とそれから

からくりからくさ/梨木香歩

京都に出かけるまでに、できるだけ手元にたまった本を読んでしまおう・・・と、例えばこの本などは文庫本でしたので、電車の中で読む、駅のホームで読む、乗り換えのために駅の中を歩いている最中ですら読む、という具合だったのですが。

もったいなかったです。
この本は、そんなふうにせっかちに読む本じゃないですよ。
のんびりとじっくりと読みたかった。
が、図書館に貸してもらった本には返却期限というものがありますから・・・。


からくりからくさ/梨木香歩(新潮文庫)

「人形よ
誰がつくりしか誰に愛されしか知らねども
愛された事実こそ
汝が成仏の誠なれ」

人形を愛した人の話や物語を読むと、いつもこの武者小路実篤の歌を思い出します。

これは「人形の寺」と別称される京都・宝鏡寺にある人形塚に刻まれた歌。
私も結構人形が好きで、いまだに姪っ子と一緒に遊んだりすることもあるクチなので、宝鏡寺でこの歌を目にした時はじんわりきてしまいました。

この「からくりからくさ」にも、「りかさん」という人形が登場し、何ともいえない不思議な存在感で物語の独特な雰囲気を作り出しています。
この「りかさん」を愛し、「りかさん」と感応する・・・というか、話をする主人公(?)蓉子。
そして、蓉子とひとつ屋根の下に暮らすことになる、同年代の三人の女性たち。

若い女性が4人同居して、諍うこともなく、それぞれの個性を尊重し、労わり合いつつ、糸を染めたり機を織ったりして日々を過ごす。
これは、一見ありそうでいて、実はかなり非現実的な世界じゃないかと思いました。

物語の舞台はどこ?時代はいつ頃?
そもそもこの本をこのタイミングで手に取ったのは、物語の舞台が京都なんじゃないかと勘違いしたせいなのです――でも、特に地名は記されていませんでした。
時代にしても、そう古い話ではなさそうながら、かといってそう近いことでもないような。

先日読んだ、同じ作家さんの「家守綺譚」もそうでしたが、物語には常に草や木の香りがし、自然の風が吹き、そしてこの世ならざる世に住むヒトからの声が届く。

肩の力を抜こう。目を閉じて深く息を吸ってみよう。耳を澄ませてみよう。
何だかそんな気がしました。

宝鏡寺HPはコチラ

関連記事
tag: 梨木香歩 
  1. 2007/11/20(火) 20:12:00|
  2. 2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/555-27079d8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

あ~今の私にぴったりの言葉ですね。肩の力を抜こう、目を閉じて深く息を吸ってみよう、耳をすませてみよう。

いい言葉です。メモメモ!

Mikiさんやbugさんのおかげで梨木香歩さんの大ファンになりました。この前、西の魔女が死んだを読みましたが、もう涙が出てきました。なんかメッセージが素晴らしいですよね。

あ~いいこというなあ。
mikiさんのブログ見ていたら、本読もうって気になります。
今回いいタイミングで帰国しましたが、もっと買えばよかったと後悔。
ちなみに森見さんの太陽の塔だけは見つけました。もう一冊はハードカバーだったので断念。あとね、村上春樹の遠い太鼓は見つけられず。。。

また、次の楽しみにします。英語の本読めよ・・って感じですよね。せっかくカナダにいるのに~。
  1. 2007/11/21(水) 13:40:00 |
  2. URL |
  3. eikita711 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おおー、お読みになられましたか!
手仕事好き、からのアプローチでayakoさんにすすめたのですが
Mikiさんはお人形好きの方でありましたか!よかった良かった。
京都にはいろんなお寺があると思いましたが、お人形のお寺があるとは!

先日、職場の先輩から「yuriさん、梨木香歩って好きでしょう。」と突然言われて
「ななな、何で知ってるんですか?」とびっくり仰天したのですが
(先輩はブログは読んでないはず)、
彼女は「雑草料理」でこの本を気に入ったらしいです。いろいろですね。(笑)

↑eikitaさんにも梨木香歩さんの輪が広がって、嬉しい限りです。
(別に私のもんじゃないけど~。笑)
  1. 2007/11/21(水) 17:52:00 |
  2. URL |
  3. yurinippo #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

この作家、好きです。
これはリカさんの続編でしたっけ?(好きだった、てこと以外忘れてますw)
自分の中のガーリーな部分をピンポイントでおこされるかんじ?
こないだMikiさんにオススメしたい本があったんですが持参するの忘れてしまって…アイスバーの時に!
あと出来ればその時にご飯はウェスティンの坦々麺を食べてみたいのです…
  1. 2007/11/21(水) 19:56:00 |
  2. URL |
  3. 花侍 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈eikitaさん、
私、梨木香歩という作家さんはまだこれで2作目なのですが、ホントに、「とっても暑かった夏の日の夕暮れ」みたいな、「あ~、よーやく涼しくなってほっとしたー」みたいな雰囲気を持った作品を書く人だなぁ、と思ってます、今のとこ。

私も「裏庭」とか、eikitaさんの読まれた「西の魔女・・・」も読みたいと思ってます。

森見さんの本は、京都が舞台ということで、京都大ファン(お互いにねっ^^)のeikitaさんにご紹介したけど、作風とかは、梨木さんとは全然違います。
何となく、今のeikitaさんの気分には、梨木さんの方が合うかしら。

食べ物は目下補給十分とお見受けしますので、何か読み物でもお送りしようかしら?
ayakoさんと重なってしまいそうだなぁ。ちと調整が必要ですね?
サッカー雑誌とかも?
いいじゃん、カナダで日本の本読めば♪問題なーし(^^)
  1. 2007/11/21(水) 20:06:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈yuriさん、
梨木さんという方も、独特の雰囲気を創り上げておられるんですね~。
いかにも女性的なたおやかさを感じます。
ただ、うちの図書館の場合、この作家さんについても児童書コーナーに置いてある本が多そうなのが、ちとのぅ。

宝鏡寺、確か期間限定の公開だったように思います。
代々、皇女が長を勤めるお寺だった関係で、人形が多く残っているようです。
私が行った時は、NHK朝ドラで「あすか」というのをやった頃で、ドラマに出て来る「饅頭割り人形」というのが置いてあって、「ほほぅ」と見入りました。

ただ、私はりかさんの関連よりも、季節を身近に感じながら暮らす女性たちの、淡々とした日常の雰囲気に惹かれたように思います。
  1. 2007/11/21(水) 20:14:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

?花侍さん、
ああ、「りかさん」という作品もありますよね、この作家さん。
そちらの方がこの作品よりも前だったんですか。知らなかったー。読んでみたいです。

えー!なになになに、花侍さんがおススメ下さる本ってっ!すごい、興味あるデス。
(「深夜特急」は、文庫で④まで読み終えました~。)

ウェスティンといえば、ゴージャスなクリスマス・デコレーションが印象的なホテルでございますね。
・・・そこで、坦々麺っちゅのが、なんかオチャメな花侍さんのイメージに合っていてヒジョーに面白うござりまする。
あとは日にちを決めるだけじゃないっすか。

京都から帰って来たら是非是非・・・ちなみに、12月に再びしのちゃんが上京するらしいので、もしか都合が合えば3人でっちゅのも・・・。
帰って来ましたらばメール差し上げますです。
  1. 2007/11/21(水) 20:39:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

この本、読んだはずなのに、内容をすっかり忘れてる。ボケが始まったか?でも、「西の魔女が死んだ」はすごくすごく好きなお話で、覚えておりますとも!梨木さんは大好きな作家の一人です。
  1. 2007/11/21(水) 20:58:00 |
  2. URL |
  3. barnes_and_noble #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈barnesさん、
ああっ、「ボケ」だなんてっ。そんなそんな。
(山ほどの「読んだはずなのに内容をすっかり忘れている本」や、「読んだことすら忘れていて、再度読んで初めてすでに読んでいることを思い出した本」とかある私はどーしたら?)

あ、やっぱ「西の魔女が死んだ」も、良いんですね。
好きだとおっしゃる方、多いんだなぁ・・・。
私も読みたーい。今年中に読めるでしょうか。
  1. 2007/11/21(水) 22:36:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

一足も二足も出遅れました~お久しぶりでございます。
まだまだ咳ゴホゴホやりながらも梨木さんの名前につられてやってきましたよ(笑)

からくりからくさは家守綺譚と同じぐらい好きな作品です。
興味深いお話が盛りだくさんって感じですよね。

>、「とっても暑かった夏の日の夕暮れ」みたいな、「あ~、よーやく涼しくなってほっとしたー」みたいな雰囲気

って、とっても良くわかるような気がします。
  1. 2007/11/27(火) 08:59:00 |
  2. URL |
  3. lazybug #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈ayakoさん、
お久しぶり・・・てか、やー、何とか良くなられつつあるようで、良かったですね!
実は、京都旅行中も、気になってayakoさんのブログをケータイでチェックしたんです。
でも更新がなくて、どうしちゃったかのかと思ってましたよ!
「風邪は万病の元」ていうでしょ。
実際に、風邪から大病になってしまった人も知っていたので、心配だった。
実は私も、ちょっと前にひいた風邪の咳が残っているんですよ、いまだに・・・(T_T)

この本、本当に、心をほっとさせる涼風のような感じがしました。
しのちゃんも梨木香歩さん、好きだと言ってました。
この物語に出てくる女の子たちのような、心豊かな生き方って素敵ですね~。
  1. 2007/11/27(火) 21:12:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

LazyMiki氏の京都滞在中にも話題にした「からくりからくさ」。くしゃみしまくってたに違いないくらい私とLaziMikiくんに噂されてた花侍さんもお好きでしたか、梨木香歩さんを。私は最初は「裏庭」を読んだんです。次が「西の魔女が死んだ」で、その次が「からくりからくさ」。
時々思いついて聴く青春アドベンチャーでラジオドラマ化されたりもしてるんですね、梨木香歩さんの作品。どんなだったか聴いてみたかった。ラジオドラマそのものが好きなので。
なんで一気にコメントしてんだか。。。
だいいち、ほとんど花侍さんに向けてコメントしている。。。ブログルールをいまいち理解してないので、皆様、無礼のほどはご容赦下さい。

ブログ主のLazyMikiどの。「西の魔女...」、送るわ。なんせ「パリ左岸の...」にかなり利息がつくほど借りっぱなし。それに、「裏庭」にいたっては自分用1冊の後、在ロンドンの友人にもう1冊買って送った私であるので。あ、「裏庭」も一緒に送ろか?子供時代、妹と弟を連れて石垣の隙間から空き家に侵入したりした冒険を思い出すんだな、この本。
  1. 2007/11/29(木) 20:33:00 |
  2. URL |
  3. しの #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈しのちゃん、
花侍さんのポテチその他、今日発送したよ。
他にサイズのマッチする箱なかったから、しのちゃんが入れてくれたののまんま出しちゃった。
「裏庭」って、yuriさんやayakoさんが「ナルニアっぽい」って書いてらしたなぁ。
うんうん、「裏庭」、貸してもらえるんだったら嬉しい。「西の魔女」も。
梨木香歩さんて、人気あるんだなー、驚く~。

ブロガーってわけじゃないのにコメントしてくれてありがとなので、好きな感じでやってくれればいいと思うのでした。

やっぱり私、「一眼レフが欲しいんだよぅ」会を作ったよ。もちろん、私が会長兼オンリー会員だっ(↑の京都記事のコメントにこれを書こうとしたら、字数制限をオーバーしてしまったもんで・・・)。
  1. 2007/11/30(金) 01:01:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

「京都に行ってきました」のコメント欄を見て、『あ、しのちゃん(←お会いしてもないのに、Mikiさんの文章を読んですっかりなじんでしまってますw)だ♪』とか思っていたところで、きゃ~!!読んでてうれしくなっちゃいました‥しのちゃんだ♪しかも、私宛!ヾ( ≧≦)ノ
>梨木香歩さん
大好きです~。なんというか、読んでいる側の心が清潔になるような(子供独特の残酷さも含め、子供にたいしてはピュアなイメージで)、というか、視点が児童にあるような作家ってすごく好きなのです。ちなみにTVも3chが一番好きです‥。
確か最初に読んだ「りかさん」ではまりにはまって、文庫になって店頭に並んでいた「西の魔女」「からくりからくさ」を読み、その後「裏庭」、「エンジェルエンジェル」と見つけるたびに買い、一番最近が「家守綺譚」です。どれもすごく好きです
>自分用1冊の後、在ロンドンの友人にもう1冊買って送った私であるので。
をを!全く同じ行動を私も「裏庭&家守綺譚」で(在デンマークの親友に)!
  1. 2007/12/02(日) 22:18:00 |
  2. URL |
  3. 花侍 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

「西の魔女が死んだ」
「りかさん」
ともに良かったです。
独特の作風が、日常から夢の世界へと連れて行ってくれます。
でも、どこか現実とも調和してして・・・。
不思議な魅力のある作家さんですね。
  1. 2007/12/02(日) 22:18:00 |
  2. URL |
  3. よしりん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

あ、↑上のは「しのちゃん宛て」でしたが、こっち↓は「Mikiさん宛」です。
エッ(・_・")?花侍さんのポテチ?私、ポテチ?‥って、いったい何ですか~?(き、気になります~!)
今度、Mikiさんとお会いする時に持っていこうと思ってる本、(ちょっと児童系だけど少しシニカルダークなところもある)とか(瀬尾まいこという人)とかも、もしかしたらしのちゃんも気に入ってくれるかしら?‥いつか何処かお酒もご飯も甘い物も美味しいお店でぜひぜひ語らいたいですね~!
ところで、梨木香歩の本って、男の人とかも「いいねえ!」とか思ったりするのでしょううか?「ショコラ」(Jデップの出てた映画とかの)とかの良さが分かる男の人だったら理解してくれるのかなぁ?
  1. 2007/12/02(日) 22:30:00 |
  2. URL |
  3. 花侍 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈花侍さん、
えっと・・・多分ですね、どなたか神奈川の花侍さん御宅で、受け取って下さっているはずなんですね。さっきクロネコの配達記録見たら、「配達完了」になってましたんで。
だから事前にひと言ご連絡しなさいよーというのに・・・学ばない人間ですみません・・・。
花侍さんのポテチは・・・花侍さん宛てにお送りした、花侍さんに食べてもらったらどうかなーと思うポテチでございます(一応、京都限定)♪

瀬尾まいこさんですか~・・・存じ上げないのでした(^^;
でも、花侍さんのおススメであれば、ぜひぜひ読んでみたいです。

梨木さんの本については、私が仲良くして頂いている(数少ない)男性ブロガーさんの
bulletさんとgis-ukさんが、お読みになって良かったと感想コメントを下さっているので、きっと男の方にも魅力のある物語なんじゃないでしょうか。
  1. 2007/12/03(月) 21:57:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈よしりんさん、
うぁお、よしりんさんも梨木さんを楽しまれたんですね。
そうだったのか、私はつくづく遅れているみたい・・・早くみなさんに追いつきたいデス。
そうですね、夢と日常がふんわりと切れ目なく続いたような世界を描く方のような気が・・・今のところ、しております。まだ2作しか読んでないんですけどね。

それにしても、よしりんさん、京都ばかりでなく、もしかして本の話もご一緒できるのかなっ(^^)?
そりゃとっても嬉しいですよん♪
  1. 2007/12/03(月) 22:02:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ブログ主のお許しが出ましたので花侍さん宛てで(ならば花侍さんのブログを訪ねろという話はありありです。京都秋編で登場予定の京都の若者と同様、訪問が途絶えがちな性格なのでちょこっとお待ちを!)
全く、花侍さんとまだお会いしたことがないとは信じがたいです。
どうも年内の上京は無理な気配ですので、来年は関東地方遠征時に遊んでやって下さいまし。

梨木さんの本はLazyMikiよりわずかに1冊多く読んだに過ぎないのですが、此岸と彼岸の境界をするっと飛び越えそうな子供時代独特のあの感覚や、子供ならではの残酷さや、いろいろなものを感じます。文庫本の装丁とタイトルでほんの偶然に手に取り、知った作家です。花侍さんもお友達にプレゼントされたんですね!思わずそうしたくなりますよね!!

ここに集っていらっしゃる皆さんはそれぞれ独特の世界をお持ちで、興味深い本を読んでおられるのだな~といつも感心するばかり。ここで語られる感想は知らない本に対する想像力をかき立ててくれます。
LazyMikiの様な友人を持ってよかったです、ホント。

瀬尾まいこさん、ですね。年末年始も控えていることですし、探してみます~。
  1. 2007/12/05(水) 00:07:00 |
  2. URL |
  3. しの #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

LazyMikiどの。
じゃあ「裏庭」と「西の~」、送るね。

なかなか読書が進まない...反省、反省。

食べ物ネタに書くべきなんだけど、今日、縁戚に送るお歳暮を選びに梅田阪急の虎屋に行ったところ、京都地区限定の「新嵯峨野」の変わりに関東限定に違いないと踏んでいた「むさし野」を発見!大阪で売られていたのでした。

久しぶりに例の和菓子サイトをチェックしてたら、まだまだ一緒に食べてみたい和菓子があることを改めて実感。

ちょうど今、やっとNHK地上波に登場の「心の仏像」の第二夜を見てますが、「僕は3歳の頃から仏像が好きです」ってすごいなぁ。続いて「婆娑羅大将は強そうで、見ているともっと野球を頑張らなくちゃと思います」という感想。すごい、すご過ぎる。
新薬師寺も一緒に行ったね~。
また奈良も行こうね!
  1. 2007/12/05(水) 00:17:00 |
  2. URL |
  3. しの #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈しのちゃん、
楽しく交流なさって下さいマセ。
横から眺めつつ、菩薩の笑みをたたえて「なんだよーぅ、私も仲間に入れろよーぅ、こらぁ」とつぶやく予定でおります。
私のような「めーわくな」友人を持ったことを、花侍さんやその他の素敵なブロガーさんたちがカバーして下さるならば、私としちゃ「こりゃラッキー!」なことだよん。

それにしても驚くべし梨木香歩本の輪の広がり。
本、急がないから送って~。私もおせんべと「豆しろう」(前にちょっと話をした山口のういろうのお菓子)をちょこっとだけ送ります。
まだおせんべを買いに行ってないけれど、週末にはきっと(こればかりは、ういろうの賞味期限があるので、かなりアセっている)。

あ、そういえば昨日だか一昨日の深夜に仏像の番組ちょっと見たゾ。
どっかの十一面観音が映っておったがな。あと、お地蔵さんと。
ランキングをやっていたんだけど、TVをつけた時点ではすでにひとケタは終わっていたらしい・・・東寺の帝釈天さん(マイ・ベスト)は入っていたのだろうか?
  1. 2007/12/05(水) 22:52:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

>しのちゃん様
年内上京はやはり難しいですか…あああ残念~(/_;)
Mikiさんとしのちゃんと美味しいお酒と甘いお菓子食べて綺麗なもの見て京都のこと教えてもらえるのを超楽しみにして師走と戦ってますのに…
年が明けたら是非ともお会いできますように(・人・)オリノリオイノリ
あ、Mikiさん?Tさん(←すでにTさんのこともずうずうしくも友達扱いしちゃってます、私w)も誘って四人だともっと楽しみ増えますよ!きっとp(^-^)q
  1. 2007/12/06(木) 11:51:00 |
  2. URL |
  3. 花侍 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈花侍さん、
えっと、半分くらいお返事、て感じかな?
そうですねー、Tさんも・・・が、年末年始はTさんは、ご家庭の用事+(これは私もある程度はなんだけど)成人式の振袖着付けのアルバイト、でちょっと忙しくされているかと。
あと、夜、出るのが難しいというご事情もちょっとあるんだよね。
でも、もし可能なようならば、ね(^^)

どちらにしろ、また遊ぶべし~。
  1. 2007/12/06(木) 23:27:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する