本と旅とそれから つるんぷるんタイム in 嵐山≪竹乃家&老松・玄以庵≫  (2007年秋・京都)

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

つるんぷるんタイム in 嵐山≪竹乃家&老松・玄以庵≫  (2007年秋・京都)

11月23日(金)祝日


▲さて、これは何でしょう。

おぉ、混んできた混んできた・・・って、嵐山で一番賑やかな通りに戻って来たから当たり前なんですけど。

嵯峨野といえば森嘉のお豆腐が食べたいのでした。
まあ、京都のお豆腐は全般的にとっても美味しいのだろうと思うのですが、まあその、一応。


11時ちょい前にやって来たお店は竹乃家・嵐山店。
なぜ、この時間にこのお店にしたかというと・・・話すと結構長いので、後で記事の最後におまけで書いておくことにします。



このお店で有名なのは、暖簾にも書かれている「鯛どうふ」なのですが、私たちはふつうの「湯どうふ」を頂きました。



このお店のお豆腐、森嘉のものを使っていると思っていたのですが、うかがってみたら、「森嘉で修行をした豆繁(まめしげ)*」さんのものを使っておられるとか。
・・・ま、いっか。美味しいし。そもそも、違いのわからん女だし(私は、ね)。
* お店の方にうかがいましたが、「多分この字」。


▲湯葉で~す。左は、お鍋で湯葉しゃぶにします。


ごま豆腐(▲)というのも、お豆腐とも湯葉とも生麩とも違う食感で、良いです~~。
京都というところは、つるんぷるん系大好きな人間にはたまらない食べ物がいっぱい。

この日は、朝方とっても寒かったのですが、湯どうふ頂いてほかほかになりました?

□      □      □

さて、嵐山といえば、しのちゃんと私には春以来の懸案があったのでした。
それが、こちらのお店。


老松・嵐山店の茶房・玄以庵。
桜を見に来た時、美味しいお茶とお菓子を頂いたのでした。

  ►老松・玄以庵、春のお茶の話は
コチラ

が、旅行から帰って来てすぐ、この茶房は(本)わらび餅がすぐれモノだと知りました。
も~のすごく柔らかいものらしい・・・。で、それからずっと食べてみたくて。

お昼を終えてすぐではありますが、しのちゃんに聞いてみると「私はぜんっぜん問題ナシ」。
へっへっへ。となれば、ほんの数件先なんですよ、竹乃家から老松。
じゃ、デザートってことで。

正午のランチ・タイムど真ん中のせいか、茶房は空いておりました。


立派な器が出てまいりました!わくわくするじゃあございませんか(^^)


      ▲上段にはきなこ              ▲下段には、氷水におよぐわらび餅


お好み次第で、添えられた黒蜜をかけてもよし。
いかに柔らかいかは、TOP画像の通りなのでした。
そうそう、お箸で頂くのです。黒文字とかフォークとかでは扱えませぬ。


「超」のつく美味・・・。今後は、嵐山に行く度に食べてしまうことでしょう。

なお、お店を出る前に、寝る前のおやつ(?)として、生菓子を買いました。


       ▲銀杏餅                 ▲亥の子餅(11月ですからね♪)


満足度120%。さあ、また再び嵯峨野へ向かって、漕げよ自転車。
今度は奥嵯峨と呼ばれるエリアを目指します。

(おまけ)
三連休中の嵐山ランチ状況は厳しいと思います(^^;
ふだんは予約OKのところも、この時期はだめなところが多いみたい。開店を待って入る、ぐらいのタイミングでないと・・・(竹乃家の開店は11時)。

竹乃家にしたのは、ここが森嘉のお豆腐を使っていて、かつお手頃な値段だったから。
記事中にも書いたように、正確には森嘉ではなく豆繁というところのお豆腐だったのですが。
本当は、もっと嵯峨野寄りにある本店に行きたかったのですが、改装中でした。残念。


►竹乃家お店情報はコチラ
 (ここに、「森嘉の豆腐を使ってる」って書いてあるんですねぇ・・・。違うわい。)
►老松茶房・玄以庵HPはコチラ

?≪旅編≫京都旅行記はコチラ
関連記事
tag: Café SWEETS わらび餅 
  1. 2007/12/02(日) 21:51:00|
  2. 京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/561-8d5e728f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

絶対行く!
ワラビもち好きにはたまりません!
私はと~っても黄な粉が大好きなんです。

それにしても美味しいところたくさんご存知ですね。
調べるコツはなんですか?
やっぱりネット検索でしょうか?

京都って美味しいものはないって昔は言われていたんですが、今は違いますね。
美味しいところたくさんある。

海外にいるとあらためて豆腐の美味しさに気がつきます。
いつも日本で美味しいお豆腐を食べていたのでそれが普通になっていましたが
しみじみ美味しいお豆腐食べたいなあって感じる今日この頃です
  1. 2007/12/03(月) 02:32:00 |
  2. URL |
  3. eikita711 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

あぁぁ、おいしそう~~~。
「もち」と名のつくものは(おせんべいまで含め)何でも好きですが、
このわらび餅はもうほんと、死ぬまでに1度は食べてみたいです。

開店と同時にお昼&正午におやつ(デザート、か)という技は素晴らしいですね!
混雑するシーズンに訪れたとき、ぜひそれやりたいと思います。
  1. 2007/12/03(月) 11:04:00 |
  2. URL |
  3. yurinippo #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

なーんて美味しそうなわらび餅でしょう!
老松は御所車しか食べたことがないのですが
つるんとしたのどごしのいいわらび餅…
写真でみる柔らかさに感激です!
こちらもぜひ食べてみたいですねv

時間をずらすテクニックはさすがですね!
私も京都に行った際にはぜひともまねさせてもらいます!
  1. 2007/12/03(月) 19:54:00 |
  2. URL |
  3. mattya-genmaitya #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈eikitaさん、
この老松のわらび餅はね~・・・確か、同じ京都ファン仲間ブロガーのchiyomiさんの記事からリンクが張られていた、京都のお坊さんのブログで読んだのが初めだった・・・かな?
なんか、いろんな方の京都記事をあれこれ読ませて頂いたので、違うかも、ですが。
ネット検索は便利だけど、単なるお店情報ページだけだと、いまひとつな気が。
やっぱり、実際に行った方(で、できればコメント等やりとりしたことのある方)の感想をうかがえると、よくわかっていいかな~、と思います。

ナント、京都はおいしいものない、と言われていた頃があるんですね!
今からは考えられませんよね~!

うんうん、そうかも知れないね。
外国にもお豆腐はあるけど、美味しい、日本人の口に合うお豆腐は、なさそうですね。
わらび餅はまあないだろうなぁ。
老松のわらび餅は、ぷにょぷにょサ~~(^^)
(メール、読んでくれたかな?)
  1. 2007/12/03(月) 22:13:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈yuriさん、
「もち」って、なんか美味しそうな音じゃありませんかぃ?
「もちもち」とか、「もちっと」とか、「もっちり」とかも。

yuriさんが「死ぬまで」っておっしゃると時間ありすぎで現実味が薄れますから、次回京都においでになる時、ってことでいかがです?

ランチのすぐ後にデザートを食べるためには、ランチはちょい軽めにしないとねっ(^^)
その点、お豆腐は理想的と申せましょう。
幸い、嵯峨野、嵐山界隈は、お豆腐屋さんだらけです。
紅葉ピーク時でさえなければ、結構楽に入れると思うんですけど。
  1. 2007/12/03(月) 22:24:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈mattyaさん、
mattyaさんも京都大好きでらっしゃいましたよね~。
TOP写真を撮る時は、しのちゃんがお箸でわらび餅を持ち上げてくれたんですけど、私がのろのろカメラの設定をいじっていたら、しのちゃんが「あの・・・そろそろ限界だよ」と言うので、あわててシャッターを押しました。

実はこの嵯峨野に行った日は、夕方にしのちゃん宅で、配達時間指定の宅急便を受け取らなくてはならないという制約があったんです。その時間と、レンタサイクル開店の時間が終了と開始で決まっていたのです。
だもので、その間の時間で行きたいところをどう回るかを決めました。
メジャーなスポットの近くの道が、自転車を押して歩くのすら難しい大混雑だったのがきつかったですが。
が、結局は、いろいろ見て、いろいろ食べた一日になりました(^^;
  1. 2007/12/03(月) 22:35:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

わお!
これは、たまりませんね。
涎が出てきました。
つるんぷるん、いや~ん。
食べたいな~。

京都は水が違うから、お豆腐やわらび餅の味も
一味違いますね。

お土産の生菓子もおいしそ~です。
こういうのを見ると、もう京都に引っ越してしまいたくなります。
おいしい旅でしたね!
  1. 2007/12/03(月) 23:51:00 |
  2. URL |
  3. よしりん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈よしりん
ひゃははは、「つるんぷるん、いや~ん」が、可愛らしゅうござりまする。

なるほど、水が違うからか。
そうですよね、京都の「水」とか「水脈」の話って、TV番組などでも時々取上げられていますよね。地下工事などで井戸の水が枯れたりという話も聞きますよね。
なりほろ~。

京都っ子のブロガー仲間(のちほど旅行記にも登場する予定ですが)に、「(京都の)コアなリピーター」と呼ばれてほくほく喜んでいる私としては、「京都に引っ越してしまいたい」というお話、さほど絵空事とは思われず、ふか~く頷いてしまいました。
おいしい旅は、今後も延々続くのでした(^^;
  1. 2007/12/04(火) 19:46:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。