本と旅とそれから 「とらや」は京都から≪虎屋菓寮・京都店≫          (2007年秋・京都)

本と旅とそれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag: 
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「とらや」は京都から≪虎屋菓寮・京都店≫          (2007年秋・京都)


11月24日(土)
▲「木練り柿」

まことにお恥ずかしいことながら、「とらや」といえば、私はほんの1年ちょっと前まで、もともと東京(江戸)の菓子匠だと思っていました。
ホラ、赤坂に立派な本店ビルがあるしィ(言い訳)・・・。
「とらや」のホームページってとても綺麗。
「和菓子の歴史はとらやの歴史」と始まるお店の歴史のページも、風格ある~。
そこを読んで知りました。
「とらや」は京都発祥のお店だったのね。


HPによれば、皇室が明治維新で東京に移った時、三つあった皇室御用達の菓子匠のうち、「とらや」は皇室と共に東京に移り、松屋常盤と川端道喜は京都に残った、とのこと。

それはさておき、私はここ1年ぐらいずーっと、「とらや」の菓寮で生菓子(特にきんとん!)を頂きたいと思っていたのです。立地的に便利な新宿伊勢丹に入ったお店を狙っていたけれど、夕方頃に行くと、大抵きんとんは売り切れ。しかも、狭いです、新宿伊勢丹店は。

そこへしのちゃんが、「京都一条のお店(▲)は綺麗だよ~、行こうよ」と。

▲抹茶グラッセ&和菓子

一条の菓寮は、店舗とは別棟にあります。御所・乾御門のすぐ近く。
時間は1時半ぐらい、混んでいるかしらと思ったら、そんなこともなく、待たずに座れました。
ガラス張りの壁の向こうには、小さいながら端正に整えられたお庭。それを眺めつつ。
いいお天気で暖かいし、お茶は冷たいのにしよ♪

▲「深山の雪」

生菓子は、こちら「深山(みやま)の雪」が私。
最近、菓寮というときんとんを選ぶことが多くなってます。


その理由は、コチラ

形はきんとんなんだけど・・・味はかなり練り切りだった気が。
違いのわからないワタクシなぞが言うのも何ですが、しっとりと大変上品なお味だった・・・ような・・・。

そして、TOP画像の「木練り柿(こねりがき)」がしのちゃん。
といっても、彼女が最初に選んだのは、もっとずーっと渋い外見のお菓子だったのですね。
が、残念ながら売り切れ。

果物の柿は大の苦手のしのちゃんですが、「柿を素材には使っておりません」というお店の方のお話に、私が強力に「これにしなよー」と、おススメしちゃいました。


お店の方が去った後、しのちゃんが細い目になってチロリと私をにらみ、「写真映えするのをススメたでしょー」。
――ひゃ~、バレてるしっ(^^;

よ、羊羹素材などを使ったお菓子で、これまた風雅なお味でございました・・・。

絵葉書書いてみたり、虎屋贈答品カタログ眺めてみたりとのんびり過ごし、その後、一条店にも立ち寄りました。しのちゃんが和菓子カレンダー買いました。


帰りがけに、乾御門からちょこっと御所のお庭を覗きました。
ものすごく背の高い、立派な銀杏が見事に紅葉しています。そして、もみじの木も大きなものがたくさん。さすが御所、という感じ?

さてさて、車を置きにいったんおうちに帰るとしましょう。
そして今晩は、京都のワカモノgvillaちゃんと再会だ~~?

とらやHP(素晴らし~い!)はコチラ
 なお、この一条の菓寮は、来年2月から建替えのため、1年ほど閉店だそうです。

関連記事
tag: 
  1. 2007/12/17(月) 21:43:00|
  2. 京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

トラックバック

トラックバック URL
http://lazymiki.blog110.fc2.com/tb.php/571-c39f0e87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

とらやは、やっぱり羊羹でしょうか?見た目は四角の黒でインパクトありませんがねぇ
HPで見るとコーヒー羊羹ってのがあって食べて見たいです。邪道かな?
和三盆糖を使った阿波の風みたいのが王道っぽいですよね。
  1. 2007/12/17(月) 21:56:00 |
  2. URL |
  3. bullet4071 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈bulletさん、
とらやはやっぱり羊羹でしょう!
あのずっしりとした重みは、それだけで「美味い!」なんて思っちゃいます。
コーヒー羊羹なんてありましたか~?
(でも、なんかちょっとマズそうぢゃあありませんかい?)
とらやは、梅最中(確か、「御代の春」みたいな名前だったかな・・・)も大好きです。
ふつうの最中みたいに皮が口の中に貼り付いたりしないで、しゅるんと溶けるんです♪
  1. 2007/12/17(月) 22:12:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

はー、溜息が出ます。

赤坂や銀座のとらやさんはたまに行くのですが
京都の一条の菓寮は憧れのまま、まだ行っていません。
栗好きにはたまらない写真ですねー。
いいなあ。
身を乗り出して拝見しました!!
  1. 2007/12/18(火) 00:23:00 |
  2. URL |
  3. よしりん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

とらやと言えば、パリにお店がありますよね。かなり前のことですが、そこで羊羹de Parisなる姫羊羹の詰め合わせを買い求めて、ベルギーに滞在中の知り合いの先生にお渡ししたことがあります。残念ながら、自分では試食しなかったのですが、コーヒー羊羹という名前に「ぞわっ」としてから、思い出しました。
  1. 2007/12/18(火) 02:00:00 |
  2. URL |
  3. 都子 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

え・・・・
私も東京だと思っていました。

私が以前勤めていた職場の人も、東京と言えばとらや!といって、お土産を買ってきてくれました。すっかりだまされた~

MIKIさんに感謝です。

それにしても、本当に美味しそうだなあ。
あ~食べたい、食べたい!

日本帰ったら今度はパンではなく、和菓子を1番にかぶりつこう!
  1. 2007/12/18(火) 08:44:00 |
  2. URL |
  3. eikita711 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

京都では「何か粗相をしたとき、とらやの羊羹を持ってお詫びにいくと許される」
と聞いたことがありますが本当でしょうか…。

木練り柿、美しいですね~。
私は生菓子持って来てくれたらどんな粗相でも許します。(笑)

虎屋菓寮、いっぺん行ってみたいです。
…が、夫が和菓子ちと苦手なので、とらやカフェになりそうかなぁ。あ~あ。
  1. 2007/12/18(火) 15:18:00 |
  2. URL |
  3. yurinippo #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈よしりんさん、
私、東京では虎屋の菓寮に入ったことないんですよ・・・あ、正確には、新宿伊勢丹店には入って座って、お茶まで出してもらったのですが、注文の段になって、「これを食べよう!」と思って行ったお菓子が売り切れということがわかり、「また来ます・・・」と、出て来たことはあります。はずかしー。

あ、なお、今回のお菓子には栗は使われていないんですよ~。
「きんとん」というと「栗きんとん」という感じなんですけど、ここで言う「きんとん」は、虎屋HPの用語説明を引用しちゃいますと;
「餡をもみ、こし網で漉してそぼろを作り、煉切や求肥で餡玉を包んだ芯のまわりにそぼろを付けたもの。」のことなんです。
エラそうに講釈しちゃってごめんなさいねっ(^^;
  1. 2007/12/18(火) 22:00:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈都子さん、
ありますね~、パリに、トラヤ・カフェ。
外国の方のブログで、「ディスプレイが芸術的!」と絶賛されているのを見たことあります。
入ったことはないんですけど・・・。

昔は、こんなひたすらに甘いものを食べるなんてジョーダンでしょっ!と思ったこともありますが、今は、量はあまり食べられませんが、美味しいな~としみじみ思います。
しかしね~。コーヒー味っていうのは・・・(^^;
でも、虎屋のことだ、食べてみたら意外に美味だったり?
(とはいえ、自分で買う気にはなれないよぅ~。)

あ、こんなところで失礼しますが、Xmasカード、ありがとうございました。
私の方からは、年賀状をお送りさせて頂きますね。
・・・っても、製作がオソロシく遅れておりますが・・・( ̄个 ̄)(←新しく採用した顔文字)
  1. 2007/12/18(火) 22:07:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈eikitaさん、
あ、eikitaさんも?東京の和菓子屋さんだと思ってた?
ひゃはは、仲間仲間。
東京土産にと下さったその元会社の同僚の方も、そう思っておられたんだよね、きっと。

でもさ、実は京都のお店だったと知るまでは、京都の和菓子勢力(んな言葉があるとは思えませんが)に押されまくるところを、ひとつの暖簾でがっしと受け止めてくれて、虎屋こそ江戸のほまれ~、とか思っていたのにぃ。
やっぱ京都の和菓子に太刀打ちできるところは、東京にはないのかなぁ。

今度はパンより和菓子にかぶりつく、と聞いてふと、以前知り合いが、おべんとうに羊羹のサンドイッチを持って来ていたのを思い出しましたよん。
それなら、同時に両方かぶりつけるけど、どう?
  1. 2007/12/18(火) 22:13:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈yuriさん、
あ、なんかそういうフレーズがあるのは聞いたことあるかも・・・それって虎屋の羊羹でしたっけか。でも、わかりますね~、そう言われるのも。
お値段的にも張りますしねぇ。

>私は生菓子持って来てくれたらどんな粗相でも許します。

んっはっはっは~!
いいこと聞いちゃったゾ。どこの生菓子でもいいんですね(虎屋じゃなくても?)。
特にご指定の菓銘とか、ないですね?
・・・念入りに訊いてどうする、ワタシ。

トラヤ・カフェって、東京の2店舗は、いつもかなり混んでいますよね~。
しのちゃんは確か表参道ヒルズのお店で、「瓶詰めの餡子」を買ったことがあるハズ。
  1. 2007/12/18(火) 22:21:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

「きんとん」って、餡のそぼろつきのお菓子だったのですね。
勉強になりました。
とにかく食べてみたいお菓子です。
  1. 2007/12/20(木) 00:33:00 |
  2. URL |
  3. よしりん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

◈よしりんさん、
そうなんです、和菓子によくあるあのスタイル――どうでもいいようなことですが(^^;
私も常に聞きかじりなんですけど・・・。
美味しゅうございました。
でもまた何だか虎屋の羊羹も食べてみたくなりました。
  1. 2007/12/21(金) 00:18:00 |
  2. URL |
  3. lazyMiki #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。